介護職に向いている人とは?転職前に仕事で求められる素質をチェックしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔の介護士と利用者の画像

介護職に向いている人の特徴には「人と関わるのが好き」「気配りができる」「コミュニケーション能力が高い」などが挙げられます。この記事では、介護職に向いている人と向いていない人の特徴をご紹介。また、各施設の特徴についても解説します。介護職を続けるには自分に合った施設でやりがいを持って仕事することが大切です。介護職への転職・就職を考えている方は参考にしてみてください。

目次

介護職に向いている人の7つの特徴

介護職に向いていなければ、介護士として働けないというわけではありませんが、ここでは、介護職に向いている人の特徴を7つご紹介します。自分は介護職に向いているのか気になる方は参考にしてみてください。

1.人と関わるのが好き

介護の仕事は、利用者さまとの関わりが基本のため「人と関わるのが好き」という方は介護職に向いている人といえます。また、介護職の現場では周りのスタッフとの連携も大切です。ストレスなく良好な人間関係を築ける方は、業務を円滑に進められるでしょう。

2.気配りができる

相手の様子から何をしたいのか、どうして欲しいのかを細やかに気づける方は、介護職員に向いている人といえるでしょう。利用者さまのなかには、病気などで意思を伝えるのが難しい方や、介護士に対する遠慮から気持ちを伝えられない方も多くいます。また、入浴介助や排泄介助はプライバシーの考慮が足りないと、尊厳を傷つけられると感じる利用者さまもいます。相手の意思も尊重しながら介護を行うことが大切です。

3.コミュニケーション能力が高い

コミュニケーションをとるのが好きな方、人の話を聞くのが好きな方は介護の仕事が向いているといえます。介護現場では利用者さまの健康状態や精神状態を知るためにも会話はとても大切です。また、話しやすい人と思ってもらえれば、利用者さまとより良好な関係を築けるでしょう。なお、周りのスタッフと連携して動くためにも、コミュニケーションスキルは重要視されています。

4.オンオフの切り替えが早い

気持ちを上手に切り替えられる人であれば、介護の現場でも前向きな姿勢で業務に取り組めるので、介護職に向いている人だといえます。介護の仕事は職員や利用者さまなどの多くの人と関わりをもつため、ストレスを感じてしまうことも。仕事とプライベートにメリハリをつけ、ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。

5.明るくて元気

周囲を明るくするようなポジティブな影響を与える人は、介護職員として求められる人材です。明るい人柄は相手に安心感を与えるため、利用者さまはもちろん、一緒に仕事をするスタッフとも円滑な関係を築けます。「常に明るくしていられるか心配」という方は、まず挨拶から明るく元気にしてみるのがおすすめです。

6.責任感がある

介護職は人の命に関わる仕事なので、責任感を持って働ける人は介護職員に向いている人です。自分のしたミスに対して言い訳をしていると、「責任感が感じられず、介護の仕事を任せるのが不安」と思われてしまうことも。また、チームや多職種間で連携をとって仕事をする場面が多い介護職は、より良い介護を提供するために、一人ひとりが責任ある行動をすることが重要です。

7.夜勤や土日祝に仕事することに抵抗がない

多くの介護施設は、夜勤業務や土日祝の出勤があります。土日祝に出勤して平日休みでも問題ないという方であれば、介護職に向いているでしょう。ただ、介護施設によっては日勤・平日のみで働ける施設も。自分の適性に合った介護施設を選ぶのがおすすめです。

【介護施設別】向いている人の特徴

介護施設によって、提供している介護サービスは異なります。ここでは、介護施設それぞれの特色と、向いている人の特徴をご紹介。介護業界へ転職・就職する際の参考にしてみてください。

介護老人福祉施設(特養)

介護老人福祉施設(特養)は要介護度が高い利用者さまが多いのが特徴です。そのため、食事介助や入浴介助、排泄介助といった手厚いケアが必要としています。なかには、医療的ケアが必要な方も。そのため、介護職員としてのスキルアップを目指している方や、医療的ケアの知識を積みたいといった方に向いているでしょう。

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健)は、長期間入所する利用者さまが多いため、時間をかけて信頼関係を築きながら寄り添った介護をしたいという方に向いています。また、老健は医師や看護師、リハビリ専門職といった多職種間で連携をしながら介護を行っているのが特徴。そのため、介護職からの目線ではなく、医療やリハビリといった多角的な視点を持って介護を行えます。

グループホーム

グループホームの介護士は、焦らずに利用者さまを見守る力が必要とされます。認知症の方が家族のように暮らすグループホームでは、利用者さまができることは利用者さまにやってもらい、できないことを介護士がサポートするのが基本。たとえ時間が掛かっても、根気強く見守れるような方が向いています。また、利用者さまと家族のように過ごすので、「利用者さまと向き合い、親密な関係を築けるような介護をしたい」という方にはやりがいのある介護施設です。

訪問介護事業所

訪問介護事業所は、一人ひとりに寄り添いながら手厚い介護をしたいという方は向いています。ホームヘルパー(訪問介護員)は、基本的に1人で利用者さまのお宅に伺って対応するため、責任は重くなりますがマンツーマンの対応が可能です。また、訪問介護事業所は平日の日勤が多く、訪問1件のみなど短時間に限定した働き方や、出勤する曜日を固定した働き方などシフトの調整もしやすいのが魅力。オンコール業務がある事業所もありますが、介護施設と比べてシフトの融通が利きやすい訪問介護事業所も多い傾向にあります。

デイサービス

デイサービスは、レクリエーションに力を入れている施設が多いため、人を楽しませるのが好きな方や、イベントの企画・実行の得意な方にとってはやりがいを感じられるでしょう。デイサービスは夜勤や土日祝の出勤がない施設も多いため、ワーク・ライフ・バランスを整えやすいのが特徴です。ほかにも、デイサービスの傾向としてある程度自分のことは自分でできる利用者さまが多いので、介護業務による身体的負担も比較的少ないでしょう。

介護職に向いていない人の特徴

介護職に向いていない人の特徴として「自分のペースで仕事を進めたい」「潔癖症である」などが挙げられます。ここでは介護職に向いていない人の特徴をご紹介するので、参考にしてみてください。

自分のペースで仕事をしたい人

介護職は周りのスタッフと協力し、利用者さまのペースに合わせて仕事を行います。そのため自分のペースで仕事を進めたい人には向いていないことも。また、医師や看護師、リハビリ専門職員といった多職種と連携して介護を行うので、周囲の意見を取り入れながら適切な対応をすることも重要です。

潔癖症なところがある人

清潔を保つことは介護職員として大切ですが、過剰過ぎる潔癖症の方は向いていないでしょう。入浴や排泄の介助業務のほか、排泄物の処理なども介護職員の仕事です。介護士が嫌な気持ちで介護をしていると、利用者さまを傷つけてしまいます。入職前にどんな介護業務を行っているのか事前に詳しく調べておくことで、入職後のギャップを防げます。

短気・せっかちな性格な人

介護の現場では利用者さまのペースに合わせて、根気よく待つことも大切です。時間内に業務を完璧にこなしたいと考えてしまうと、利用者さまの行動に制限をかけてしまうことも。「利用者さまができることは利用者さまにやってもらう」といった方針を徹底している介護施設には向いていないかもしれません。

体力がない人

寝たきりの利用者さまの移動や、着替えの介助、入浴介助など介護の仕事には体力が求められます。また、夜勤業務があると生活が不規則になりやすいので、より身体的に健康であることが大切です。体力に自信がない方は、利用者さまの要介護度が比較的低く夜勤がないデイサービスなどが向いているでしょう。

向いている人じゃないと介護職にはなれない?

介護職に向いている人の特徴に当てはまっていなくても、介護職になれます。「きらケア介護白書2021」の「介護の仕事で大切、必要だと思うこと」によると、介助のスキル以外で41.8%が「笑顔」だと回答しています。続いて「観察力」が31.9%、「コミュニケーション能力」が31.1%です。介護職員としての素質がないと介護士に向いていないと思ってしまいがちかもしれません。しかし、「利用者さまの笑顔を引き出したい」「利用者さまに安心して過ごして欲しい」といった介護に対する熱意があれば、介護職として活躍できるでしょう。また、向いている人の特徴に当てはまっていなくても、介護職として働いていくうちにスキルを習得できるはずです。

介護職に転職するなら資格取得がおすすめ

介護職として活躍するには、資格を取得していると有利です。介護職に求められる資格については、以下を参考にしてください。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護業界における基本的な知識や技能が身についていることを証明できる資格です。無資格・未経験から取得を目指せます。夜間や短期集中型、通信などの講座が展開されているので、働きながら資格を手に入れることが可能。また、「きらケア介護派遣」なら、無料で介護職員初任者研修を受けられます。

実務者研修

実務者研修は介護職員初任者研修の上位に位置している資格です。こちらも無資格・未経験から取得を目指せますが、ある程度介護知識がある人向けとなっています。実務者研修は、基本的な介護知識に加え、たん吸引と経管栄養の医療的ケアについて学べるので、さらに仕事の幅を広げられるでしょう。「きらケアSTEP UPスクール」では、きらケア派遣スタッフであれば実務者研修の受講料無料。仕事をしながら資格を取得したい方をしっかり応援します。担当のスタッフが個別でサポートするので挫折が心配な方も安心です。

介護福祉士

介護福祉士は、介護業界唯一の国家資格です。介護のプロフェッショナルとして、利用者さまのニーズに最適なサービス提供や介護職員への指導を行えます。介護福祉士になるには「介護福祉士国家試験」を受験しなくてはなりません。受験条件として、3年以上かつ540日以上の従業期間が必要です。総時間が問われないので、パートやアルバイトでも受験資格を手に入れられます。国家試験の合格率は60~70%のため、きちんと受験対策をすれば資格取得を目指せるでしょう。

介護職を長く続けるには?

介護職を長く続けるには、「向いている人の特徴」に囚われ過ぎず、施設が提供している介護サービスや施設の方針など自分の特性に合った介護施設を選ぶことが大切です。もし「自分のペースで仕事をしたい」のであれば、訪問介護員がおすすめ。1人で利用者さまのお宅に伺いケアをするので、ある程度自分のペースで仕事を進められます。また、「せっかち」な面は、ご飯の片付けや清掃、事務作業といった業務は頼りにされるため、効率を重視している介護施設が向いているはずです。「体力に自信がない」場合には、健康型老人ホームやデイサービスなど、比較的、利用者さまの要介護度が低く身体介護の負担が軽い施設を選ぶと良いでしょう。

自分の適性に合った介護施設が分からないという方は「きらケア介護求人」にご相談ください。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、適性やスキル、希望にあった求人をご提案します。また、実際に介護施設を訪問して情報収集をしているため、施設の職場環境や雰囲気なども詳しくお伝えできるのも魅力です。内定までしっかりサポートします。

まとめ

介護職に向いている人の特徴として「人と関わるのが好き」「気配りができる」「コミュニケーション能力が高い」「気持ちの切り替えが早い」などがあります。また、「自分のペースで仕事がしたい」「潔癖症の傾向がある」「体力がない」といった特徴は、介護職に向いていないことも。しかし、介護職に向いている特徴に当てはまらない・向いていない特徴に当てはまるからといって、介護職になれないということはありません。1人で仕事を進めたい方は訪問介護、体力に自信がない場合は夜勤のないデイサービスというように、自分の適性に合った介護施設を選ぶのがおすすめです。自分の適性に合った介護施設が分からないという方は、「きらケア介護求人」にご相談ください。履歴書の添削や企業とのやり取り代行など、内定までをあらゆる面でバックアップいたします。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧