デイサービスの仕事内容とは?

仕事 2016/07/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
172_TOP_食事介助

高齢社会の中で、介護サービスに求められるものや介護施設の形態の多様化が進んでいます。
中でも近年急増している介護サービスの1つに「デイサービス」と呼ばれる「通所介護」を挙げることができるでしょう。
今回は、通所介護施設の特徴や他の介護施設との違い、そこで働く介護スタッフの仕事内容ややりがいについてまとめています。

デイサービスとは?


デイサービスとは、通所介護の施設(デイサービスセンターなど)に通う利用者の方に、食事や入浴など日常生活上の支援や身体機能訓練、口腔機能訓練、レクリエーションなどを日帰りで提供する介護サービスのことです。
中には、日帰りのサービスに加え、宿泊サービスを提供している施設もあります。

サービスの内容は事業所によって特色が異なり、施設の規模も大小さまざまです。
特別養護老人ホームなどに併設されている併設型デイと、そうではない単独型デイがあるほか、対象を認知症高齢者の方に限ったデイもあります。
一般的なデイサービスの対象は介護度の低い高齢者の方が中心。軽度の認知症高齢者の方はいても重介護の高齢者の方はいないのが特徴です。
介護を受ける側としては、事業所の規模や受け入れの所要時間、介護の度合いによってかかる費用は異なります。
また、食費や入浴費、アクティビティー費などは、サービスを受ける方の自己負担です。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

デイサービスの目的と役割とは?


車椅子の夫婦とヘルパー

デイサービスの目的は「利用者の方が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、心身機能の維持・回復のために食事や入浴、排泄などの生活介助を行うこと」です。
また、自宅にこもりきりになりがちな利用者の方の孤立感を解消する役割も担っています。
他の利用者の方やスタッフとの交流は、社会とのつながりを感じられる大切な要素と言えるでしょう。
体操やカラオケ、折り紙などが一般的だったレクリエーションですが、最近では地域交流やイベントなど、利用者の方がより楽しめる趣向を凝らしたものを提供する施設も増えているようです。

さらに、デイサービスの役割は利用者の支援だけに留まりません。
介護をする家族の負担やストレスを軽減し、リフレッシュを図るという目的も含まれています。

参照元:厚生労働省 - どんなサービスがあるの? - 通所介護(デイサービス) https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/publish/group7.html

介護の派遣求人を探してもらう

他の介護サービスとの違い


デイサービスは、他の介護サービスとどのような違いがあるのでしょうか。
その形態から、下記のような違いがあることが分かります。

【訪問介護との違い】
訪問介護サービスとの大きな違いは、訪問介護の場合、自宅にヘルパーが訪問して生活支援や身体介助などを行うのに対し、通所介護では、利用者の方自身がデイサービスセンターなどの施設に移動して、そこでさまざまなサービスを受けるということです。
通所介護施設では、他の利用者の方や複数の介護スタッフと接する機会があるため、孤立感の解消やコミュニティへの参加という意味でも訪問介護とは異なると言えるでしょう。

【デイケアとの違い】
デイケアとデイサービスはどちらも通所の形態で、通称が似ているため混同してしまいがちですが、内容が異なります。
デイケアは、介護保険サービスでは「通所リハビリテーション」と言い、介護老人保健施設や病院といった福祉・医療施設が提供する、医師の指示に基づいた理学療法、作業療法、言語聴覚両方などの専門的なリハビリを受ける介護サービスのことです。
デイケアには必ず医師や看護師が配置されますが、デイサービスは必ずしもそうとは限りません。

デイサービスでの仕事内容


介護士

通所介護施設で働く介護スタッフの仕事内容には、どんなものがあるのでしょうか?
デイサービスの施設では、日中の時間帯に介護を必要とする利用者の方を受け入れ、生活介助や機能訓練、レクリエーションなどのサービスを提供します。
具体的な内容は下記のようなものが一般的です。

・昼食、おやつ
・口腔ケア
・入浴介助
・着替え介助
・排泄介助
・相談、話し相手
・レクリエーションの運営

また、多くの施設では朝夕の送迎も行っているため、送迎車両の運転が仕事内容に含まれるケースもあります。

デイサービスで求められることとやりがい


デイサービス施設で働く介護職員は、「ケアワーカー」「ケアスタッフ」「介護スタッフ」などと呼ばれています。
現在の介護保険制度上は、デイサービスの介護職員に資格要件はありませんが、現場では最低でも「介護職員初任者研修」と同等の仕事内容を求められることも。
そのため、スムーズな業務進行と専門的な介護サービスを提供するために、最近では「介護のプロ」を目指して「介護福祉士」の資格を取得する介護スタッフもいるようです。

しかし、デイサービスは、重介護を受ける方がサービスの対象ではないので、介護職に就いたばかりの経験の浅いスタッフも比較的チャレンジしやすい職場と言えるでしょう。
利用者の話し相手になったり、グループでレクリエーションを行う時間が多いため、コミュニケーション力や親しみやすさが求められることが多いようです。
日常会話を通じて利用者の方が求めていることや気持ちを汲み取るというのは、介護職全般に共通する点と言えるでしょう。

デイサービスの仕事は、利用者の方の自立した生活を後押しします。
利用者の方に自分の考えたレクリエーションで楽しんでもらえたり、話をすることで表情が明るくなったりしてもらえたときにやりがいを感じるスタッフが多いようです。
また、利用者の方だけではなく、利用者の方の家族から感謝をされることも多い仕事なので、社会的に意義のある仕事だと感じるスタッフも少なくありません。
介護を必要とする方が年々増加する中、各家庭の介護コストを低く抑えられる通所介護サービスの分野は、現在最も市場規模が大きいと言われています。
ニーズに合わせた特色を打ち出す通所介護サービスの多様化と需要の高まりに伴い、そこで働く介護スタッフもこれからますます求められることになるでしょう。

きらケアは、介護職に特化した求人をご紹介しています。
条件の交渉や面接の日程調整など、就職・転職を全面的にサポート。入職後のフォローも万全です。
まずは、お気軽にご相談ください。

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧