デイサービスの志望動機の書き方を解説!介護施設未経験の例文もご紹介

転職ノウハウ 2022年9月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書を持つビジネスウーマン画像

「デイサービスへの転職を考えているけれど、履歴書の志望動機欄にどう書けば良いのか分からない…。」この記事では、そのようなお悩みを解消すべく、デイサービスへの転職における志望動機の書き方を詳しく解説します。デイサービスで介護職員として内定を得るためにも、採用担当者が志望動機のどこを見ているのか、作成時のポイントは何かをしっかりと確認しましょう。

デイサービスとは?施設の役割のほか仕事内容や主要な資格なども解説

目次

デイサービスへの転職における志望動機の書き方

デイサービスへ転職するときは、履歴書の志望動機をしっかりと書くことが重要です。志望動機には、自分がこれまでにどんな経験をし、なぜ応募先への就職を希望しているのかといった情報をまとめます。

採用担当者は応募者のことを何も知りません。そのため、応募者は丁寧に志望動機を作成する必要があります。自分自身を客観視したうえで、誠実さや熱意を伝えましょう。

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

デイサービスの志望動機を書くときの4つのポイント

デイサービスの志望動機を書くときは、過去の経験や明確なキャリアビジョンを交えると具体性を高められます。以下では、履歴書に志望動機を書くときのポイントをまとめました。

1.過去の経験を交えて具体的に書く

デイサービスへの志望動機は、できるだけ具体的な内容を書きましょう。

たとえば「祖母がデイサービスにお世話になったことで、地域のご高齢者の生活を支える介護の重要性を実感しました。私も介護の仕事を通してみなさまの生活をサポートしていきたいと考えています」というように、どうして介護の仕事に興味があるのかを過去の経験を踏まえて記載します。「介護の仕事に興味があり志望しました」といった動機では、抽象的で好印象を与えられません。

現在保有している資格やスキルが応募先でどのように役立つのかも明確にすると、採用担当者から高評価を得られるはずです。

2.志望施設の特徴に合わせて自分をアピールする

数ある介護施設のなかで、なぜデイサービスを志望するのかを伝えます。

たとえば、レクリエーションが充実している施設に応募する場合、「ご高齢者に楽しんでもらえるレクリエーション活動に携わりたいから」というように、施設の特徴に合わせたアピールが有効的です。

採用担当者が納得できるよう、デイサービスの強みを理解したうえで志望動機を作成しましょう。

3.自身のキャリアビジョンを明確にする

デイサービスの志望動機では、この先どのようにキャリアを積んでいきたいのかを記述することも重要です。デイサービスに就職後はどのように勤務したいか、将来的にどのような役割を得たいか、といった具体的な内容をまとめます。自分のイメージ先行ではなく、応募先のデイサービスで実現可能な志望動機を作り上げましょう。

4.採用担当者が「会ってみたい」と思える志望動機にする

採用担当者は、履歴書の志望動機から下記のようなポイントをチェックしています。

  • 介護に対してどのような思いを持っているのか
  • すぐに辞めないか
  • どのようなスキルを持っているのか

採用担当者は志望動機を通じ、あなたがどのような人物なのか、どのように活躍できるかを判断しています。採用担当者が見ているポイントをつかめれば、内定に一歩近づく志望動機が書けるはずです。採用担当者に「この人と会って話をしてみたい」と思ってもらえるよう、仕事に対する気持ちをアピールしましょう。

マイナスイメージに繋がってしまう志望動機とは?

自分本位の志望動機では、採用担当者からマイナスの印象を持たれかねません。たとえば「プライベートを充実させたいから日勤のみの勤務形態を志望しました」「比較的健康なご高齢者が多いデイサービスは、介護が楽だと思ったから志望しました」といった志望動機は避けましょう。

また、ネガティブな内容や待遇面を理由に挙げるのも、デイサービスの志望動機にふさわしくありません。履歴書の志望動機は採用担当者に好印象を与えられるよう、前向きな内容を作成することが大切です。

デイサービスの志望動機の例文

ここでは、デイサービスの志望動機例を経験別にご紹介します。下記の例文を参考に、自分の言葉で志望動機をまとめましょう。

介護業界未経験者の場合

業界未経験でデイサービスへ転職する場合は、介護業務への理解を示すことが重要です。身内への介護経験があれば、その内容を取り入れてアピールするのも有効といえます。

【例文】

父の介護がきっかけで、デイサービスが地域で果たしている役割の大きさに感銘を受けました。自分も利用者さんやそのご家族の支えとなりたいと強く思い、この度志望いたしました。働きながらの介護は時間的な制約があり、精神的にも体力的にも辛いことが多くありました。しかし、デイサービスの利用を通じて自分の心身負担が減り、父とコミュニケーションを取る時間も増やせました。

デイサービスの存在は、地域の利用者さんが楽しく充実した毎日を過ごせるだけでなく、かつての私のように介護疲れにお悩みのご家族さまの支えとなります。私もそのような方々をサポートしたいと強く思い、介護職員初任者研修の資格を取得し、介護業界へ踏み出す準備をして参りました。現職の接客サービスの経験も活かしながら、懸命に介護業務へ取り組みたいと思っています。

ほかの介護施設からデイサービスへ転職する場合

ほかの介護施設からデイサービスへ転職する場合は、これまでに培った経験や能力を活かし、デイサービスで活躍できる姿勢を伝えましょう

【例文】

私はこれまで、介護老人福祉施設で食事や入浴、排せつの介助など、身体的な介護を中心に行ってきました。ある研修に参加したとき、デイサービスに勤める方から、地域で暮らすご高齢者の生活を支える仕事ついてお話を伺い、興味を持つようなりました。利用者さんの身体介助だけでなく、生活全般をサポートする仕事を行うデイサービスは、私が普段から抱いている介護の姿勢に合致するものだと感じています。

デイサービスの仕事を調べるうちに、「利用者さんの生活を豊かで幸せなものにする」という貴施設の介護理念に惹かれ、志望しました。貴デイサービスの一員として、地域で暮らすご高齢者の生活を豊かで楽しいものにしたいと考えております。

「自信のある志望動機をまとめたい」「自分の方向性に合った就職先を探したい」と考えている方は、きらケアへお問い合わせください。

きらケアでは、介護業界に詳しいアドバイザーが求人の紹介や履歴書の書き方のサポート、面接対策などに対応しています。デイサービスをはじめ、幅広い介護施設の情報や求人を多数有しているのが強みです。応募先の詳細とあなたの強みを照らし合わせながら、魅力的な志望動機づくりのお手伝いをします。

きらケアのサービスを活用し、転職成功を目指しましょう。

デイサービスの志望動機についてよくある質問

デイサービスの志望動機についてよくある質問に回答します。「志望動機が書けない…」と、お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

デイサービスの志望動機はどうやって書けばいいの?

デイサービスの志望動機は、自分の経験をもとに作成します。介護士を目指したきっかけや長所をアピールする際に、エピソードで補強することで、具体性が増し、より効果的にアピールできるでしょう。また、施設の求める人材にマッチする長所や強みを盛り込むことが大切です。ほかにも、「デイサービスの志望動機を書くときの4つのポイント」で、志望動機の書き方を詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

デイサービスの志望動機の例文が知りたい

デイサービスの志望動機は、「介護職として働こうと思ったきっかけ」「その施設を志望した理由」「どのように活躍したいか」の3点を押さえて作成しましょう。「デイサービスの志望動機の例文」で、未経験者の志望動機例文や別の介護施設からデイサービスに転職する人の志望動機例文を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

デイサービスへ転職するときは、自分がこれまでにしてきた経験や、応募先でなくてはならない理由を志望動機に取り入れるのがポイントです。過去の経験を具体的に伝えると採用担当者がイメージしやすくなります。さらに、デイサービスならではの強みを理解し他アピールができれば、志望度の高さを伝えられるでしょう。

デイサービスへの志望動機は前向きな内容にまとめ、採用担当者に「この人と会ってみたい」と思ってもらうことが重要です。より良い志望動機を作成したい方や、自分の希望条件に合ったデイサービスを見つけたい方は、きらケアへご相談ください。

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

関連記事

関連ジャンル: 転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職ノウハウ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧