働く先を迷う介護士必見!老健に向いているのはどんな人?

仕事 2019/07/31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は老健をはじめとする介護施設の特徴や、それぞれの施設に向いている人のタイプをまとめました。
「介護業界で就職・転職したいけど、どの施設で働くか迷っている」という方は必見です!

老健ってどんな施設


老健は介護保険施設(※)の1つで、正式名称を「介護老人保健施設」といいます。介護の仕事をする際に候補となる施設ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

※介護保険で利用できる公的な施設

【リハビリテーションが中心】
老健は「入院の必要はないが、自宅で生活するのが難しい」という高齢者を対象に、リハビリテーションを提供する入居型の施設。
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリスタッフが配置され、手厚いリハビリテーションを提供しています。

【医療的ケアも充実している】
老健は自宅と病院の中間的なポジションにあり、病院で治療を終えた人が老健でリハビリをし、在宅復帰するのがよくある流れ。医師が常駐するため医療的なケアが可能で、インシュリン注射や経管栄養に対応しているのが一般的です。
もちろんリハビリや医療ケアのほかにも、栄養管理や食事介助、入浴介助といった日常の支援が行われます。

【短期の入居を前提としている】
老健は在宅復帰を目指す施設という性質上、短期入居が前提とされています。
入居できる期間の目安は、最長で半年ほど。3ヶ月ごとに入所・退所の判定があり、自宅で生活できると判断された利用者は施設を出なくてはなりません。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

老健で働く魅力と向いている人って?


老健で働く良さは介護士さんによって感じ方が違いますが、次のような点をメリットと捉える人が多いようです。

・24時間看護師がいるので緊急時の判断を任せられる
・特養に比べて軽度の利用者が多く介護の負担が少ない
・リハビリテーションを学べる
・多職種と連携するチームケアを経験できる
・医療的な知識が身につく
・利用者が回復していくのが嬉しい
・沢山の利用者と出会える

老健は医師や看護師が常駐するため、緊急時に専門家に判断を委ねられる安心感があります。
また、医療スタッフやリハビリスタッフと協力しながら働くので、医療やリハビリの知識が自然と身につくのも老健で働く良さの1つ。老健の介護職はリハビリ職が行うリハビリテーションに付き添うため、間近でリハビリの様子を見て自分の介護に活かすこともできるでしょう。
リハビリを通して利用者の回復を感じられるのも介護職にとってのやりがいになります。短期入所の老健は利用者との別れが早くて寂しいという人もいますが、沢山の利用者と出会いたい人にとっては働きがいのある職場といえるでしょう。

次はそういった老健の魅力を踏まえて、どんな人が老健の介護職に向いているか確認していきたいと思います。

【老健に向いている人】
・介護技術を高めたい人
・リハビリテーションに興味がある人
・チームケアに興味がある人
・コミュニケーション能力が高い人
・気持ちの切り替えができる人

医師やリハビリ職といった他職種とコミュニケーションをとって、協力しながら業務を進められる人は老健向き。
医療的な観点からの指示を受けることも多いので、介護の視点を広げたいという人にも向いています。
また、老健は利用者の入れ替わりが早いので、環境の変化に対応できる、気持ちの切り替えが早い人であれば、スムーズに仕事をこなせるでしょう。

次項からは、老健以外の施設の特徴と、どんな人が向いているかをご紹介していきます。

特別養護老人ホームに向いている人


特別養護老人ホームは比較的介護度が高い人を対象とする介護保険施設。長期入居を前提としており、看取りにも対応しています。

【特養に向いている人】
特養には、介護度が高く寝たきりの方が多いという特徴があります。そのため他の施設形態に比べて体力勝負の面が大きく、体力に自信がある人が向いているでしょう。認知症の方を介護する、看取りに対応する機会があるので、介護スキルを磨きたい人にも良い環境です。
特養で磨いた介護技術はほかのどの施設でも通用するといわれるので、介護職としての成長はもちろん、将来ケアマネージャーを目指す方にとっても役立つスキルが身につきます。

有料老人ホームに向いている人


有料老人ホームは、主に民間企業が運営する施設。基本的な介護サービスのほか、施設によってレクリエーションやリハビリが充実しています。
有料老人ホームの種類は、介護サービスが充実する「介護型」、介護が必要な時は外部のサービスを使う「住宅型」、自立した高齢者を対象とする「健康型」の3つ。
有料老人ホームは施設によって入居基準や特色の違いが大きく、どの施設に勤務するかで働き方が大きく違ってくるでしょう。

【有料老人ホームに向いている人】
民間企業が運営する有料老人ホームでは「接遇」が重視されるため、今までに接客経験がある人や、接遇スキルを磨きたい人、サービス精神が旺盛な人に向いています。
また、「高級志向」「格安」「医療ケアに対応」という風に、運営元の会社によって多様な特色があるので、自分の価値観に固執することのない柔軟性がある人が馴染みやすいでしょう。
他の施設形態に比べてキャリアの道筋が明確なので、介護経験を積みながらキャリアアップしたい人に良い環境です。

デイサービスに向いている人


デイサービス(通所介護)は、自宅で生活する高齢者が日帰りで通う施設のこと。入浴や食事、排泄といった身体介護のほか、レクリエーションの企画が介護職の仕事になります。加えて、施設によっては送迎の運転を介護職が行うこともあるようです。

【デイサービスに向いている人】
デイサービスは介護度が低く元気な利用者が多いので、体力に自信がない人や介護初心者におすすめできる施設形態。夜勤がない事業所が多いので、そういった面でも無理なく働けるでしょう。利用者との交流を楽しみたいという人にも向いています。
デイサービスは入居型の施設と比べて「利用者の日々の生活を楽しくする」という側面が強いので、レクリエーションが盛んなのが特徴です。発想力や企画力がある人、人の前に立って話すのが得意な人は、デイサービスでその力を発揮できるでしょう。

グループホームに向いている人


グループホームは認知症の方に特化した施設。認知症の方が介護職の助けを借りながら自分たちで日常の家事をこなすことで、症状の進行を遅らせるのが目的です。
利用者はユニットごとに共同生活を送りますが、1ユニットの人数は5~9人。1つの事業所は最大2ユニットまでなので、少人数で家庭的な雰囲気があります。

【グループホームに向いている人】
グループホームは利用者ができる限り自分の身の回りのことを行い、介護職はそれを見守りサポートするとうスタンスをとっています。ですので介護職には、必要以上に手を出さず、相手のペースに合わせられる我慢強さが必要。
意思疎通が難しいと感じる場面でも怒ったり面倒がったりせず、丁寧に対応できる穏やかな人に向いています。
また、認知症ケアに触れて介護の幅を広げたい人にとっても、グループホームは学びの多い職場です。
各施設の特徴や向いている人をご紹介してきましたが、介護サービスには、このほかにも訪問介護やショートステイといったものがあります。
今までの経験や向き不向き、今後のキャリアプランによってその人に合った施設形態は異なるので、就職・転職の際は、どの施設で働くかを慎重に考える必要があります。

プロのサポートで自分に合った働き方を見つけたい人は、介護業界に特化した転職エージェント・きらケアにご相談ください。
きらケアでは介護業界の事情に詳しいアドバイザーがカウンセリングを行い、ご希望や今までの経験、適性を考慮し、あなたにぴったりの求人をご提案いたします。
きらケアなら通常の就活サイトでは手に入らない、施設の評判や雰囲気、人間関係といった情報までご提供できますので、納得した上での求人応募が可能です。
「転職するか迷っている」という相談も歓迎しておりますので、まずはきらケアに登録してみませんか?

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧