老健の仕事内容とは?1日の流れや働くメリットデメリット

介護の仕事 2021年6月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護士が杖をつく高齢者をサポートしながら緑道を歩くイメージ

老健とは、在宅復帰を目指す高齢者が生活する施設です。老健で介護職として働くと、ほかの介護施設とどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、老健で働くことに興味がある方に向けて、施設の特徴や仕事内容、1日のスケジュール例を解説します。また、老健の介護職として働くメリットやデメリット、向いている人についてもまとめたので、ぜひご覧ください。

目次

老健とは

老健(介護老人保健施設)とは、介護を必要とする高齢者が自宅での生活に戻れるよう、リハビリテーションを中心としたサービスを提供する施設です。利用者さんの入居期間は原則3ヶ月とされており、職員は一時的な入居のサポートを行います。老健では介護職だけでなく、医師や看護師も常駐しているので、医療体制が整備されているのが特徴です。

特養との違い

特養は自宅での生活が困難な高齢者が入居するため、身体介護を行う割合が高いといえます。一時的な利用の老健とは異なり、終(つい)の棲家として入居される方も多く、長期に渡って介助を行うことが可能です。医師の常駐義務はないので、医療的ケアは行わない傾向にあります。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

老健で働く介護職の仕事内容

老健で働く介護職は、食事・入浴・排泄・歩行を補助する身体介護や通院同行、緊急対応などの業務を行います。仕事内容が幅広いため、入居者数が多い施設ではスムーズな対応を求められるでしょう。また、医師やリハビリの専門職と連携を図り、サポートしていくことも介護職に求められる仕事の一つです。なお介護職は基本的に夜勤があるため、交代制の勤務に対応していく必要があります。

老健の1日のスケジュール

老健で働く介護職の1日のスケジュール例をご紹介します。日勤と夜勤で1日の流れは異なるので、ぜひ参考にしてください。

日勤の場合

09:00 出勤。夜勤からの申し送り

10:00 バイタルチェックと入浴介助

11:00 昼食の準備。食事のための離床介助

12:00 昼食。食事介助

12:30 交代で休憩

13:00 見守り

14:00 専門職が行うリハビリの付き添いおよびサポート

16:00 夕食の準備。食事のための離床介助

17:00 夕食。食事介助

18:00 退勤

職場によっては、日勤のみの求人を出している場合もあります。日勤のみなら、無理のないライフサイクルで働くことが可能です。

夜勤の場合

17:00 出勤。日勤からの申し送り

18:00 夕食。食事介助

19:00 就寝準備

21:00 消灯。1時間おきに巡回

05:30 起床介助

07:30 朝食。食事介助

08:30 日勤へ申し送り

09:00 退勤

老健は利用者さんの回復を目的としているので、リハビリの専門職と連携しながら働きます。

老健で働くメリット

老健で働くメリットには、身体的負担の少なさや幅広い知識を得られることがあります。下記の内容を参考に、老健で介護職として働くメリットを確認しましょう。

身体的な負担が少ない傾向にある

老健の利用者さんは在宅復帰を目的としているため、介護度が低い傾向にあります。身体介護がメインになることも少ないので、ほかの介護施設と比較すると身体的な負担は少ないといえるでしょう。身体的負担が少ない環境なら、介護職として長期活躍がしやすいといえます。

医療やリハビリに関する知識を得られる

老健ではほかの介護施設では経験できない、医療やリハビリに関する知識を得られます。専門職のサポートをすれば、利用者さんが楽になる姿勢や栄養価の高い食事について知ることが可能です。医療ケアやリハビリに対して正しい理解ができると、利用者さんの介助をする際に役立てられます。

幅広い職種が在籍している

老健では、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリテーションにおける専門職が在籍しています。医師や看護師も常駐しているので、緊急事態が発生した際もすぐに専門職の指示を仰げることがメリットです。職種間の連携を強化すれば、利用者さんへ充実した介護サービスを提供できます。

老健で働くデメリット

老健の仕事ではイベント企画が少なかったり、医療寄りのサービス提供になったりします。老健で働く介護職のデメリットは以下のとおりです。

利用者さん向けのイベント企画は少ない

老健は利用者さんの在宅復帰を目指しているため、イベントやレクリエーションの実施が少なめです。娯楽をとおして利用者さんに楽しい時間を提供したいと考えている方は、老健に向いていないかもしれません。反対に、イベント企画よりも利用者さんのサポートを淡々とこなしたい方は老健で働きやすいでしょう。

医療寄りのサービス提供になる

老健は医師やリハビリの専門職が在籍しているため、ほかの介護施設と比較すると医療寄りのサービスを提供します。ほかの施設形態から老健に転職すると、介護の方向性の違いに戸惑うかもしれません。そのため、身体介護を中心に利用者さんを支えて働きたい場合は注意が必要です。

長期にわたる介護ができない

老健は特養とは違い、長期にわたる介護を目的としていません。利用者さんの入退所が頻繁に行われる場合もあるので、一人ひとりに長期的なサポートを行いたいと考えている方には不向きの可能性があります。老健での勤務を決める前に、介護業務のどのようなポイントにやりがいを感じるかを見極めることが重要です。

老健で働く介護職の給料

令和2年時点の厚生労働省のデータによると、老健で働く介護職の平均給与は33万8,920円です。施設形態別の比較は以下の表にまとめました。

常勤非常勤
介護老人保健施設33万8,920円27万5,300円
特別養護老人ホーム35万430円26万円
訪問介護事業所30万6,760円17万4,150円
デイサービス28万600円19万480円
グループホーム28万7,770円20万7,980円

老健で働く介護職の平均給与は、特養に次いで高いことが分かります。また、非常勤の場合は老健が最も高くなっています。働き方が自身の希望と合っていれば、やりがいを見出しながら高い収入を得られるでしょう。

老健の勤務に向いている人

医療的ケアに携わりたい人やリハビリを行いたい人、高齢者を手厚くサポートしたい人は、老健の勤務に向いています。ここでは、老健で働くのに向いている特徴を詳しくまとめました。

医療的な視点からケアに携わりたい

老健はほかの介護施設と異なり、医師の指示にもとづいて業務を行えます。医療ケアのサポートをすることで、働きながら介護技術に磨きをかけられる職場環境です。医療的な視点から知識を吸収し、介護サービスに反映させたい方に向いているでしょう。

リハビリテーションに取り組みたい

老健で働けば、リハビリテーションに関する知識が身につきます。リハビリを通して介護の視野を広げたい、技術を向上したいと考えている方にもぴったりの職場です。利用者さんの状態が改善してできることが増えていく様子を見守れると、仕事のやりがいにつながるでしょう。

高齢者をサポートしたい

老健では介護職がケアプランを作成するため、利用者さんの生活を支えていきたいと考える人に向いています。頻繁な入退所はありますが、多くの利用者さんの健康を支援できることは社会の役に立っていると実感できるはずです。老健でやりたい業務を実現できる場合は、介護職として長期活躍できるでしょう。

「老健で自分らしく働きたい」「老健の利用者さんを支えていきたい」とお考えの方は、介護業界に特化した転職エージェントのきらケアを利用してみませんか?

きらケアでは、専任のアドバイザーがあなたのヒアリングを行い、経験や希望条件、適性に合った求人をご提案します。選考対策のアドバイスや面接日程の調整、条件交渉なども手厚くサポート。転職活動が初めての方も安心です。

すべてのサービスは無料で提供しているので、まずはお気軽に問い合わせください。

まとめ

老健(介護老人保健施設)とは、介護を必要とする高齢者が一時的に入居し、リハビリテーションを中心にサービス提供を行う施設です。特養は身体介護がメインで、終の棲家として利用している高齢者が多いことが老健との違いといえます。利用者さんは在宅復帰を目的としているため、老健で働く介護職は比較的身体への負担が少ないでしょう。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、医師、看護師などの幅広い職種が在籍しているので、さまざまな視点から介護サービスを実現することが可能です。リハビリや医療ケアに取り組みたい方は、老健で介護職として働くのに向いています。老健で自分らしく働きたい方は、きらケアの就職・転職支援サービスをご活用ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧