有料老人ホームの給料の平均は高い?夜勤の有無や介護職の仕事内容もご紹介

介護職の給料 2021年10月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
給料、紙幣のイメージ

有料老人ホームは、お給料や福利厚生が充実しているところが多く、転職先として考えている方も多いのではないでしょうか?有料老人ホームの給料や仕事内容は、種類や運営施設によってさまざまです。こちらの記事では、有料老人ホームの給料や、仕事内容についてご紹介します。有料老人ホームへの転職・就職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

有料老人ホームとは

有料老人ホームは民間企業が運営している介護施設です。有料老人ホームでは、入居者さまの日常生活自立度に合わせて食事や入浴、家事などの支援を行っています。運営する法人の規模や方針により、有料老人ホームの仕事内容や給料はさまざまです。下記では、有料老人ホームの種類や仕事内容をご紹介します。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類に分類されており、年齢や介護度、受けたいサービスによって入居できる施設は異なります。そのため、施設の種類によって仕事内容も大きく変わります。

「介護付き有料老人ホーム」

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームです。入浴や食事、排せつなどの介助を必要とする入居者さま向け。医療体制の充実した施設が多い傾向にあります

「住宅型有料老人ホーム」

要支援・要介護認定を受けていない方~要介護度が軽度の方が主に入居できる有料老人ホームです。食事や掃除、洗濯などの生活支援を行います

「健康型老人ホーム」

健康で介護の必要がない方が入居できる有料老人ホームです。「自立した生活はできるけど1人で暮らすのは不安だ」という方が多く利用しています。露天風呂やトレーニングルームがある有料老人ホームもあり、入居者さまが楽しく過ごせるような設備が整っているのが特徴です。介護を前提としない施設のため、サービスは食事の提供のみという施設も多々あります。

仕事内容

介護付き有料老人ホームの場合、入浴や排泄、オムツ交換などの身体介護をはじめ、部屋の掃除や洗濯など家事のサポートも介護業務の一環として行います。夜勤職員は、緊急コールなどの対応も。そのほか、レクリエーションを取り入れている有料老人ホームも多く、入居さまの身体の状態に合わせて企画・実行する力も求められます。

1日のスケジュール

一般的な有料老人ホームには日勤と夜勤があり、職員はシフト制で勤務しています。下記は、介護付き有料老人ホームのスケジュールの例です。

8:30 引き継ぎ

夜勤からの申し送り、引き継ぎをして情報を共有します。

9:30 入浴の介助

入居者さまを順番に入浴させます。

11:30 昼食の配膳

昼食を各室に届けます。薬を飲んでいる入居者さまには看護師の指示のもと配薬も行います。

12:00 昼食

食事介助が必要な入居者さまには介助をします。口腔ケアの対応。

14:00 レクリエーション

入居者さまのレクリエーション活動の時間です。ダンスやストレッチなどをして職員と入居者さまが一緒に身体を動かします。

15:00 おやつタイム

お饅頭やケーキなどのスイーツを味わう時間。口腔ケアの対応もあります。

16:00 コミュニケーションタイム

入居者さまとおしゃべりをしてコミュニケーションをとります。

17:30 夕食

食事の介助が必要な入居者さまに食事のサポートをします。口腔ケア対応も。

17:45 夜勤への引き継ぎ

夜勤職員へ申し送りをして情報共有します。

18:00  夕食の片づけ

お膳を下げて洗い物などをします。お膳を下げるときには食事量のチェックも必要です。

20:00~4:00 巡回など

消灯後の巡回は決められた回数を定期的に行います。コールがあれば個室にかけつけて対応。随時、排泄やオムツ交換といった介護業務も行います。

6:00 起床介助

介助が必要な入居者さまにはサポートして起きてもらいます。

7:30 朝食準備と配膳

朝食の準備をして配膳。薬が必要な入居者さまには看護師の指示に従って配薬します。

8:00 朝食介助

介助が必要な入居者さまには食事の手助けをします。

8:30 朝礼・引き継ぎ

日勤職員へ申し送りをして情報を共有します。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

有料老人ホーム職員の給料は良い?

有料老人ホームへの転職や就職を考えている方にとって、介護職員の給料は気になる項目でしょう。ここでは、有料老人ホームの介護職の給料について解説します。

介護職員の平均月収

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p128)」によると介護職正社員の平均給料額(月給)は、 令和2年度で315,850円となっており、平成31年と比べて15,730円も給料額が上がっています。また、令和2年度の全体の平均給料額は、307,700円なので、介護職の平均月収は高い傾向にあるといえるでしょう。

有料老人ホームの平均月収

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p136)」によると、有料老人ホームの正社員の平均給料は、322,020円となっています。

介護老人福祉施設350,430円
介護老人保健施設338,920円
介護療養型医療施設306,420円
介護医療院312,600円
訪問介護事業所306,760円
通所介護事業所280,600円
通所リハビリテーション事業所305,660円
有料老人ホーム322,020円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p136)」

有料老人ホームの給料は、介護施設のなかでも比較的高い方に分類されることが多いですが、運営法人によっても大きく左右されます。就職・転職活動中にしっかり施設の待遇を調べることが大切です。

有料老人ホームで給料を上げる方法は?

有料老人ホームでは、資格を取得したり夜勤に入ったりすることで、手当が支給されるので給料アップに繋がります。ここでは、給料を上げる方法をご紹介。もっと給料を上げたいと考えている方はチェックしてみてください。

資格を取得して手当をもらう

資格を取得することで、資格手当がつくので給料を上げられます。下記は、有料老人ホームで働く介護職員の保有資格別の平均給料です。

介護福祉士339,510円
社会福祉士345,840円
介護支援専門員377,170円
実務者研修319,890円
介護職員初任者研修317,210円
保有資格なし277,710円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p167)」

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p167)」によると、介護福祉士の職員と、無資格の職員の給料の差はおよそ6万円です。上記以外にも、「特定行為業務従事者」「認知症ケア専門士」「介護支援専門員」といった資格にも手当がつく有料老人ホームもあります。今より給料を上げたいと考えている場合、資格を取得するのも一つの方法です。

夜勤に多く入る

夜勤帯に入ると、夜勤手当が支給されます。日勤帯で同じ時間働いても、夜勤の方が給料額が高くなるので、夜勤に入る回数が多いほど給料を上げられるでしょう。夜勤専従といって、夜勤帯のみの求人もあります。

上の役職につく

役職につくと、役職手当が支給されるため、給料を上げられるでしょう。有料老人ホームでは、サービス提供責任者(サ責)や介護リーダーといった役職を設けているところも。厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p145)」によると、有料老人ホームの管理職員の平均給料は、 391,430円です。一方、管理職でない職員の平均給料は 312,950円となっており、おおよそ8万円の差があります。ただし、介護職の役職につくためには、介護福祉士といった資格を持っている必要があるので、給料アップのためには、まず資格取得を目指すと良いかもしれません。

有料老人ホームで働くメリット

有料老人ホームは、施設によって多種多様な介護サービスを提供しています。そのため、介護スキルのほか、幅広い知識や経験を積むことができるようです。下記では、有料老人ホームで働くメリットをご紹介します。

幅広い経験やスキルを積める

有料老人ホームは、入居者さまの満足度を重視した介護サービスを提供している施設がほとんどです。そのため、介護の知識だけではなく接遇力も必要とされます。また、介護付き有料老人ホームといった介護施設によっては、看護師や機能訓練指導員と連携しながら介護を行います。そのため、医療やリハビリなどの専門知識が得られるのもメリットです。

福利厚生が充実している施設が多い

有料老人ホームは民間企業が運営しているため、福利厚生が充実している傾向があります。なかには資格取得支援で、研修や受験の費用を負担してくれる施設も。働きながらスキルアップを目指したい、未経験から介護職として働きたい、という方には向いているでしょう。

まとめ

運営する法人の規模や方針により、有料老人ホームの給料や待遇はさまざま。介護職の給料は全体の平均よりも高い傾向にありますが、資格を取得したり、夜勤に多く入ったりすることで、さらに給料アップを望めるでしょう。

福利厚生が充実している有料老人ホームが多く、特に資格取得支援にも力を入れている施設もあります。「資格は持っていないけど、介護職として働きたい」という方は、有料老人ホームで資格取得支援を受けながら仕事をするのも一つの手でしょう。

給料や待遇が良い施設で働きたいという方は、介護業界専門の転職情報を提供する「きらケア介護求人」がおすすめです。きらケアでは、面接後も、給料や待遇といった条件交渉も代行。事業所に直接取材を行い人間関係や有給消化率など、より詳しい求人をご紹介できます。資格取得制度が整った施設もご紹介できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護職の給料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護職の給料」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧