介護士のキャリアプランとは

仕事 2016/06/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
83_TOP_成功あるのみ

介護士のキャリアプラン・キャリアアップについてご紹介します。介護士は未経験から挑戦できる専門職。それゆえにキャリアについてはあまり考えていないという方も多いのではないでしょうか。介護士は資格を取ったり長く働くとしっかりキャリアが積めるお仕事です。未経験から介護の仕事に挑戦することになった方はぜひ参考にしてください。

【目次】


介護士はキャリア形成しやすい仕事
現場から相談援助職へ
現場のリーダー的な存在としてのキャリア
キャリアは自分で積み上げていくもの

介護士はキャリア形成しやすい仕事


意外に思われるかもしれませんが、介護士は長く続けていけば、きちんとキャリアが積める仕事です。年月を重ねるにつれて受験資格が得られたり、介護保険の加算対象となる研修の受講チャンスに恵まれたりします。順調にキャリアを重ねていけば、施設長になるのも夢ではありません。ですがそのためには、どのような道があって、自分の将来をどう思い描くのかが大切です。多くの人は介護の現場から仕事を始め、やがて現場を離れて相談援助職や管理職へと移っていきます。一方で、現場に留まり続けたまま、現場のプロフェッショナルとしてのキャリアを重ねる人もいます。人には向き不向きがありますから、自分の性格を把握しておくことも重要でしょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

現場から相談援助職へ


では、現場から相談援助職への道のりから見ていきましょう。

介護業界に未経験者として入る場合、まずは現場に配属されます。そこで3年の経験を積めば、介護福祉士の受験資格が得られます。介護士としての経験が5年を超えると、介護支援専門員、通称ケアマネージャーの受験資格が得られます。多くの人にとって、ケアマネージャー試験合格が、相談援助職への第一歩となることでしょう。合格後の研修を経て、在宅のケアマネージャーとして活躍するか、あるいは施設のケアマネージャー、もしくは生活相談員として働く人も出てくるかもしれません。

在宅のケアマネージャーを続けていくと、主任ケアマネの資格を得られます。これはケアマネ最上位の資格であり、事業所のケアマネ全体を束ねる役割を果たすことが求められます。

施設の生活相談員の場合、その役割は実質的な施設の顔。家族との連絡調整や新規入居者の面接など、施設の人の出入りや連絡調整の大部分を担うことになります。

どちらの仕事も責任が重大で大変ですが、それだけ見返りも大きく、やがて部長や施設長といったより上位の管理職への道が開かれています。

▲目次へ戻る

現場のリーダー的な存在としてのキャリア


現場でキャリアを重ねていくという方法もあります。その場合、現場のリーダー職を目指していくことになるでしょう。これは介護士をチームとしてまとめ上げる仕事。リーダーシップや人心掌握術といったところが求められるため、ケアマネや生活相談員以上に、人を見抜く力が求められます。上級職になると、人材育成や人事にかかわることも増え、新規採用面接を任されることも。

ここまでくると、現場に籍を置きながらも現場のトップとして、施設長や相談員、外部のケアマネージャーといった人との連絡調整も行う必要が出てきます。また、介護報酬の加算対象になるための、研修も多数受講することになります。ユニットリーダー研修や認知症介護実践リーダー研修などが代表的なものです。

▲目次へ戻る

キャリアは自分で積み上げていくもの


介護士のキャリアについて、相談援助職への道筋と、現場リーダーへの道筋との二本を見てきました。これ以外にも、介護の専門学校の講師や、独立してコンサルタントとして生計を立てるなどの道も存在します。どのようなキャリアを思い描くとしても、自分自身の努力は欠かせない要素です。理想のキャリア実現のためには、人並み以上の努力が必要になります。どのような業界でも、キャリアは放っておけば自然に積まれていくものではなく、自分で汗水垂らして地道に積み上げていくものと心得ておきたいものですね。

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧