障害者支援施設とは?仕事内容や一日の流れ、高齢者介護との違いを解説!

介護の仕事 2023年8月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身体にハンデのある人と介助者が公園を散歩しているイメージ

介護職員は高齢者施設だけでなく、障害者施設でも活躍しています。とはいえ、障がい者を対象とする施設は多数あるため、よく分からない方も多いでしょう。この記事では、「障害者支援施設の種類」や「障害福祉サービスにおける支援内容」を分かりやすく解説。また、障害者支援施設で活かせる資格も紹介しています。障害者支援施設への転職に興味のある方は、参考にしてみてください。

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

目次

障害者支援施設とは

障害者支援施設とは、ハンデがあり日常生活を送ることや就労が困難な方を支援する社会福祉施設です。また、障害者支援施設や障害福祉サービスは、下記のようにさまざまな区分で分けられています。

図1「障害者総合支援法」による障害福祉サービス

障害福祉サービス等の体系1のイメージ

引用:厚生労働省「障害福祉サービス等について(p4)

図2「児童福祉法」による障害福祉サービス

障害福祉サービス等の体系2のイメージ

引用:厚生労働省「障害福祉サービス等について(p5)

法律により分けられる

まずは、「障害者総合支援法」「児童福祉法」といった法律による分け方です。18歳以上であれば図1の障害者総合支援法による障害福祉サービスが適応され、条件を満たしていれば施設入所支援や共同生活援助(グループホーム)などの施設が利用できます。18歳未満の方を対象としているのは、児童福祉法による図2の障害福祉サービスです。ハンデの程度によって、福祉型障害児入所施設や医療型障害児入所施設などの利用ができます。

介護給付と訓練等給付で分けられる

障害者総合支援法による障害福祉サービスには介護を目的とする「介護給付」職業訓練などを目的とする「訓練等給付」があります。介護給付に該当する施設の例は「施設入所支援」や「短期入所(ショートステイ)」など。訓練等給付に該当する施設には「共同生活援助(グループホーム)」などがあります。

通所系と居宅系、施設系で分けられる

障害福祉施設には、自宅から通う「通所系」と、施設に入所して暮らす「施設系」があります。身体障害や知的障害、精神障害、病気などハンデの種類や程度などによって、利用できる対象者が定められているのが基本です。上記の施設のほか、利用者さんが暮らす自宅を訪問する「居宅系」もあります。

入所系の障害者支援施設の種類

ハンデのある方が入所して利用する施設は、「障害者更生施設」や「障害者授産施設」「生活施設」「地域利用施設」といった4種類に分けられます。

【障害者更生施設】

リハビリテーションや機能訓練、治療などを行う施設です。利用者さんが社会生活に適応していけるよう、生活習慣を身につけることを目的としています。

【障害者授産施設】

一般的な企業での勤務が難しい方を対象に、授産活動を実施。施設内で仕事に取り組むことで労働意欲と技術を身につけられます。

【生活施設】

24時間体制で介護を必要としているハンデのある方を受け入れている施設です。ハンデのある方が一人暮らしをするための訓練を行っているところもあります。

【地域利用施設】

ハンデのある方へ文化的な活動を提供している施設の総称です。デイケアやレクリエーションなどのサービスを利用者さんの居住地に近い場所で行っています。

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

障害福祉サービスにおける支援内容

利用者さん1人ひとりのハンデは異なるため、必要とされる支援もさまざまです。そのため、障害福祉サービスの支援内容は多様化しています。ここでは、障害福祉サービスにおける支援内容を紹介。「障害福祉サービスってどんなものがあるの?」という方は参考にしてみてください。

同行援護

同行援護とは、視覚障がいなどにより1人での外出が難しい方に職員が同行して、サポートする障害福祉サービスです。「移動のサポート」や「外出先での代読・代筆」「排泄・食事の介助」などを行います。

行動援護

行動援護とは、知的障がいや精神障がいにより1人で外出するのが難しい方に、職員が同行してサポートする障害福祉サービスです。不安などからくるトラブルを防ぐ「予防的対応」や起きたトラブルに対応する「制御的対応」、排泄や食事などをサポートする「身体介護的対応」などを利用者さんの特性を把握したうえで行います。

療養介護

療養介護は、介護や医療的ケアを必要とする方に対して、医学的管理下における介護や日常生活のサポートをする医療施設です。施設によっては、医療的ケアや機能訓練、レクリエーションなどを実施しています。病気や障がいなどにより常に介護が必要な方、人工呼吸器を付けている方が利用対象です。

生活介護

生活介護事業所では、常時介護を必要とする方に対して、日中の活動をサポートしています。利用者さん1人ひとりの能力に合わせて、食事や入浴、排泄などの介助を実施。また、心身機能や生活能力の向上につながるような援助なども行っているのが特徴です。50歳未満であれば障害支援区分3以上の方、50歳以上であれば障害支援区分2以上の方を利用対象としています。

▼関連記事
生活介護とは?障害者福祉施設で働く生活支援員の仕事内容と対象者を解説!

計画相談支援

計画相談支援では、必要な障害福祉サービスをマネジメントする「サービス利用支援」や利用している障害福祉サービスが合っているかモニタリングする「継続サービス利用支援」を行っています。計画相談支援は、利用者さんと障害者支援施設をつなぐ役割を担っているといえるでしょう。

地域移行支援

地域移行支援とは、障害者支援施設の入所者や医療機関に入院している方が、施設を出て地域でスムーズに生活できるように支援する障害福祉サービスです。住居の確保をしたり、必要に応じて障害福祉サービスへの橋渡しをしたりしています。

地域定着支援

地域定着支援では、ハンデのある方の単身生活をサポートする障害福祉サービスです。困ったときにすぐに対応できるように常に連絡が取れる体制を確保し、利用者さんにトラブルがあった際には、緊急訪問することもあります。1人で暮らしている、もしくは同居者がいても障害や疾病などで緊急時の支援が見込めないといった状況にある身体障がいや知的障がい、精神障がいなどの方が対象です。

短期入所(ショートステイ)

短期入所(ショートステイ)とは、障害者支援施設もしくは児童福祉施設に短期間入所できるサービスです。基本的に、利用者さんの介護者が病気になったり、外出していたりして介護ができない場合に利用します。

居宅介護(ホームヘルプ)

利用者さんの自宅を訪問して、入浴や食事、排泄といった身体介護を行う障害福祉サービスです。ほかにも、必要であれば調理・洗濯といった生活支援や通院などの介助も行っています。視覚障がいや知的障がい、肢体不自由といった障害支援区分1以上の方が対象です。

重度訪問介護

重度訪問介護では、利用者さんの自宅を訪問して食事・入浴・排泄などの身体介護や調理・洗濯・掃除といった家事援助を行います。そのほか、外出時の移動介助を行うことも。障害支援区分が4以上であり、支援が必要と認められた方が利用できます。

自立生活援助

自立生活援助とは、障害者支援施設に入所していたり、病院に入院していたりした方が、自宅で自立した生活を送れるように支援する障害福祉サービスです。定期的に利用者さんの自宅を訪問して、食事や洗濯、掃除といった日常生活に問題はないか、公共料金は支払えているかなどの確認を行います。

共同生活援助(グループホーム)

共同生活援助では、ハンデのある方が家事や日常生活の援助を受けながら生活をしています。住宅形態は障害者支援施設と比較して、一般的な住宅に近く少人数で生活しているのが特徴です。基本的に、18歳(必要であれば15歳)~65歳の方が利用できます。

▼関連記事
障害者グループホームで働く職員の仕事内容とは?1日の流れも合わせて解説

重度障害者等包括支援

重度障害者等包括支援では、意思疎通が難しく常時介護を必要とする方に対して、居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護・短期入所といった複数の障害福祉サービスを提供しています。障害支援区分6で意思疎通が難しく、身体にまひがある、寝たきりの状態にあるといった方が対象です。

施設入所支援

施設入所支援では日中の生活介護や自立訓練、就労移行支援などと併せて、夜間の入浴や食事、排泄といった介助や生活相談などを行っています。障害支援区分4以上で生活介護を受けている、自立訓練もしくは就労移行支援を受けており入所が必要と判断された方が対象です。

自立訓練(機能訓練)

自立訓練(機能訓練)は、身体障がい者や難病患者の方に対して、身体機能の維持や向上のためのリハビリテーションを提供するサービスです。障害者支援施設などに通うのが一般的ですが、状況に応じて自宅でも訓練を受けられます。

自立訓練(生活訓練)

自立訓練(生活訓練)では、知的障がい者や精神障がい者の方に対して、「入浴や食事などの日常生活に必要な訓練」や「地域で生活するうえでのルール・マナーの相談や助言」を行っています。身体障がいや知的障がい、精神障がいなどがあり、日常生活を送るのに支援が必要と判断された方が利用対象です。

就労移行支援

就労移行支援とは、就労を希望しており一般企業への雇用が見込まれるハンデのある方に対して、必要な知識や能力の向上のための訓練や支援を行うサービスです。そのほか、利用者さんに合った職場の提案から採用までの支援を行っています。

就労継続支援A型

就労継続支援A型は、一般企業への就職が困難なハンデのある方に対して、雇用契約を結んで仕事の場を提供するサービスです。加えて、就労に必要な知識や能力の向上のための、訓練も実施しています。

就労継続支援B型

就労継続支援B型は、一般企業への就労が困難なハンデのある方に対して、雇用契約を結ばずに働く場を提供しています。50歳以上の方や障害基礎年金1級受給者、B型の支援が適していると判断された方が対象です。

就労定着支援

生活介護や自立訓練、就労移行支援などを利用して一般企業に就職した方が、継続して働けるように本人や企業と連絡・調整などを行う障害福祉サービスです。そのほかにも、就労したことで日常生活に問題が生じていないか確認や相談、指導などを行うこともあります。

児童福祉法の障害者支援

上記は18歳未満の児童にも適用されるものになりますが、主に障害者総合支援法による18歳以上の方を対象とした障害福祉サービスです。

18歳未満が対象の児童福祉法による障害福祉サービスには、未就学児で支援が必要と判断された子どもが利用する「児童発達支援」や、支援が必要な児童が学校後や長期休みに通う「放課後等デイサービス」、施設に入所して生活支援を受ける「福祉型障害児入所施設」などがあります。

障害者支援施設の求人

ここでは、障害者支援施設の正社員とパートの違いをご紹介します。転職する際の、参考にしてみてください。

障害者支援施設の正社員求人

障害者支援施設の正社員として働くメリットは、パートと比べて給与が高く福利厚生が充実していることが挙げられます。また、責任のある仕事やリーダーとしての役割を任せられることが多く、着実にスキルアップが望めるのもメリットといえるでしょう。障害者支援施設への転職に興味のある方は、「障害者施設の求人一覧ページ」をご覧ください。

障害者支援施設のパート求人

障害者支援施設のパートとして働くメリットには、ライフスタイルに合わせて働く日数や時間を調整しやすいことが挙げられます。家庭やプライベートの時間を大切にしたい方に向いているといえるでしょう。しかし、パートの場合は責任のある仕事や立場を任されることが少ないようです。キャリアアップを望む方にとっては、物足りなさを感じることがあるかもしれません。

▼関連記事
介護職の正社員とパートの違いは?メリットとデメリット

障害者支援施設で働くのに必要な資格

障害者支援施設では、それぞれ提供している障害福祉サービスに応じて「介護職員・生活支援員」や「看護職員」「理学療法士・作業療法士」「心理指導担当職員」といった、多職種が連携して利用者さんのケアや支援に当たっています。「介護福祉士」や「看護師」「理学療法士・作業療法士」「公認心理士」などの資格があれば、必要なスキルを持っていることの証明になり転職に優位になるでしょう。

障害者支援施設で働くのにおすすめの資格

障害者支援施設の介護職員・生活支援員として働く場合には「介護福祉士」や社会福祉士」「精神保健福祉士」「喀痰吸引等研修」などの資格があると、活躍できるでしょう。さらに、事業所によっては資格を取得することで、資格手当が支給されたり、昇給したりするため給与アップも期待できます。下記は、障害者支援施設に従事している介護職員の保有資格別の平均給与額です。

保有資格平均給与額
保有資格なし293,440円
介護福祉士335,440円
社会福祉士349,840円
精神保健福祉士341,170円
喀痰吸引等研修をもつ認定特定行為業務従事者347,340円

引用:厚生労働省「令和3年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査結果の概要(p20)

上記をみると、保有資格なしより、資格を持っている方が給料が高いことが分かります。資格の内容や取得方法については「介護資格の種類一覧まとめ!取得のメリットや難易度を解説します」の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事
障害者施設で働くにはどんな資格が必要?仕事内容や働くメリットも紹介

障害者支援施設は資格なしでも働ける?

介護職員・生活支援員として働く場合、資格を持っていなくても働けます。ただ、資格がないと身体介護に従事できなかったり、リーダーなどの責任のある仕事を任せてもらいにくくなったりすることも。障害者支援施設でスキルアップを目指す場合は、資格取得がおすすめです。
とはいえ、介護職員が不足しているところが多いため、無資格から応募できる求人は豊富にあります。もし、無資格からの転職が不安な場合は、研修や教育に力を入れている施設を探すのがおすすめです。

▼関連記事
障害者施設の志望動機作成のポイントを解説!履歴書の書き方や例文も紹介

障害者支援施設の仕事内容

障害者支援施設では、食事や入浴の介助、おむつ交換、レクリエーションなどといった生活介護を提供しています。就労を支援する施設であれば、パソコンの操作方法や調理補助などの自立訓練や就労移行支援を行っていることも。施設によって特色は異なるため、自分のキャリアプランを明確にしたうえで、転職活動を進めることがポイントです。

障害者支援施設の一日の流れ

入所施設では、2交代勤務と3交代勤務の体制をとっています。ここでは、障害者総合支援法による施設入所支援で働く介護職員(生活支援員)の日勤スケジュールを紹介します。

  • 8時30分 出勤し、1日の流れを確認する
  • 9時 朝食の準備を行い、サポートが必要な方の食事介助を行う
  • 9時30分 夜勤の職員から引継ぎとミーティングを行う
  • 10時 利用者さんの活動の支援を行う
  • 12時 昼食を準備し、必要であれば食事介助を行う
  • 13時 利用者さんの活動の支援を行う
  • 16時 入浴介助や洗濯などを行う
  • 17時 利用者さんの1日の様子を記録する
  • 17時30分 夜勤の職員へ引継ぎ、退勤する

ほかにも、利用者さんが楽しめるように、季節に応じて行事を企画・実施する日もあります。

障害者支援施設で働くメリット・デメリット

障害者支援施設で働くメリットとデメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。また、どのような人が向いているのかについても合わせて解説します。

障害者支援施設で働くメリット

仕事をするにあたって根気は求められますが、ハンデのある方が自立していくのを見たときに、やりがいを感じるといった声が多く聞かれます。障害者支援施設で働くやりがいについては「障害者施設の仕事のやりがいとは?サービス内容や向いている人の特徴を解説」の記事に詳しく解説しています。

また、上記でも述べたとおり、介護職は無資格から応募できる求人が多いため、未経験でも転職しやすいのが特徴です。働きながら資格を取得したり、知識を積んだりすることで、何歳からでもキャリアアップが望めます。さらに、資格を取得すれば給料アップも可能です。ただ、施設によって福利厚生は異なるので、求人に応募する際は要項をしっかりチェックしておくようにしましょう。

障害者支援施設で働くデメリット

入所施設では夜勤があるため、夜勤の生活リズムに慣れていないと、体調不良を引き起こす可能性があります。また、施設が人手不足である場合、時間外労働が多くなってしまうことも。入職後のミスマッチを減らすためにも、転職時に志望施設について十分に調べることが重要です。

▼関連記事
障害者施設の職員が抱える仕事の悩みとは?解決方法もご紹介

障害者支援施設での勤務に向いている人

ハンデのある方の中には、自分の気持ちを上手く伝えられない、動いていないと落ち着かないという方もいます。相手がどのようなことを考えているかを汲み取り、思いやりをもって対応できる方に向いているでしょう。また、自分の考えに固執せず、常に学ぶ姿勢が求められます。より詳しく知りたい方は「障害者福祉に向いている人の特徴とは?高齢者介護との違いや仕事内容を解説」の記事をご覧ください。

▼関連記事
障がい者施設の給料はどれくらい?どんな人が向いているのか

障害者支援施設の特徴

福祉分野にはさまざまな施設があり、違いが分かりにくいと思う方も多いでしょう。ここでは、障害者支援施設と老人ホーム、グループホームの違いについて解説します。

障害者支援施設と老人ホームの違い

障害者支援施設では、18歳以上のハンデのある方を受け入れています。一方の老人ホームは65歳からとしているところが大半で、身体介護が中心です。

障害者支援施設は若年層から高年齢層まで幅広い年代をサポートしており、就労支援を行っているといった違いがあります。

障害者支援施設とグループホームの違い

障害者支援施設は、自宅での生活が難しい方を対象にした入所施設です。一方のグループホームでは、将来自立した生活を送れるようになることを目的に支援を行っています。また、高齢者向けのグループホームもありますが、こちらは認知症の方が対象です。

障害者支援施設の費用

障害者支援施設の入所には「入所費用・食費・光熱費」のほか「被服・娯楽」「成年後見人・介護サポートなど」などの費用が必要です。入所費用は介護保険を適用した場合には1割負担となり、収入に応じて1ヶ月の負担額の上限も定められています。そのため、障害者支援施設の費用は、同じ施設でも異なることも。また、発生した費用は年金や心身障害者扶養保険、共済、生活保護などでまかなうことが大半です。

障害者施設等入院基本料とは

まず、入院基本料とは病院が提供するサービスに対する費用を評価(点数化)したものです。この点数によって、診療報酬の金額を算出します。
障害者施設等入院基本料は、障害者施設等一般病棟などにおいて、厚生労働省が定める条件を満たしている場合に看護配置と合わせて算出したものです。

障害者支援施設の職員の給料

厚生労働省の令和3年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査結果の概要(p12)によると、障害者支援施設で働く福祉・介護職員(常勤)の平均給与額は317,080円です。令和3年は新型コロナウイルス感染症の影響により、給与を引き上げた事業所が6割ほどあったようです。給与についての詳しい内容は、「障害者施設の職員は給料高いの?」を参照ください。

障害者支援施設の仕事に関するよくある質問

障害者支援施設の仕事に関するよくある質問に回答します。「自分に障害者支援施設の仕事ができるか心配」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

障害者支援施設で働く心構えを教えて!

障害者支援施設の仕事では、一人ひとりの利用者さんに合わせた対応が大切です。利用者さんの障がいの種類はさまざまです。個々の特性を理解し、思いやりのある態度で対等に接するようにしましょう。「障害者支援施設で働く心構えとは?介護士さんが気を付けたいポイント」の記事で詳しく解説しているので、障害者施設のお仕事に興味がある方はご一読ください。

障害者支援施設の仕事ってきついの?

障害者支援施設の仕事は、利用者さんとスムーズなコミュニケーションを取りにくいことがあるため、障がいについて理解を深めていないと対応が難しく感じる場合があります。しかし、きつい仕事だけではなく、やりがいもある仕事です。「障害者支援施設で働くメリット・デメリット」を参考に、自分に向いている仕事かどうか判断してみましょう。

まとめ

障害者支援施設には、自宅から通う「通所」や入所して生活する「障害者支援施設」、短期入所する「短期入所(ショートステイ)」、少人数で家族のように生活をする「共同生活援助(グループホーム)」などがあります。

また、障害福祉サービスの支援内容もさまざま。身体介護や生活援助のほか、就労を支援するものなど多岐に渡ります。施設によって特色が異なるため、自分のキャリアビジョンを明確にしたうえで応募先を調査しないと、「思っていた仕事と違う」「今の施設では自分のキャリアビジョンを叶えられない」などのミスマッチを感じてしまうことも。転職の際は、「なぜ障害者支援施設で働きたいのか」や「自分のキャリアビジョンを叶えられる施設はどこか」などを十分に調査するようにしましょう。

障害者支援施設での勤務を検討している方は、介護業界に特化した「レバウェル介護(旧 きらケア)求人」がおすすめです。レバウェル介護(旧 きらケア)では、業界に詳しいアドバイザーがあなたの仕事探しをサポート。求人サイトだけでは掴めない職場の情報を多数有しているため、希望条件に合った施設がきっと見つかります。また、求人先に直接話を聞いて情報を収集しているため、業務内容だけではなく職場の雰囲気や人間関係など詳しい情報の提供も可能です。職場の雰囲気を把握してから転職したい方は、お気軽にご相談ください。

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

※この記事の掲載情報は2023年8月16日時点のものです。制度や法の改定・改正などにより最新の情報ではない可能性があります。

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧