介護職を辞めたい人が知りたい、退職のベストタイミング

仕事 2019/06/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩む女性・ブルーバック「介護職を辞めようか悩んでいる…」
今回はそんな介護士さんに向けて、転職のヒントや退職のベストタイミングについてご紹介します。
今の職場に悩みを抱えているなら、何か行動を起こしてみませんか?

介護職を辞めたい理由


介護職を辞めたい理由は人によって違いますが、ここではよくある退職の事情をまとめてみました。あなたの状況に当てはまるものはあるでしょうか。

【人手不足で仕事がきつい】
人手不足の施設では1人の職員にかかる負担が大きく、1日何人もの入浴や排泄介助を行い、腰を痛めてしまったという人もいます。
人手が足りないと休みがとりにくく残業も増えるため、「プライベートと両立できない」と感じて退職に至るケースが多いようです。

【仕事のわりに給料が安い】
サービス残業が常態化している施設では、長時間労働のわりに給与が低く、「割に合わない」と感じることがあります。
本来はやりがいのある仕事だったとしても、生活に困るくらい給与が低くては「やっていけない」と思うのも仕方がないといえるでしょう。

【体力勝負で大変】
相手の体を支える入浴介助や排泄介助は体力的な負担が大きく、腰痛は介護士の職業病となっています。
介護自体は嫌いではないものの、「体がこれ以上もたない」と感じて職場を去る人も一定数いるのではないでしょうか。

【職場の人間関係に悩んでいる】
これは介護業界に関わらずどこの職場にもある悩みですが、職員同士の派閥や相性が悪い上司との関係に悩み、退職を考える人もいます。
職場に相談相手がいないと、問題が起こった時に1人で抱え込んでしまい、解決が難しくなるケースが多いようです。

このほかにも、「理想と現実のギャップが大きかった」「施設の方向性と自分の考えが合わなかった」「利用者さんと関係を築くのが難しかった」という理由で、仕事を辞めた人・辞めるか悩んでいる人が大勢います。
次の項目からは退職を視野に入れている人に役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてください。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

辞めたい時に考えること


介護イメージ「今の職場を辞めたい」と思った時、介護の仕事が向いていないと感じるなら他業界への転職を考えた方が良いでしょう。
介護職に向いていない人の特徴をまとめたので、自分の適性を見極めたい方はご確認ください。

【介護職に向いていない人の特徴】
・人とコミュニケーションをとるのが苦手
・人と接することが好きではない
・相手のペースに合わせるのが苦手
・仕事は効率第一と考えている
・短気な性格だと自覚している
・人より体力がないと感じる

介護職は人と接するサービス業であるため、人と話すのが好きではない、相手のペースよりも自分のやり方や効率を重視したいという人には向いていないかもしれません。
また、介護職は体力勝負の一面があるので、体力に自信がない人にとってはきつい仕事になってしまうでしょう。
「まだ続けたい」と思う人は別ですが、「向いていない」という自覚があるなら、別の仕事への転職を考えてはいかがでしょうか。
「介護業界しか経験がないから他業界への転職は難しい」と思う方は多いですが、営業職や接客業では未経験の求人が豊富にあります。また、パソコンスキルがあるなら事務職、年齢が若い方なら、現在人手不足のIT業界に就職するチャンスもあるでしょう。視野を広げれば選択肢は見えてくるので、就職サイトや転職エージェントで仕事を探してみましょう。

今の職場は退職したいが、「介護の仕事自体は好き」という方は、介護業界で自分に合った職場を見つけましょう。
施設によって給与体系や仕事内容は異なるので、転職活動をすれば今より条件の良い職場が見つかるかもしれません。介護業界は人手不足で求人の選択肢が多いため、今の職場で我慢し続けるのではなく、新しい道を探すことを考えるのが良いでしょう。

こんな職場は辞めた方がいいかも!


職場で悩みを抱えていたとしても、自分の行動によって解決の道が見えてくることもあります。例えば人間関係に悩んでいる時に、「自分とは価値観が違う人がいて当たり前」と考えることができれば、気持ちが楽になるでしょう。
また、職場環境の悩みは管理者に相談することで改善されるかもしれません。職場に信頼できる人がいれば、悩みがあっても解決に向かうパターンは多々あります。
ただし、これからご紹介する特徴のある施設で働いている方は、なるべく早く退職を検討するのが賢明です。

・残業代が支払われない
・資格がない職員に違法な医療行為を強要している
・セクハラやパワハラが常態化している
・利用者へ暴力を振るう職員がいる

このような施設は職場環境を改善する意識が低く、そもそも違法行為を行っている時点で大きな問題があります。禁止された医療行為の強要はもちろん、残業代の未払いも労働基準法違反です。
タイムカードを切った後に仕事をさせるのも、本来あってはいけないこと。上記にあてはまる職場に勤めている方は、本当にこのまま仕事を続けられるかよく考えてみましょう。

退職のベストタイミングっていつ?


時計と女性退職を決めた人は、いつ退職するかを決める必要があります。退職の時期は本人の自由ですが、退職に迷っている人は次にご紹介するタイミングをきっかけとしてはいかがでしょうか。

【組織体制が変わった時】
組織体制が変更になると、管理者や上司、同僚などの一緒に働く人や仕事内容に変化が生じるため、それを一区切りと考えて退職を切り出しやすくなります。

【仕事にやりがいを感じなくなった時】
仕事に全くやりがいを感じず、「お金を稼ぐため」としか考えられなくなったら辞め時といえます。確かに仕事はお金を稼ぐ手段ですが、自分の成長を感じる、誰かの役に立っている実感がある、といったやりがいがなければ、長く続くものではありません。
今の職場で今後もやりがいを感じることができないと確信したら、環境を変えて再スタートするのが良いでしょう。

【心身の疲労が激しい時】
「もっと頑張っている人もいるから…」と思っても、あなた自身が心身の限界を感じているなら仕事を継続するのは難しいでしょう。
無理して働いて体調を崩すよりは、気持ちを切り替えて新しい職場を探すのが賢明です。
友達と会っても愚痴ばかり言っている、仕事以外の時間も仕事のストレスを感じる、仕事が理由で食欲が出ない、眠れない…。
そんな症状が出てきたら、休職や退職、転職を検討する時期がきているかもしれません。

介護施設は人手不足であることが多く、「退職を言い出しにくい」という人が多くいます。ただ、本来人材の配置といった管理は施設側が行うことであるため、「申し訳ないから」という理由で退職を延期する必要はありません。
就業規則に定められた期限に従って退職意思を表明し、引継ぎを行うのであれば、退職自体には何の問題もないでしょう。
今の仕事がきついと感じるなら、無理をして働き続けるのではなく、自分に合った環境を探してみませんか?
介護業界での転職をお考えの方は、きらケアのアドバイザーにご相談ください。
きらケアでは介護業界に特化した求人提案を行い、あなたの経験やスキル、希望に合った職場探しをお手伝いします。
当サービスでは面接日程の調整といった企業との連絡を代行しているので、転職が初めての方も安心です。
面接当日もリラックスできるようにアドバイザーがサポートするので、不安なことは何でもお尋ねください!

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧