ケアマネのベストな転職時期は?退職までの流れと失敗しないポイントを紹介

転職ノウハウ 2021年9月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スケジュール調整に悩む女性の様子

ケアマネの転職時期はいつ頃がベストなのか気になる方もいるのではないでしょうか。きちんと時期を見定めて準備を進めれば、職場に迷惑をかけずに転職活動を行えます。

この記事では、ケアマネに最適な転職時期や退職までの流れ、転職失敗を防ぐポイントについてご紹介。円満退職を心がけ、新しい職場でケアマネとしてさらなる活躍を実現しましょう。

目次

ケアマネのベストな転職時期

ケアマネの転職時期は、繁忙期ではないタイミングや求人が多くなるときがおすすめです。ここでは、ケアマネに適している4つの転職時期についてご紹介します。

1.周りに配慮ができる時期

ケアマネとして転職する際は、これまで共に働いてきた職員に迷惑をかけないように配慮することが大切です。4~5月の新入社員が入社する時期や人事見直しのタイミングで転職するのは避けたほうが良いでしょう。普段よりも慌ただしい時期は転職を避けたほうが職場にかかる負担を減らせます。

円満退職するためにも、職場に迷惑をかけないよう努めましょう。

2.仕事の繁忙期を避ける

仕事の繁忙期は転職活動に割く時間を確保するのが難しいため、避けたほうが無難です。転職活動をしながら繁忙期を乗り越えようとすると、疲弊しやすく仕事の集中力も欠如してしまいます。いつ頃が繁忙期になるかを想定したうえで、転職のスケジュールを立てることが大切です。

3.ケアマネの求人が多くなる時期

ケアマネの転職時期は、求人が多くなる頃合いがおすすめといえます。介護業界の採用活動が特に活発化するのは、2~3月頃です。新年度を迎える4月に合わせて多くの企業が戦力を求めているからと考えられます。

また、ボーナスが支給されるタイミングである7月や12月も求人が多い時期です。ボーナスを受け取ってから転職したいと考える人は多いため、求職者のニーズを意識して求人を出す企業が増加します。選べる求人が多いほど可能性は広がるため、転職はこれらの時期に合わせて活動すると良いでしょう。

4.ケアマネの経験を5年間積んでいる

ケアマネとして5年以上の経験を積むと、ベテランの領域に達します。主任ケアマネージャーの受講資格も得られるため、さらなるキャリアアップを目指せるでしょう。ケアマネとしての経験が長いほど即戦力になるので、転職活動を有利に進められます。

ケアマネの転職活動の流れ

ケアマネとして転職する時期を決めたら、求人情報をチェックしたり仕事の引き継ぎをしたりする必要があります。ここでは、転職するにあたって行うべき8つの活動をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.転職サービスに登録する

良い条件の求人を見つけるためには、求人サイトや転職エージェントに登録するのがおすすめです。介護業界に特化したサービスも展開されているので、自分に合った方法で求人を探します。

きらケアでは、専任のアドバイザーによる面談で希望条件を伝えれば、その内容に沿った求人をご提案。面接日時の調整といった企業とのやり取りも代行しているので、働きながらの転職を実現しやすいのが特徴です。

2.転職先が決まったら退職意思を早めに伝える

転職先が決まったら、直属の上司に相談をしましょう。退職の相談は2カ月前~3カ月前に伝えるのが最適です。遅くても退職希望日の1カ月前には伝えるようにしましょう。

早めに伝えることで余裕を持って引き継ぎができ、人員補充や退職手続きといった施設側の負担を減らせます。直属の上司以外へ先に相談すると、職場でのトラブルにつながりかねないので注意が必要です。

なお、就業規則によって退職を伝える時期が明確に記されている場合もあるので、トラブルを回避するためにも事前に確認しておきましょう。

3.退職届を用意する

退職意思を伝え、その旨を承認されたら、退職届を提出します。退職届は提出すると撤回ができないので注意が必要です。勤務先によって退職届の書式や提出先は異なるので、確認をとったうえで用意しましょう。

4.業務の引き継ぎをする

退職が決まったら、自身が担当している業務の引き継ぎを行ないます。引き継ぎが不十分だと情報共有ができず、クレームや事故といったトラブルが生じてしまう可能性があるので注意しましょう。仕事内容をマニュアル化し、ほかの職員とも情報を共有できるように整えておくのも大切です。

5.後任のケアマネと共に利用者さんへ挨拶回りをする

退職する前に、担当している利用者さんやそのご家族にきちんと挨拶をしておきましょう。担当者が変わることで困惑してしまう利用者さんもいるので、挨拶回りは慎重に行わなければなりません。利用者さん本人に伝えるのが難しいと判断した場合は、ご家族に挨拶をするのも1つの方法です。挨拶回りの際は、後任のケアマネを紹介することで安心してもらえます。

6.各事業所へ挨拶回りをする

仕事でお世話になった各事業所へ挨拶することも重要です。挨拶回りは直接仕事で関わった職員だけで問題ありません。万が一、直接の挨拶が難しくなった場合は電話やメールで伝えておくと好印象です。転職先で縁があり、一緒に仕事をする機会に恵まれる可能性もあるため、丁寧に挨拶回りをしましょう。

7.職場に感謝の気持ちを伝えて退職する

退職日には、上司や同僚に感謝の気持ちを込めて挨拶をしましょう。出社最終日にきちんと挨拶をすることで、退職後も良好な関係を築けます。メッセージを添えた菓子折りを用意しておくのもおすすめです。

8.転職先で必要になる書類を準備する

転職先の入社日には、書類の提出が必要になるため、あらかじめ準備をしておきましょう。前に働いていた会社から転職先へ提出する書類もあるので、受け取り忘れのないよう注意が必要です。職場によっては入社日より前に必要書類の提出を命じられる場合があるため、余裕を持って用意しましょう。

ケアマネの転職で失敗を防ぐ4つのポイント

ケアマネの転職活動で失敗を防ぐには、熱意の伝わる志望動機や転職先で実現したいことを考えておくことが重要です。ここでは、ケアマネの転職失敗を防ぐ4つのポイントをご紹介します。

1.転職理由は明確にしておく

漠然とした理由で転職すると、新しい職場と自分の働き方がマッチせずに早期離職へつながる可能性があります。そのため、なぜ今の職場を離れて新しい環境で働きたいのか、新たな職場で自身がどのようになりたいのかを追求することが重要です。転職理由を明らかにしないまま求職活動すると、自身の納得のいく結果を得られず、何度も転職を繰り返してしまう場合もあります。転職を成功させるためにも、自身が仕事に抱えている思いを見つめ直すことが大切です。

2.転職を決めた志望動機を作成する

採用面接では「なぜこの会社を選んだのか」を必ず聞かれるため、熱意の伝わる志望動機を用意しておきましょう。給与や待遇面の良さではなく、会社の特色をきちんと理解し、その内容を盛り込んだ志望動機を作成することが大切です。たとえば、転職先が認知症ケアに力を入れている会社であれば、その分野を得意としているポイントアピールできたほうが、面接官に好印象を与えられます。

3.ケアマネとして実現したいことを考える

転職先でケアマネとして今後チャレンジしたい分野や身につけたいスキルを考えておきましょう。将来を見据えたビジョンや目標を持てば、ケアマネとして高いモチベーションを維持しながら活躍できます。キャリアアップを目指すために転職を考えているのであれば、数年後の大きな目標設定と、その目標を達成するための小さな日々の目標を掲げ、着実に達成していく姿勢を意識するのがおすすめです。

4.責任の重大さを理解する

ケアマネは介護を必要とする利用者さんやそのご家族の相談をもとに、生活状況や必要となる支援を考え、利用者さんに合ったケアプランを作成します。プランが作成されたあとも、利用者さんの健康状態により、見直しをしていくことも必要です。

ケアプランの作成は長年積み重ねた経験や豊富な知識だけでなく、利用者さんやご家族のニーズを聞き出せる信頼関係を築けるかという点も重要になります。ケアマネの仕事が利用者さんの生活を支えていくうえで重要なことを理解し、利用者さんやそのご家族の精神的な支えとなれるよう心掛けていく姿勢が大切です。

まとめ

ケアマネとしての転職を成功させるには、転職時期や自身の希望する条件に合った職場があるかどうかに注意しましょう。ケアマネの求人掲載が多い時期なら、幅広い選択肢の中から自分らしく働け環境を探すことが可能です。転職先が決まったら早めに直属の上司へ相談し、円満退職を目指しましょう。

転職理由をしっかりと固め、熱意の伝わる志望動機を作成すれば、ケアマネの転職失敗を防げるはずです。自分に合った環境でケアマネとして活躍を続けたいと考えている方は、きらケアへお気軽にご相談ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職ノウハウ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧