訪問介護は未経験でも働くことができる?

介護職の仕事 2020年1月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護、移動介助

高齢化により在宅介護の需要は高まっています。
訪問介護の現場は未経験でも働くことはできるのでしょうか。
こちらのコラムでは、訪問介護の仕事について詳しく紹介します。





目次

訪問介護の働き方

訪問介護には、正社員・アルバイト・登録社員などの働き方があります。
それぞれの働き方について特徴をまとめたので、参考にしてみてください。

【直接雇用の正社員】
勤務先の法人に就職する正社員であれば、安定した給与や仕事量で働けます。
正社員なら有給休暇の取得や福利厚生を受けることが可能です。
働き続けることで昇給やキャリアアップを目指せるといったメリットもあります。

【アルバイト・登録社員】
アルバイトや登録制社員の場合、自分のライフスタイルに合わせて働けます。
都合の良い時間や曜日を選べるので、事業所によってはダブルワークも可能です。

また、事業所によっては正社員登用制度が導入されているところがあり、アルバイトから正社員へステップアップできる場合も。
「安定して働きたい」「プライベートを優先させたい」というように、働く上での希望条件は人によって異なります。
どのような働き方を実現したいかを考え、自分の希望に合った求人へ応募しましょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

訪問介護員として働くポイント

住宅街

訪問介護の仕事は、1人のご利用者に対し、1人のヘルパーが対応するのが基本です。
下記では、訪問介護員として働くメリットと注意すべきポイントを紹介します。

【メリット】
訪問先へ直行直帰できるので、比較的時間の融通が利きやすいという特徴があります。
勤め先はご利用者の自宅になるため、職員同士によるトラブルは少ないといえるでしょう。
訪問介護は地域に密着したサービスなので、自宅から近いところで働けることもメリットの一つ。
業務を通してご利用者だけでなく地域社会にも貢献することが可能です。

訪問介護ではご利用者と一対一の関係を築けるので、積極的にコミニュケーションがとれます。
ご利用者から訪問を喜んでもらえると家族の方からも信頼され、仕事のやりがいに繋げられるでしょう。

【注意すべき点】
施設介護では他のスタッフのやり方を参考にできますが、訪問介護は業務を一人で行うため、適切な判断力が求められます。
また、夜間対応型の事業所では夜勤が発生する場合も。
夜勤をすると生活リズムが崩れる可能性があるので、規則的な業務に取り組みたい方は事業所の情報をしっかり確認しましょう。

効率的な訪問介護を行うためにも、業務には職員同士の情報共有が求められます。
ご利用者に適切なサービスを提供するだけでなく、職員とのコミュニケーションも大切だと覚えておきましょう。

訪問介護は自分の判断力が試されますが、自由度が高くやりがいのある仕事です。
ご利用者と心を通い合わせられれば、自分の支援が役に立っていると実感できるでしょう。

▲目次へ戻る

訪問介護の仕事内容

訪問介護の仕事は、ご利用者の自宅に伺って個別ケアを行うこと。
ご利用者が自分らしい生活を続けられるよう、身体介護・生活援助・通院介助などのサービスを提供します。

【身体介護】
食事・入浴・排泄など、ご利用者の身体に直接触れる介助を行います。

【生活援助】
調理・洗濯・掃除・買い物など、ご利用者が日常生活を送るにあたって必要な支援を行います。

【通院介助】
病院までの移動を介助したり、受診手続きを行ったりします。

訪問介護は、「要介護者」の暮らしを支援する仕事です。
要介護者以外の家族の方への食事作りや大掃除、草刈りなどの家事代行は、支援の対象外となっています。
しかし、「介護保険外サービス」を行っている事業所であれば、別料金で介護保険法に定められていない援助に対応可能です。
訪問介護員は、ご利用者のニーズに合わせて適切な介護を行うことが大切です。

▲目次へ戻る

訪問介護は未経験でもできる?

エプロンを着た笑顔の女性

訪問介護事業所は、未経験でも受け入れてくれるところが多い傾向にあります。
介護業界は人手不足であるため、一人でも長く勤めてもらえるよう人材教育に力を入れているのでしょう。

また、「未経験でも訪問介護に取り組みたい」と考えている方は、仕事に対する意欲があると評価されます。
未経験者には教えてもらったことを吸収する力があるので、事業所側も積極的に採用しているケースがあるでしょう。

未経験から業務を担当する場合、最初のうちは先輩職員が訪問先へ同行します。
わからないことがあればその場で聞くようにすると、早期に実力をつけることが可能です。
訪問を繰り返すうちに自分なりの対処法を身につけられ、現場を一人で任されるようになるでしょう。

なお、訪問介護の仕事は「介護職員初任者研修」の資格を取得すると携われます。
訪問介護員への転職を検討している人は、まず資格取得を目指しましょう。
事業所によっては資格取得支援制度を取り入れているところもあるので、働きながら資格を手に入れられる場合があります。

▲目次へ戻る

訪問介護が向いている人の特徴

訪問介護員になるには、資格があれば良いという訳ではありません。
では、訪問介護にはどのような人が向いているのでしょうか。

【幅広いスキルを身につけたい】
ご利用者の心身状態や生活環境は一人ひとり異なります。
訪問介護を通して多くのご利用者を対応することで、幅広い対処法を身につけられるでしょう。
現場によっては医療や法律についての知識が必要になる場合があるので、介護以外の知識を吸収できます。
また、訪問介護の仕事は時間内に行う必要があるため、効率的な動きを身につけることが可能です。

【一対一で接するのが得意】
訪問介護は、人と直接向き合う仕事です。
ご利用者と訪問介護員による一対一の時間を過ごすので、円滑にコミュニケーションを取ることが求められます。
一人ひとりが必要としている援助は異なるため、臨機応変に動ける人が向いているでしょう。
また、1人のご利用者に集中できるので、「施設介護は苦手だけど訪問介護なら取り組めそう」「一対一なら上手く話すことができる」という人も活躍できます。

【責任感がある】
訪問介護の場合は周囲にほかのスタッフがいないため、業務に対する責任感が問われます。
容易な気持ちで介護を行ってトラブルが起きた場合、事業所の信用問題に繋がる可能性も。
訪問介護に取り組む際はご利用者の体調変化にいち早く気づき、危険を回避する判断力が必要です。
ご利用者の心身状態に気遣いながら慎重に支援を行い、責任感を持って介護と向き合う人が向いているでしょう。

仕事探しの際は、自分に合った事業所を見つけることが大切です。
訪問介護の仕事は高齢者の増加に合わせて需要が高まっており、景気にも左右されにくいメリットがあります。
未経験から介護業界を目指したい方は、きらケアのサービスを活用してみませんか。
きらケアでは、あなたの希望条件に合った求人を紹介。
専任のアドバイザーが応募書類の書き方を指導したり、本番を意識した模擬面接を行ったりしているので、転職活動が初めての方も安心です。
まずはお気軽に問い合わせください。

きらケアのご紹介

介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴

・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声

私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 介護職の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護職の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧