ヘルパーにできることとは?どこまでが業務の範囲なのか

介護の仕事 2020年8月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルパーにできることとは?どこまでが業務の範囲なのかの画像
ヘルパーの業務は、介護保険法にもとづいてケアマネージャーが作成するケアプランにしたがって行われます。しかし実際の介護現場では、どこまでが介護業務の範囲に入るのか、判断がつきにくいケースが少なくありません。今回はヘルパーができることは何なのか、その業務範囲に焦点をあてて解説していきます。すでに介護の仕事に従事している方はもちろん、介護業界への就職・転職を目指している方も、ぜひ頭に入れておきましょう。

目次

ヘルパーのできることとは?

ヘルパーの業務は、大きく身体介護と生活援助の2つに分かれています。
それぞれ介護保険法にもとづいてケアマネージャーが作成するケアプランに沿った介護サービスを提供しますが、利用者さんの中にはヘルパーと家政婦さんを混同しているケースが少なくありません。
以下では、ヘルパーのできることがどこまでなのかまとめました。

ヘルパーのできること

身体介護

・食事の介助
・食事の見守り
・入浴の介助
・移動の介助(病院などへの付き添い)
・排せつの介助
・トイレへの移動介助
・おむつ交換
・着替えの介助
・洗面の介助

身体介護は、介護利用者さんの身体に直接触れて行う介護業務のこと。この業務を行うには、初任者研修以上の介護の資格が必要となります。

生活援助

・介護利用者さんのための食事の調理
・食事の準備と片づけ
・洗濯(洗濯・干す・取り入れ・アイロンかけ)
・掃除(利用者さんが生活する部屋のみ)
・ゴミ出し
・ベッドメイキング
・介護利用者さんの布団干し
・買い物(生活に必要な食料・日用品・白物家電・薬など)
・通院や買い物の同行
・選挙や納税の代行
・生活資金の引き出し同行
・免許更新の付き添い

家政婦さんではないので、家事ができる家族が同居している場合には基本的に生活援助が行えません

その他

・爪切り
・耳掃除
・歯磨きによる口腔ケアの指導
・軟膏の塗布
・目薬の点眼
・インスリン注射の見守り(医師の処方がある場合のみ)
・軽い切り傷の処置
・体温や血圧の測定

ヘルパーにはできないこと

身体介護

・散髪(ケアプランで指示された場合のみ可能)
・介護職員本人や介護利用者さんの車を運転して送迎

生活援助

・介護利用者さん以外の家族の食事の用意
・介護利用者さん以外の家族の食事の調理
・正月用おせちなどの特別な料理
・介護利用者さん以外の家族の洗濯
・おしゃれ着の手洗い
・庭木の剪定や手入れ・水やり
・ベランダや庭の掃除
・ペットの世話
・車の洗車
・大型ごみの処分
・介護利用者さんの部屋以外の窓ふき
・換気扇の掃除
・お歳暮などの買い物
・嗜好品の買い物
・生活資金の引き出し代行(同行は可能)
・墓参り
・話し相手
・年賀状の代筆

その他

・爪に異常がある場合の爪切り
・内服薬の管理
・インスリン注射(ヘルパーが行ってはいけない・介護利用者本人であれば可能)

基本的に同居家族がいる場合の生活援助は、介護保険制度で認められていません
同居家族が昼間に仕事で出かけている場合でも、あらかじめ準備することが可能であるため、生活援助ができないことになっています。
地方自治体によっては、近所に家族が住んでいる場合も生活援助ができないケースがあるでしょう。
生活援助が行えるのは介護利用者さんが1人暮らしの場合や老老世帯、近所に支援者がいない場合に限定されるのが一般的です。

▼関連記事
ホームヘルパー(訪問介護員)の仕事内容や役割とは

内定後まで安心サポート

アドバイザーに相談する(無料)

ヘルパーができない業務範囲外はどうすれば良い?

ヘルパーができる範囲でサポートして、それ以外の部分は介護利用者さん自身で行うことで、自立を促すことにつながります。
たとえばヘルパーが業務時間内に材料をカットしておいて、後で介護利用者さんが調理をする。このような割り当て分担をすることで自立支援にもつながるため、あえてケアプランに盛り込まれるケースも少なくありません。
やむを得ない事情があって業務範囲外の要求があった場合には、ケアマネージャーに相談するようにしましょう。
たとえば同居家族が旅行や出張で留守にするので、その間の見守りを頼まれた場合など、緊急性や必要性に応じて、ケアプランの変更が可能なケースがあります。

トラブル回避の方法は?

トラブルを避けるためには「少しくらい良いか」という認識を持たないことが大切です。親切心でも一度応じてしまうと、他のヘルパーが対応するときに「あのヘルパーさんはしてくれましたよ」といった業務範囲の食い違いにつながりかねません。できることとできないことは、事前に説明しておくことが大切です。その上で外部の家事代行業者に依頼するなど、どうしたらできるのかを提案するようにしましょう。

できることとできないことを明確に説明する

事前にできること、できないことを説明して約束を取り交わしておくことが大切です。説明するときには、ケアプランに記載されていない介護サービスは提供できないこと、介護利用者さん以外の家族の料理や洗濯などもできないことなどをはっきり伝えましょう。口頭で取り交わした約束を書面にして事前にわたしておくことなども、後になってトラブルになることを予防する対策になります。

できないことを要望される場合はどうする?

それでも要望がある場合の対処法を、具体的にご紹介します。

お酒を買ってきてほしい

お酒(日用品と一緒に買う場合もNG)は嗜好品なので、ヘルパーが買うことはできないことを事前に伝えておきましょう。もしそれでもわかってもらえないようなら、事業所のケアマネージャーかサービス提供責任者(サ責)に相談して直接説明してもらうようにしてください。

家族の分も調理(洗濯)してほしい

介護利用者さん本人の分しか調理できないことを説明した上で、「介護保険サービス以外の自費サービスでしたら対応できます」と伝えて介護保険の制度では行えないことを説明することが大切です。どうしても聞き入れてくれない場合には、事業所のケアマネージャーかサ責に相談しましょう。

網戸の掃除をしてほしい

この場合も「介護保険サービス以外の自費サービスでしたら対応できます」と伝えて、介護保険の制度では行えないけれども、自費であれば対応できることを説明しましょう。それでもわかってくれないようでしたら、事業所のケアマネージャーがサ責に相談して直接話してもらうようにしてください。

▼関連記事
ホームヘルパーは大変?仕事内容からなり方まで教えます!
訪問介護員の具体的な仕事内容となるために必要な資格

まとめ

ヘルパーは介護保険法にもとづいてケアマネージャーが作成する、ケアプランに沿って介護サービスを提供しています。そのため、介護保険法で認められている業務と認められていない業務があり、介護利用者さんにあらかじめ伝えておくことが大切です。ヘルパーができることは、介護利用者さんのための食事の調理や片づけ、食事の介助や入浴の介助、排せつの介助、おむつ交換、掃除、洗濯など。トラブル予防のために、範囲外の要望には「少しくらい良いか」という認識を持たないようにしましょう。他のヘルパーが対応するときに「あのヘルパーさんはしてくれましたよ」といった食い違いを防ぐため、介護事業所内で「できること」と「できないこと」の線引きをはっきりさせて、スタッフの間で共有しておくことが大切です。

内定後まで安心サポート

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧