訪問介護は無資格だとできない?介護職の種類と資格との関係

資格・試験 仕事 2020/11/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
訪問介護が無資格でもできるように!その理由や仕事内容をご紹介の画像

通常、訪問介護員として働くには資格が必要です。しかし、COVID-19の影響で2020年4月に有資格者が足りていない場合のみ、無資格者でも訪問介護サービスを行うことが可能となりました。このコラムでは訪問介護員の仕事内容や給料、本来必要な資格をご紹介します。訪問介護員に興味のある方は、ぜひご参考にしてください。

【目次】


無資格でも訪問介護員として働けるように
訪問介護員の仕事内容
訪問介護員の給料
訪問介護員として働くには
訪問介護員のやりがい
訪問介護員の現状
まとめ

無資格でも訪問介護員として働けるように


本来、訪問介護サービスにおいて「身体介護」を行えるのは有資格者のみです。しかし、COVID-19の蔓延を理由に、有資格者が足りていない場合に限り、無資格者でも身体介護サービスの提供をすることができるようになりました。
無資格者が訪問介護員として働き、身体介護を行うには、ほかの事業所などで高齢者へのサービス提供に従事した経験があり、利用者へのサービス提供に支障がないと認められることが条件です。
厚生労働省からの通知には、無資格者派遣が可能な期間は記載されていません。そのため、無資格者派遣が可能な期間は今のところ未定となっています。今後の発表を待ちましょう。

▼関連記事
介護職は無資格や未経験でも働ける!資格なしでもできることとは
介護職は資格なしでも大丈夫!無資格で働くメリット・デメリットもご紹介

▲目次へ戻る

\登録1分! /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは



訪問介護員の仕事内容


訪問介護とは、要介護1~5の人を対象にご利用者宅を訪れて身体介護や生活援助、通院時の介助を行うサービスです。入浴や排泄介助、食事の支度、買い物などを基本的に1人でするためマルチタスク能力や判断力が求められます。

身体介護


身体介護とは、ご利用者の身体に直接触れて行うサービスのこと。主なサービス内容は以下のとおりです。

・食事介助
・入浴介助
・排泄介助
・清拭介助
・更衣介助
・体位変換

生活援助


生活援助とは、身体介護以外でご利用者が日常生活を送ることを支援するサービスのこと。主なサービス内容は以下のとおりです。

・買い物
・調理
・掃除
・洗濯
・爪切り
・耳垢の掃除

通院時の介助


訪問介護員が自動車を運転し、ご利用者を病院に連れていくことも。その際に以下のサービスを行います。

・乗降介助
・移動介助
・受診手続き
・薬の受け取り動向

訪問介護員が対応できないこと


模様替えや庭の手入れ、ご家族のための家事など、介護保険外のサービスは対応できません。これらは介護保険外のサービスで、ご利用者の自費となります。ご利用者の介護に直結しないものに関しては、介護保険外サービスを提供している事業所であれば可能です。
なお、ほかの介護職員同様、インスリンの注射や点滴などの医療行為も行えません。

▲目次へ戻る

訪問介護員の給料


厚生労働省の調査によると、訪問介護員(ホームヘルパー)の1ヶ月の平均給与は24万800円です。平均給与×12か月+年間賞与その他特別給与額から算出すると、年収は327万7,000円となります。ケアマネジャーの年収は393万400円、福祉施設介護員は346万5,700円のため、訪問介護員の給料は低めなのが現状です。
しかし、これらの額はあくまでも平均値。訪問介護員も経験年数や取得資格によって収入アップを目指せます。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」(2020年11月10日)

▼関連記事
介護は無資格でもできることがある?給与ややりがいも解説

▲目次へ戻る

訪問介護員として働くには


訪問介護員として働き、身体介護を行うには介護に関する資格が必要です。保有していることで訪問介護員として働ける資格をご紹介します。

介護職員初任者研修を受ける


介護職員初任者研修は介護職の入門のような資格です。130時間の研修を通して、介護の基礎知識や理念、実務を学びます。介護職員初任者研修の内容は国によって定められており、研修を修了したうえで試験に合格すると訪問介護の身体介護サービスを行うことが可能です。
介護職員初任者研修の試験は、授業の理解が出来ていれば難しくありません。受験者を選び落とすことが目的ではなく、授業をきちんと理解できているか見極める試験といえます。また、不合格だった場合でも追試制度があるので、そちらで合格すれば資格取得が可能です。
介護職員初任者研修は公益法人や民間スクール、通信講座などで受講できます。具体的なカリキュラムや費用、サポート体制は団体によって違いがあるので、受講前に比較するのがおすすめです。
なお、きらケア介護派遣なら、無料で働きながら介護職員初任者研修の資格取得が目指せます。

介護福祉士実務者研修を受ける


介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修より幅広く知識や技能を身につけられます。基本的な介護提供能力を得られ、レベルの高い介護を行うことが目的です。受講時間は450時間ですが、介護職員初任者研修を受講している場合は130時間が免除になります。
介護福祉士実務者研修では、たんの吸引や経管栄養の知識のような医療的ケアも学ぶことが可能です。介護福祉士実務者研修を修了したうえで「喀痰吸引等研修」を受けることにより、医療行為であるたんの吸引や経管栄養の処置が介護職員でも実施できるようになりました。
また、介護福祉士の受験資格には介護職員実務者研修の修了が含まれています。さらに、介護福祉士実務者研修を修了すればサービス提供責任者(サ責)になることが可能です。介護職でのキャリアアップを目指す方におすすめの資格といえます。
なお、きらケア介護派遣なら、無料で働きながら介護福祉士実務者研修の資格取得が目指すことが可能です。

介護福祉士の資格を取る


介護業界唯一の国家資格である介護福祉士は、国家試験を受けて合格する必要があります。介護福祉士になれば、専門的でレベルの高い介護知識や技術の習得が可能です。
介護福祉士の資格を取得するには、以下の3つの道のりがあります。

1.介護現場で働きながら資格取得を目指す


3年以上介護現場で働いた経験があれば、介護職員実務者研修を修了することで、介護福祉士の国家試験を受験できます。

2.介護福祉士の養成施設を卒業して資格取得を目指す


福祉に関係のない中学校や高等学校を卒業している場合は、2年制以上の介護福祉士の養成施設を卒業すると介護福祉士の国家試験を受験可能です。

3.福祉系の高等学校を卒業して資格取得を目指す


福祉系の高等学校を卒業することで、介護福祉士の国家試験を受験できます。なお、福祉系の高等学校に入学したのが平成20年度以前の場合、介護技術講習を受けていない可能性も。介護技術講習を修了していない方は、国家試験の際に実技試験を受ける必要があります。
また、特例高等学校を卒業している場合は、9ヶ月以上介護現場で働いていれば介護福祉士国家試験を受験可能です。こちらも、介護技術講習を修了するか、国家試験で実技試験を受ける必要があります。

介護福祉士国家試験の難易度


平成31年に行われた第31回介護福祉士国家試験の受験者数は9万4,610人で、合格者は6万9,736人。合格率は73.7%です。第30回の合格率は70.8%で第29回は72.1%と、例年70%を超えています。

出典:厚生労働省「第31回介護福祉士国家試験合格発表」(2020年11月10日)

▼関連記事
ホームヘルパーとは?仕事内容や必要な資格など働く魅力をご紹介!
訪問介護員の具体的な仕事内容となるために必要な資格

▲目次へ戻る

訪問介護員のやりがい


訪問介護はスタッフとご利用者とのマンツーマンでケアを行うので、一人ひとりにしっかりと向き合った介護ができます。施設介護だと複数のご利用者を対応するため、1人にかけられる時間が短くなってしまう場合も。一方で、訪問介護であれば、ご利用者一人ひとりの気持ちに合わせた、丁寧な介護を実現できます。
訪問先のご利用者が明るく過ごしている姿を見て、「自分が手助けをしているから、ご利用者は元気に過ごせているのだな」と思えたり、直接感謝の言葉を受けとったりすることで「この仕事には意味がある」と感じる人もいるようです。

▲目次へ戻る

訪問介護員の現状


訪問介護員が足りていないと感じている人は平成28年の80.2%から令和元年の81.2%と、常に高い割合でいるようです。人手不足の要因として、事業所側から「採用が困難である」との回答が90%。同業他社との人材競争が激しく、他産業に比べて労働条件が良くないことが関係していると考える事業者は50%を超えています。
現在訪問介護員として活躍している人も、年齢や体力を理由に退職することが考えられ、今後も人手不足が深刻化する可能性が高いです。

出典:公益財団法人 介護労働安定センター「令和元年度「介護労働実態調査」の結果 」(2020年11月10日)

▲目次へ戻る

まとめ


本来、訪問介護の身体介護サービスを行うには資格を持っていることが必須です。無資格者派遣の期間は未定ですが、これから訪問介護員として働きたいと考えている方は、資格取得を目指すことをおすすめします。保有していることで業務の幅が広がる資格は、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修、介護福祉士です。無資格の人は、まずは初任者研修から資格取得を目指してみませんか。

▲目次へ戻る

介護のお仕事をお探しの方に「きらケア」のご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧