介護福祉士には資格手当がつくの?資格があると給料がどう変わる?

仕事 2020/06/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紙幣を持つ二人の女性

介護業界にはさまざまな資格があります。介護資格を保有する職員に対し、資格手当を支給する事業所は多いです。介護に関する資格を取得すれば、給料のアップに繋げられるでしょう。このコラムでは、介護福祉士の資格手当について詳しく解説します。また、資格の取得手段も合わせてご紹介。介護福祉士はどれくらいの資格手当をもらえるのか知りたい方は、ぜひご一読ください。

【目次】


介護福祉士にはどのくらいの資格手当がつくの?
介護福祉士の資格を取得する方法は?
介護福祉士以外の資格手当がつく資格
資格手当のほかにも介護職の手当はある?
まとめ

介護福祉士にはどのくらいの資格手当がつくの?


介護福祉士の資格を取得すると、どの程度の資格手当が見込めるのでしょうか。まずは、手当の詳細について見ていきます。

介護福祉士の月平均の資格手当は8,237円


公益財団法人 社会福祉振興・試験センター【社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要】によると、回答が得られた介護福祉士のうち、50.8%の割合で「資格手当がつく」と回答しています。月平均の資格手当額は、同調査によると8,237円です。

処遇改善策として資格手当をさらに引き上げている事業所も


厚生労働省【平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果】を見ると、施設別の資格手当の引き上げ、または新設を実施した割合が以下のような結果となっています。

<手当の引き上げまたは新設を行った割合>


・介護老人福祉施設:25.9%
・介護老人保健施設:22.2%
・介護療養型医療施設:19.7%
・訪問介護事業所:23.2%
・通所介護事業所:30.6%
・認知症対応型共同生活介護:30.3%
・居宅介護支援事業所:33.5%

資格手当の引き上げや新設を行った施設の割合は、それほど高くありません。しかしある程度の割合で、処遇改善策として資格手当を引き上げている事業所があるようです。

介護福祉士の給料は?


厚生労働省による「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」を参照にし、介護職全体の資格がある場合と無資格の場合との給料の違いを見てみましょう。これによると、以下のように4万円近い開きがありました。

・資格あり:303,460円
・資格なし:261,600円

また、介護福祉士と社会福祉士、ケアマネを比較してみると以下のような結果が出ています。

・介護福祉士:313,920円
・社会福祉士:336,340円
・ケアマネ(介護支援専門員):349,980円

ちなみに、介護施設のなかで介護福祉士の給料がもっとも高いのは介護老人福祉施設の342,230円。もっとも安いのは、通所介護事業所の277,010円でした。

出典:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要

厚生労働省
平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果
第34表 手当の引き上げまたは新設を行った内容,サービス種類別
第85表 介護職員の平均給与額等(月給・常勤の者)
(2020年06月23日)

▼関連記事
「介護福祉士ができること」とは?活躍できる場所や将来性

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

介護福祉士の資格を取得する方法は?


続いて、介護福祉士の資格を取得する方法をご紹介します。

介護福祉士の受験資格


介護福祉士を受験するのに、必要となる要件は以下の2つです。

・介護福祉士実務者研修の修了者
・介護の実務経験が3年(1,095日)以上、540日以上あること

なお、介護福祉士実務者研修の資格は、受験する年度の12月までに取得しておかなくてはなりません。たとえば令和3年の1月(筆記試験)と3月(実技試験)に介護福祉士の国家試験を受験する場合は、令和2年の12月末までに実務者研修の資格を取っておく必要があります。具体的な受験資格は以下のとおりです。

・介護福祉士養成施設(2年以上)を修了した者
・介護福祉士養成施設(1年以上)を修了した者
・3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護業務に従事し、実務者研修を修了した者

・経済連携協定(EPA)の介護福祉士候補者で、3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護業務に従事した者

介護福祉士になるルート


介護福祉士の資格取得へのルートは3つあります。

・実務経験ルート
介護現場での実務経験3年以上あり、介護福祉士実務者研修を修了してから介護福祉士の国家試験を受験するルートです。

・養成施設ルート
短期大学や専門学校などの介護福祉士の過程がある養成施設を修了して介護福祉士の国家試験を受験。最短1年ほどで介護福祉士の資格取得が目指せます。

・福祉課程のある高校ルート
福祉または福祉系の過程がある高校を卒業し、介護福祉士の国家試験を受験します。

介護福祉士国家試験


上記の受験資格を満たしたうえで、例年1月下旬に実施される筆記試験と、3月の上旬に実施される実技試験を受けて合格すれば介護福祉士の資格が得られます。なお、合格発表は例年3月下旬です。

出典:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
介護福祉士国家試験
(2020年06月23日)

▼関連記事
介護福祉士になるにはどうすればいい?最短で資格をとる方法

▲目次へ戻る

介護福祉士以外の資格手当がつく資格


介護業界には、介護福祉士以外にも資格手当のつく資格があります。ここで、具体例をいくつかご紹介しましょう。

介護職員初任者研修


介護職員初任者研修は、介護業界における登竜門ともいえる資格です。この資格があるかどうかで、仕事内容の幅に大きな違いがでてきます。介護福祉士実務者研修があると身体介護の業務に携わることができるため、多くの介護事業所で資格手当を支給しているようです。

介護福祉士実務者研修


介護福祉士実務者研修は、介護福祉士になるために欠かせない資格です。介護福祉士実務者研修があると、さまざまな介護事業所や介護施設でサ責(サービス提供責任者)として活動できるため、多くの介護施設で資格手当を支給しています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)


介護支援専門員は「ケアマネ」と呼ばれることが多い職種で、介護業界に欠かせないキーパーソンのような存在。介護を必要とする方にどういった介護を提供するか、その計画を記したケアプランの作成がおもな業務です。介護職員全体の平均給料額が300,970円であるのに対し、ケアマネは資格手当などもついて349,980円と、介護職のなかでもっとも高い給与水準となっています。ちなみに、介護福祉士の平均給料額は300,970円です。

出典:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要

厚生労働省
平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果
第85表 介護職員の平均給与額等(月給・常勤の者)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/dl/30kekka.pdf

▼関連記事
介護系資格の種類とそれぞれの取り方は?概要や試験内容をチェック!

▲目次へ戻る

資格手当のほかにも介護職の手当はある?


資格以外の手当をご紹介します。

夜勤手当


24時間運営している入所型介護施設などで支給されている手当です。日勤の方から業務を引継ぎ、翌朝まで働きます。夜勤のみを担当する夜勤専従という働き方は、効率よく稼げると人気です。

時間外手当


時間外手当は残業や早出に支給される手当です。介護の仕事はイレギュラーが発生するもの。スケジュール通りにいかないことも多く、残業をしなければならないこともあります。残念ながら、サービス残業を強いられることも多い介護業界。時間外手当をしっかり払ってくれる事業所はよい事業所と言えるでしょう。

家族(扶養)手当


家族手当は、家族がいる場合に支払われる手当です。一方、扶養手当は扶養している家族がいれば支払われる手当です。まだまだ取り入れている企業は少ないです。

通勤手当・交通費


通勤手当・交通費の支給は、多くの介護施設ですでに実施されています。企業によっては上限があるので注意しましょう。

移動手当


移動手当は、移動のともなう業務を行う際に発生します。一部の訪問介護事業所では取り入れられているようです。

職務手当(役職手当)


職務手当、役職手当は、特定の職に就いている社員に支払われる手当です。サ責やケアマネなどが該当するでしょう。

研修手当


勤務時間外に業務に必要な研修に参加した場合に発生する手当です。残業手当の代わりに支払われることが多いようです。

▲目次へ戻る

まとめ


介護福祉士の月平均の資格手当額は8,237円です。社会福祉士の月平均資格手当額は10,797円で、介護福祉士より社会福祉士の方が資格手当は高い傾向にあります。介護職の手当には、資格手当以外にも、夜勤手当や時間外手当、扶養手当、移動手当、職務手当(役職手当)などがあるようです。

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧