どうしたらいい?介護士が看護師と上手に付き合うための【3つの掟】

介護職の悩み 2022年9月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師

介護施設で人間関係が問題となるときに、よく浮上するのが介護側と看護側の対立です。本来隣接する専門分野であり、お互いの仕事内容をよくわかっている職種同士であるべきなのに、なかなかうまくいかない…という施設は少なくないようです。どうすれば、看護師さんと介護士さんはうまくやっていくことができるのでしょう?

目次

どちらも専門職であると理解し、尊重する

最初に理解しておきたいことは、看護師は介護士の上級職ではない、ということ。残念ながら、一部の看護師さんは「介護士よりも看護師の方が偉い」と思っており、介護士さんに対して高圧的な態度で接したり、見下すような発言をしたりする方もいるようです。専門の領域が異なるからこそ、違う職種が配置されています。お互いに相手の仕事内容を認め合って働かなければ、うまくいくはずがありません。

一方、介護士さんの中にも、看護師さんに対して劣等感を抱いてしまっているパターンもあります。
看護師に言われたことに納得いかないが、従ってしまう…。といった負の流れを自分たちで作り出してしまう方も多いようです。ケアは介護士の専門分野であり、それだけの専門知識を身につけているはず。自分の専門分野に立脚して、きちんと主張することが求められます。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

会話をする

両者がいがみ合っている際によく出る言葉として、「看護師(または介護士)は話を聞いてくれない」というものがあります。ですが、実際のところは単なる伝達上のミスだったり、入職して間もないために知識が不足しているためだったり、挙句の果ては両者同じことを主張していることも。

職種間だけでなく、人と人との関係は腹を割って話し合うことで、解決できることがあります。まずは、声をかけることからはじめてみるのもひとつの手です。「医療的な観点でのアドバイスがほしい」と、相手の専門分野に合わせて質問や相談をしてみてもよさそうです。当たり前のことのように思えるかもしれませんが、当たり前のことが、案外突破口となることもります。

とはいえ、そもそも威圧的な態度を取られてしまっては話すこともままなりません。また、歩み寄ってみたのに、変わらずイヤな態度を取り続ける方もいるかもしれません。そんなときはどうか落ち着いて、同僚や上司に本気で相談してみましょう。派遣社員の場合は、派遣元の担当者やカスタマーサポートに相談するのも効果的です。(愚痴や悪口に発展しないよう注意です!)

利用者さんのためになっているか考える

介護士と看護師の目指すべきは、「利用者さんの生活の質(QOL)向上」です。
介護施設は看護と介護が両輪を担う、一台の車。この二職種がいがみ合っていては、同じところをぐるぐる回り続けるだけになってしまいます。反対に、同じビジョンを持って協働すれば、これほど心強いものはありません。

看護師と介護士の人間関係は、職場の雰囲気に大きな影響を与えます。新しく介護をはじめるのであれば、両職種が仲良く働いている職場を選びたいですね。

看護師と介護士の関係性に関するよくある質問

ここでは、看護師と介護士の関係性に関するよくある質問を紹介します。

介護士は看護師から見下されていると感じやすいですか?

看護師と介護士は、利用者さまをケア・サポートするという役割は同じであり、互いに協力して業務に取り組むべき関係性といえます。そのため、どちらが「上・下」ということはありません。しかし、多忙な職場では上手くコミュニケーションがとれず、殺伐とした雰囲気になってしまい、看護師の指示が「厳しい…」「見下されているのでは?」と感じる介護士もいるかもしれません。

看護師と介護士が上手く付き合うために必要なことを教えてください

看護師と介護士が良好な関係を築くには、それぞれの業務や役割を理解し、尊重することが求められます。仕事をするうえで大事なことは、介護施設や事業所、医療機関を利用する方が、適切なケアを受けられるように努めること。同じ目標を持つ専門職として接することが必要です。詳しくは、この記事の「どちらも専門職であると理解し、尊重する」で解説しています。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護職の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護職の悩み」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧