16時間の夜勤はきつい?8時間の場合は?働くメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時計を持つ介護士のイメージ

「16時間の夜勤はきついのでは?」と夜勤に挑戦するのを躊躇っている介護士さんはいませんか?確かに16時間の夜勤は、勤務時間が長く心身の負担が大きい傾向があるため、大変な部分もあります。とはいえ、夜勤手当がついたりスキルアップにつながったりするなどのメリットも多いので、挑戦してみる価値はあるはずです。本記事では、夜勤の実態や仕事内容、メリット・デメリットなどについてまとめたので、ぜひご覧ください。

目次

介護の16時間夜勤はきつい?8時間夜勤との違い

介護の16時間夜勤は8時間夜勤に比べてきついイメージがあるかもしれませんが、人によって感じ方は異なります。それは、16時間夜勤と8時間夜勤のシフトに入る回数を比べると8時間夜勤のほうが多いためです。人によっては、一度に2日分働く16時間夜勤のほうが合っていると感じる人もいるでしょう。

8時間夜勤は3交代制でシフトにたくさん入る

8時間夜勤の場合、16時間夜勤に比べて勤務時間は短いですが、夜勤が終わった次の日も出勤になることがあります。3交代制では、「早番・遅番・夜勤」や「日勤・準夜勤・夜勤」のように、勤務帯を3つに分けて勤務するのが基本です。夜勤自体は8時間と短いものの、翌日が休みになるとは限りません。

16時間夜勤は2交代制でシフトに入る回数が少なめ

16時間夜勤の場合は、午後17時ごろから翌日の午前10時ごろまで長時間勤務しますが、夜勤明けの翌日が休みになることが多いようです。2交代制の場合、日勤と夜勤に分かれて勤務します。日勤帯の勤務時間の2日分に相当する夜勤は、身体的な負担も高いと考えられているため、翌日にシフトに入ることはあまりないようです。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

介護職の夜勤の実態

次に、介護職の夜勤の実態について解説します。「仮眠は取れる?」「勤務回数はどうなる?」などのよくある悩みを挙げたので、夜勤に興味のある介護士さんはチェックしてみてください。

夜勤で仮眠は取れる?

施設によって異なりますが、基本的に夜勤では仮眠を取ることが可能です。中央労働災害防止協会安全衛生情報センターの「労働安全衛生規則 第三編 第六章 休養(第六百十三条-第六百十八条)」によると、「事業者は、夜間に労働者が仮眠できる機会があるときは、仮眠の場所を男女別に設けなければならない」とされています。そのため、仮眠室のような場所は本来設けられているはずなので、そこでしっかりと仮眠や休憩を取ることになるでしょう。

ただし、夜勤担当者が1人のときや仮眠室が設けられていない場合は、なかなか仮眠を取れないこともあるようです。なお、8時間夜勤よりも勤務時間の長い16時間勤務のほうが仮眠や休憩の時間が充実する傾向にあります。「仮眠をしっかり取れるか心配…」という介護士さんは、あらかじめ希望する施設に仮眠室があるか、仮眠や休憩時間はどれくらいなのかを問い合わせておくと安心です。

夜勤をしたら翌日は休み?

夜勤の翌日は休みになるとは限りません。先述のとおり、3交代の8時間勤務の場合は、翌日出勤になる可能性もあるためです。2交代制の16時間勤務の場合は翌日が休みになることが多いですが、施設によって対応は異なるでしょう。

夜勤をすれば勤務回数は減る?

2交代制の場合、夜勤に入る日を増やすと勤務回数が減ります。先述のとおり、16時間夜勤は2日分に相当するため、仮に日勤で20日間勤める予定だった人がすべて16時間夜勤に入ることになった場合、勤務回数は半分程度になるでしょう。なお、3交代制の8時間勤務の場合は、1回の勤務時間としてカウントされるので、勤務回数は日勤の場合と同程度になるでしょう。

夜勤の仕事内容

介護士さんの夜勤の仕事内容は、食事の介助をはじめ、トイレの誘導、見回り、急な体調の変化への対処など、さまざまな業務があります。

1.食事介助

介護士さんが夜勤をする場合、まずは夕食の介助から始まるのが一般的です。食事介助には、夕食の準備や配膳、服薬指導、片付けなども含まれます。勤務時間が長い16時間夜勤の場合は、朝食の介助を行うこともあるようです。

2.トイレの誘導や排泄介助

入居者さんをトイレへ誘導するのも、夜勤を担当する介護士さんの大切な仕事です。トイレへの誘導は基本的に就寝前に行いますが、就寝後に行きたくなる利用者さんもいるので、人によって複数回対応する場合もあります。また、入居者さんの介護度によっては、おむつ交換を行うこともあるでしょう。

3.夜間の見回り

夜間の見回りを行い、入居者さんがどんな状態にあるかチェックすることも欠かせません。夜勤の介護士さんは、1~2時間おきに見回りをしながら、入居者さんの呼吸は大丈夫か、体調が悪いことを訴える方はないか、トイレに行きたがっている方はいないかなどを確認します。夜勤担当者が複数人いる場合は交代で見回りを行うので、負担は少ないでしょう。

4.就寝・起床の準備

夜勤は入居者さんの就寝時間と起床時間に仕事をすることになるため、就寝と起床の準備・介助をします。就寝準備では、歯磨き、寝間着への着替え、トイレの介助、ベッドへの誘導などが仕事内容です。起床の準備では、起き上がり、ベッドからの移動、普段着への着替え、排せつの介助などを行います。

5.緊急の対応

入居者さんの体調が悪化したり急に具合が悪くなったりするなどの緊急事態が発生した場合は、夜勤の介護士さんが対応しなければなりません。夜間は医療関係者がいないこともあるため、介護士さんの役割は非常に大きくなります。人によっては、きついと思うこともあるかもしれません。

夜勤手当はどのくらい出る?

労働基準法第37条では、「使用者が労働時間を延長させたり休日に労働させたりした場合は、2割5分以上5割以下で割増賃金を支給しなければならない」と定められています。具体的な夜勤手当の金額は、16時間夜勤の場合6,000~10,000円程度、8時間夜勤の場合は3,000~4,000円程度が一般的です。夜勤は心身の負担が大きくきついと感じる人もいますが、その分夜勤手当が出るのは利点といえるでしょう。

夜勤のメリット・デメリット

介護士さんの夜勤には、「きつい」といったデメリットのイメージががあるかもしれませんが、メリットもたくさんあります。これから夜勤に挑戦しようとお考えの介護士さんは、ぜひ参考にしてください。

夜勤の6つのメリット

介護士さんが夜勤に従事するメリットは、「夜勤手当がもらえて稼ぎやすい」「16時間夜勤の場合は連休が取りやすい」「通勤ラッシュを避けられる」などがあります。

メリットがあるからこそ夜勤に励めることもあるので、まずは自分に向いているかどうか確認してみましょう。

1.夜勤手当がもらえて稼ぎやすい

介護士さんが夜勤のメリットの一つは、割増賃金がもらえて稼ぎやすいことです。先述のとおり、夜勤に従事すると勤務時間によって手当が3,000~10,000円程度支給されます。夜勤回数が増えれば、もらえる額も増えます。夜勤のなかでも、16時間夜勤は心身の負担が大きいですが、賃金が増えれば満足感を得られるはずです。

2.16時間夜勤の場合は連休が取りやすい

夜勤の翌日は休みになることも多いため、比較的連休が取りやすいといえます。特に16時間勤務の場合は、夜勤明けの翌日も休みとなることが多く、公休と合わせれば連休になりやすいでしょう。16時間勤務であっても休みが多かったり連休が多かったりすれば、プライベートの時間を充実させることも可能です。

3.仕事のスキルアップができる

日勤の場合は介護士さんの人数が多いですが、夜勤の場合は少人数体制で業務を行わなくてはなりません。多くの仕事を効率よくこなしていく必要があるため、自然とスキルアップにつながるでしょう。また、現場経験を多く積めれば、急なトラブルへの対処方法も学べます。夜勤できついと感じることはあっても、努力次第で介護士さんとしての能力を高められるのがメリットです。

4.転職で選べる求人の幅が広がる

人手不足の介護業界では、多くの施設で夜勤不足が課題になっています。とはいえ、日勤の介護士さんは足りているという施設は少なくありません。夜勤ができる介護さんを求める施設は多いので、転職の際に幅広い求人から応募先を探すことが可能でしょう

5.仕事のペース配分がやりやすい

夜勤の業務は少人数で行うことが多いので、自分のペース配分で仕事がしやすいのもメリットの一つです。複数のスタッフさんがいると人によって業務の進め方が異なる場合もありますが、夜勤の場合は自分なりのやり方を試みることも可能でしょう。

6.通勤ラッシュを避けられる

通勤ラッシュを避けられるのも夜勤のメリットです。朝仕事に向かい、夜帰宅する生活の場合、通勤ラッシュに巻き込まれることが多くなります。夕方に出勤して朝はゆっくり帰宅できる夜勤では、気持ちの面でも楽になれるでしょう。

夜勤の3つのデメリット

夜勤をするデメリットは、「夜間は少人数体制のため負担や責任が増える」「生活リズムが乱れることがある」などが挙げられます。「夜勤はきつい」というイメージがどんなことに起因するのか知りたい方は、以下を確認してみてください。

1.夜間は少人数体制のため負担や責任が増える

夜勤は少数のスタッフで行う傾向にあるため、介助や緊急対応への負担は日勤よりも増えます。入居者さんへの気配りも普段以上に必要なので、責任も大きくかかってくるでしょう。

特に16時間勤務では、日勤よりも長く緊張状態が続くことも。とはいえ、日勤に比べると業務量自体は減る傾向があるため、負担に感じるかどうかは人によって異なります。

2.生活リズムが乱れることがある

夜勤と日勤のどちらも行う介護士さんは、どうしても勤務時間が不規則になるため、生活リズムが乱れることがあります。生活リズムが乱れると、心身への負担になり、きついと感じやすい状態に。睡眠不足が続くと業務の遂行も難しくなるため、仮眠や休憩の時間をうまく使ってきちんと休息を取ることが大切です。

3.緊急時に対応しなければならない

医師や看護師さんがいない施設の場合、夜間に利用者さんの急変があれば、夜勤の介護士さんが対応しなければなりません。「緊急事態に臨機応変に対応できるか不安…」という人にとっては大きなデメリットになる可能性があります。とはいえ、夜勤に入る前には日勤の業務で仕事に慣れていたり先輩介護士さんからの十分な指導があったりするはずです。いきなり夜勤に一人で従事することはほとんどないので、経験を積んでから対応すれば問題はないでしょう。

夜勤で働く際に確認しておくべき3つのポイント

介護士さんが夜勤で働く前に確認しておくべきポイントは3つあります。転職して夜勤に挑戦しようとお考えの介護士さんは、以下のポイントをしっかり押さえておきましょう。

1.夜勤の回数を確認しておく

転職先を探す際には、月に夜勤を何回程度担当するのか、勤務体制はどのようになるのかを確認しておきましょう。この点をしっかり確認しておかなければ、後でギャップを感じることになり、仕事を続けられなくなる場合もあるでしょう。夜勤がある場合、月に4~5回程度入るのが多いですが、なかには6~8回、10回という施設も見受けられます。夜勤の回数は、特に制限が設けられているわけではないので、しっかりと確認しておいてください。また、夜勤回数とともに、2交代制か3交代制のどちらなのかもチェックしておきましょう。

2.休憩室の有無を確認しておく

夜勤は心身の負担も大きくなりやすいので、休憩室や仮眠室の有無を確認しておくことも大切です。16時間夜勤の場合、2時間程度の仮眠時間が設けられているのが一般的ですが、仮眠が取れる休憩室がない施設では、仮眠を十分に取りづらいこともあります。仮眠をすれば体力的な負担は減りますが、取れなければ精神的にも肉体的にもきついと感じるでしょう。そのため、夜勤がある施設に応募する際は、休憩室の有無を必ず確認するようにしてください。

3.休憩・仮眠時間を確認しておく

勤務する前に、休憩・仮眠時間を確認しておきましょう。日本医療労働組合連合会の「2019年介護施設夜勤実態調査結果」によると、勤務形態別の休憩・仮眠時間の平均は、8時間夜勤の3交代で1時間2分、16時間夜勤の2交代制で2時間14分でした。これは就業規則に定められた休憩・仮眠時間のため、実際にスタッフがその時間を休めているかどうかを示すものではありませんが、それでも各施設の平均的な状況を物語っています。夜勤に挑戦する介護士さんは、平均に比べて休憩・仮眠時間が少な過ぎないか、確認するようにしましょう。

夜勤に挑戦するなら事前にきちんと職場を知ろう!

16時間の夜勤は、「夜勤手当がつき稼ぎやすい」「スキルアップにつながる」「転職先を見つけやすい」といったメリットが多くあります。ただし、生活リズムが乱れやすかったり、心身的にきついと感じやすかったりするため負担を感じる場合も。夜勤に挑戦する際は、施設の職場環境や夜勤勤務の実態について事前に把握しておくことが大切です。

また、経験の浅い介護士さんの場合は、日勤で十分な経験を積んでから夜勤に挑戦するのがおすすめ。施設によっては夜勤を1人で担当する場合もあるため、基本的な介護スキルだけでなく、緊急事態に対応できる力を養っておく必要があるためです。

介護業界専門の転職エージェントであるきらケア介護求人では、「夜勤勤務をしてみたい」「条件に合った施設を探したい」という介護士さんの転職活動をサポートいたします。プロのアドバイザーが、丁寧にカウンセリングを行い、あなたの希望に沿った施設や事業所をご紹介。施設の社風や職場環境などの細かな情報もご提供できるので、入職後のミスマッチも減らせます。興味のある方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

16時間勤務の夜勤についてよくある質問

16時間勤務の夜勤についてよくある質問に回答します。「16時間も働ける自信がない…」と、お悩みの方は、ぜひご覧ください。

16時間勤務の夜勤ってきついの?

16時間勤務の夜勤は、8時間勤務の夜勤より勤務時間が長い分、疲労や眠気を感じやすいため、きついと感じることがあります。しかし、16時間勤務の場合、シフトに入る回数が少なくなり、休日が増えるのでゆっくり過ごすことが可能です。

16時間勤務の夜勤は向き不向きがあるので、自分に合っているかどうかしっかり考えましょう。「夜勤の仕事内容」で夜勤の仕事内容を詳しく解説しているので、どんな仕事をするのかイメージする参考にしてみてください。

16時間勤務では何時間休憩できるの?

8時間以上勤務する場合は、1時間以上の休憩を取らなければいけません。1時間の休憩は必須ですが、それ以上の休憩時間や仮眠の有無は施設によって異なるので、施設に事前に確認することが大切です。「介護職の夜勤の実態」で、夜勤の休憩や勤務回数について詳しく解説しているので、どれほど休めるのか気になる方は、ぜひご一読ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事介護職の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧