介護職のストレスの原因とは?限界を迎える前に知っておきたい対処法を紹介

介護職の悩み 2020年12月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職のストレスの原因とは?限界を迎える前に知っておきたい対処法を紹介の画像
どんな仕事でもストレスは付きものです。特に介護職は、やりがいがある一方で身体的・精神的にストレスを感じる瞬間が多くあるといわれています。このコラムでは、具体的にどのようなことにストレスを感じるのか、ストレスに限界を感じたときの対処法、ストレスを溜め込みやすいブラック施設の見極め方などをご紹介。ストレスに悩む介護職の方はぜひご覧ください。






目次

介護職が感じるストレスの原因

給料の低さや身体的負担がかかることなど、介護職ならではのストレスや悩みを抱えている方は少なくありません。具体的に、どういったことにストレスを感じるのか、こちらで紹介します。

慢性的な人手不足

介護業界は「仕事がハードな割に給料が低い」「身体的な負担が多い」「休みにくい」などの理由から、離職率が高く慢性的な人手不足に陥っています。人手が足りないと介護職員一人ひとりの負担が大きくなるため、ストレスの原因となっているようです。今後も日本の高齢化は進み、少子化も加わって介護職員の人手不足は深刻化していくことでしょう。国としても介護人材の確保を大きな課題としています。

給料が低い

介護職員は、給料が低いイメージが強く根付いています。実際、現在の給料に不満を抱えている介護職員は多く、給料が上がらないことが将来的な不安や不満につながり、大きなストレスになるようです。介護職員が給料をアップするには、資格を取得して役職に就くなどしてキャリアアップし、資格手当や役職手当などを増やしていくしかありません。そのためには勤務時間外にも資格取得のための勉強をしなくてはならないことも、ストレスになっているようです。

有給休暇が取りにくい

有給休暇は労働者にとって当然の権利です。しかし、介護施設によっては有給休暇が取りにくい雰囲気であることも。特に人手不足の施設では、介護職員が1人休むだけで業務を十分に回せなくなってしまう可能性があり、「ほかの職員に迷惑をかけるから」「後で忙しくなるから」と有給を取ることをためらう方もいるようです。また、まわりの介護職員が有給休暇を取っていない状況で、自分だけ取得するのも気が引けるのでしょう。休みたいときに休めないとストレスが溜まる一方です。有給休暇を取得したとしても、罪悪感や後ろめたさが残るような施設では、働き続けることは難しいといえます。

身体的負担が大きい

介護職はご利用者を抱き上げたり、支えたりする動作が多いため、体に大きな負担がかかります。ご利用者の介護度によって異なるものの、日常的にベッドから車椅子への移乗や前傾姿勢でのオムツ交換などをしなくてはならないため、腰や膝の痛みに悩まされている方は少なくありません。こういった身体的な負担や不調もストレスにつながります。さらに介護職は、早番や遅番、夜勤など不規則な勤務が多いので、疲労が蓄積するようです。

職場の人間関係

介護の現場では、異なる年齢・経歴・職種の方が働いています。年齢や経歴が違えば、仕事に対する考え方や価値観に違いが生じるため、人間関係に悩む方が多いようです。さらに、介護現場では介護職だけでなく、医師や看護師といった仕事内容が異なる専門職とも連携しなければなりません。しかし、なかには介護職と専門職が対立しあっていて連携できていなかったり、雰囲気が悪かったりして、職場の人間関係がストレスの原因になっている方がいるようです。また、介護職は少人数でチームを組むため、閉鎖的な環境になりやすく職員同士のコミュニケーションに問題が生じることがあります。特に入所施設では、介護職員が同じ空間のなかで業務を一緒に行う時間が長く、合わない職員との関係がストレスになるようです。

ご利用者・ご家族との人間関係

介護現場では、ご利用者やご家族との人間関係も切り離せません。一生懸命介護にあたっても、ご利用者やご家族から心無い言葉を浴びせられることがあり、心身共に疲れてしまうのです。ときには暴力を振るわれることもあり、ストレスを溜めてしまう介護職員は少なくありません。特に慣れていない新人介護職員は心が折れやすいようです。

施設・事業所の運営方針と合わない

介護職員のなかには、施設や事業所の運営方針に不満を持っている方もいます。たとえば、施設を運営している会社や企業から売上を伸ばすことを求められ、効率を重視してご利用者に寄り添ったケアができないことがあるようです。また、人手不足や運営方針を理由に「これがうちのやり方だから」とろくな教育や指導が行われないまま仕事を任されることもあります。そういった施設の方針に対して不満を持つ方は少なくありません。こういった場合、職場の理念や運営方針と自分がしたい介護との間にギャップが生まれ、モチベーションが下がり、ストレスを感じてしまうようです。

夜勤や残業、長時間労働

介護職は夜勤や残業、長時間労働が多く、勤務形態が不規則になりがちです。そのため、生活のリズムが狂ったり、家族との生活時間のずれたりするなど、大きな影響を受けてしまいます。特に人手不足の介護施設では、夜勤や残業、長時間労働を強いられることがあり、身体的にも精神的にもストレスに感じている方は少なくないでしょう。

災害や感染症などの対策

近年、多発する自然災害や新型コロナウイルス感染拡大などにより、ストレスを感じている介護職員も多いようです。特に、ご高齢者が集団生活を営む入居施設では、災害が起こってもすぐに避難することが難しく、感染症が発生すると集団クラスターにつながる可能性があります。実際に災害や感染症が発生した場合、介護職の方はかなりの緊張感を保ちながらご利用者を支援しなくてはならないことがストレスの原因となるようです。また、災害や感染症によって不自由さや違和感を抱えながら暮らすご利用者の不満やストレスを感じ取って、介護職員は大変な思いをしています。

▼関連記事
介護職が精神を病む理由とストレスが限界なときの対処法

▲目次へ戻る

\登録1分! /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

燃え尽き症候群には要注意!

燃え尽き症候群とは、別名「バーンアウトシンドローム」ともいいます。近年、介護業界で話題になっており、昨日まで意欲的に働いていたのに突然まるで燃え尽きたかのようにやる気を失い、倦怠感で仕事ができなくなってしまう心の病の一つです。真面目で仕事に意欲的な方ほど発症しやすいといわれており、人によっては燃え尽き症候群によって離職してしまうケースもあります。そのため、介護の現場において、燃え尽き症候群の予防や改善が重要な課題となっているようです。以下で燃え尽き症候群の兆候について紹介するので、当てはまっていないかチェックしてみましょう。

肉体的症状

燃え尽き症候群の兆候として、次のような身体的な症状が現れるといわれています。

・吐き気
・高血圧
・息切れ
・不眠、朝起きられない
・食欲不振、メニューへのこだわりがなくなる
・胃腸の障害、吐き気や倦怠感など
・アルコールを飲む頻度が増える

身体的な症状の多くは、体調が悪いと感じても我慢できてしまうのが特徴です。そのため、仕事を休むほどではないと頑張ってしまい、後に深刻な不調を引き起こしてしまいます。

精神的症状

精神的な症状は、次のような兆候が現れることが多いといわれています。

・仕事に対する意欲の減少、好きだったことに無関心になる
・他人に無関心になる、他人と関わることに疲れを感じる
・怒りっぽくなる、少しのことでもイライラしてしまう
・自分に自信がなくなる
・疲労を強く感じる
・常に仕事のことを考えてしまう

精神的な症状は、仕事に対する意欲がなくなったり、反対に仕事のことが頭を離れなくなったりすることが多いようです。ストレス発散しようとしても思うように楽しめず、余計にストレスを感じることも少なくありません。

▲目次へ戻る

ストレスが限界に達したときの対処法

介護職員がストレスを抱えたままだと、質の高いケアを提供することができません。こちらでは、ストレスが限界に達したときの対処法やストレスの解消法を紹介します。

ストレスの原因を考える

まず、自分にとって何がストレスの原因になっているのか、考えることが大切です。自分がイライラしているときや落ち込むときのタイミング、どんな言動をしているかを書き出してみましょう。客観的に自分を把握することができ、ストレスの原因がわかって対処法や解消法が見えてくるはずです。

人に悩みを話す

ストレスを感じたときは、誰かに悩みを話すことも有効です。1人で限界まで抱え込む前に、家族や友人に愚痴や不満、不安などを吐き出しましょう。ただ聞いてもらうだけでストレスを解消することができます。ただし、悩みを話す相手として職場の同僚を選ぶのは避けてください。特にストレスの原因が職場の人間関係なら、愚痴は陰口として仲間の耳に入ってしまう可能性があります。そうなると人間関係が悪化し、さらなるストレスに繋がってしまうかもしれません。

価値観の違いを受け入れる

同じ職場で働く仲間でも、介護に対する価値観は一人ひとり違います。自分との違いにいちいちストレスを感じていてはキリがありません。ときには「そんな考え方もあるのか」と、ほかの人の価値観を知る良い機会だと考えるようにしましょう。 人は人、自分は自分なのだと、受け入れることも大切です。また、ほかの人の価値観を知るときには、ご利用者に対して行っているのと同じように傾聴・受容・共感を大切にしたコミュニケーションを心掛けましょう。

職場環境の見直し

ストレスに限界を感じたときは、職場環境を見直してみましょう。人間関係が原因なら異動を願い出てみたり、夜勤が多いなら減らしてもらえるように相談したりするなど、できることがきっと見つかるはずです。ストレスを我慢するのではなく、限界を感じる前に行動してみましょう。また、思い切って転職することで働く環境を変えることも一つの方法です。

趣味で気分転換

ストレスを解消したいのなら、趣味に没頭するなどして気分転換しましょう。本を読む、映画を見る、ショッピングに出かけるなどして、休日を有意義に過ごすことができればストレスは大きく軽減できるはずです。心身に負担のかかる介護職は休日にゆっくり過ごすだけでも、ストレス解消に有効といえるでしょう。

とにかく寝る

疲れた体を癒すには、ゆっくり休むことが大切です。介護職は勤務時間が不規則になりがちで、生活リズムやホルモンバランスが乱れ、寝たくても眠れないこともあります。寝不足だと判断力や思考力が低下して仕事中にミスをしてしまい、落ち込んでストレスをさらに悪化させるという悪循環を招きかねません。とにかくゆっくり寝ることができるように睡眠時間を確保しましょう。

適度な運動

ストレスを解消するには、適度な運動もおすすめです。「仕事以外で体を動かしたくない」と思う方もいるでしょうが、適度な運動は肉体疲労や気分転換、寝不足解消など、ストレス発散にもってこいといえます。運動が苦手な方は、ストレッチやウォーキングなど自分に合った運動を行いましょう。

旅行をして日々の疲れを癒す

思い切って連休を取り、旅行に出かけてみるのも良いでしょう。友達を誘っても良いですし、1人でのんびりと旅行を楽しむのもリフレッシュにつながります。特に温泉旅行は腰痛改善やリラックス効果もあるのでおすすめです。連休が取れなくても日帰り旅行やツアーに参加するだけでも、ストレスも発散できるでしょう。旅行から帰ってきたら、気持ちも新たに仕事に取り組めます。

エステやマッサージで自分にご褒美を

介護職は体が資本です。たまの休日には、エステやマッサージなどを利用し、自分の体をいたわってあげましょう。体がほぐれれば腰痛や体のこりが解消され、睡眠不足も改善できるはずです。毎日のようにご利用者の体を気遣っているので、ときには自分にご褒美をあげましょう。

▲目次へ戻る

辞めてよかった!ブラック施設の特徴

介護施設の中には、ストレスを溜め込みやすいブラック施設もあります。こちらでは、辞めたほうが良い職場環境の特徴を確認しましょう。

労働基準法を守れていない

労働基準法では、少なくても週に1回の休日を与えなくてはいけないと定められています。さらに、原則として1週間の勤務時間は40時間まで、1日の勤務時間は8時間までという労働時間の制限もあるのです。しかし、人手不足だからという理由で定められた勤務時間を過ぎても介護職員を働かせる介護施設もあります。こういった労働基準法を守れていない施設は退職したほうが良いでしょう。

無理な残業・休日出勤・夜勤が多い

休日出勤や夜勤などは、時間外手当や休日出勤手当が付くので、休日や夜勤を中心に働く方も少なくありません。しかし、残業をしても残業代が付かない、休日出勤を強制する、日勤もしながら月に何度も夜勤に入らなければならないといったことが多いと、精神的・肉体的負担は非常に大きくなるでしょう。なかには「タイムカードを押した後に仕事をさせる」という悪質な職場もあります。サービス残業は明らかな違法行為なので、そういった施設は辞めたほうが良いでしょう。

いじめ・ハラスメント

いじめやパワハラ、セクハラは、職員同士だけでなく施設の管理者やご利用者から受けることもあります。現在働いている介護施設や事業所では当たり前のことでも、いじめやハラスメントが横行しているのは普通ではありません。そういった職場は雰囲気が悪いことが多く、いじめやハラスメントに対する対策をしていないため、退職を検討したほうが良いでしょう。

違法な医療行為を強いる

介護職員は、インスリン注射や褥そうの処置、血糖測定などを行うことは禁止されています。しかし、人手不足の介護現場では、医師や看護師にしか認められていない医療行為を行わせることがあるようです。介護職員が医療行為を行うことは違法行為なので、事実が露見した場合、施設や事業所だけでなく、個人が罰せられる可能性もあります。実際、警察によって書類送検されたケースもあるようなので、医療行為を強いる施設は辞めたほうが良いでしょう。

▼関連記事
賢く転職したい人のための、ブラックな介護事業所の見分け方

▲目次へ戻る

精神を病みそうになる前に転職するのもあり!

ストレスで精神を病みそうなときは、そうなる前に転職するのも一つの方法です。職場が大きく変われば、抱えているストレスを解消できるかもしれません。

介護は本来やりがいのある仕事

介護職は本来やりがいのある仕事です。もし耐えられなくなったら、転職を検討してみましょう。特に近年、介護のニーズはどんどん高まっているので、業務改善や働き方改革に力を入れている介護施設はたくさんあります。介護職員処遇改善加算なども行われ、給料も年々増加傾向。コンプライアンスを重視している介護施設や事業所も多く、健全な職場も見つけられるでしょう。

▼関連記事
【介護職】転職したけどすぐ辞めたい…そんな時は思い切って転職もあり!

▲目次へ戻る

まとめ

介護職がストレスを感じる原因は、人手不足や給料の低さ、有給休暇の取りにくさなど実にさまざま。ストレスを溜め込みすぎると燃え尽き症候群を引き起こしかねないので、限界を感じたときは親しい人に相談したり、趣味や運動で気分転換したりするなどしてリフレッシュしましょう。しかし、勤務先の介護施設が労働基準法を守っていない、残業や休日出勤などが多い、いじめやハラスメントが横行している場合は辞めてしまったほうが良いかもしれません。介護職は本来やりがいのある仕事。ストレスを感じることが多いときは、転職も検討してみてください。

▲目次へ戻る

いまのお仕事にお悩みの方は「きらケア」のご紹介

介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴

・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声

私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 介護職の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護職の悩み」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧