介護福祉士のやりがいとは?仕事内容やメリットもご紹介!

介護の仕事 2022年9月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイルを持ったシャツを着た女性の画像

介護福祉士は、介護分野の最高峰に位置する業界唯一の国家資格です。このコラムでは、介護福祉士の担う社会的な役割や仕事内容についてご紹介。また、仕事を通して得られるやりがいについても詳しく解説します。すでに資格取得を目指して取り組まれている方はもちろん、これから介護業界で就業を検討している方も、ぜひ参考にしてください。

目次

介護福祉士とは

要介護者の自立支援を目的として介護利用者の意志を尊重しながら、必要な介護サービスを提供する介護福祉士。まずは、介護福祉士が社会で果たす役割や資格の概要について解説します。

介護福祉士は介護分野の頂点にある業界唯一の国家資格

介護福祉士は介護業界で唯一の国家資格です。介護福祉士は介護利用者の自立した生活の実現に取り組む福祉のプロとして、介護職の手本となる指導的な役割を果たしています。

介護福祉士の資格を取得するためのカリキュラムにあるのが、福祉のプロとしての自覚を養う「人間の尊厳と自立」という授業。これは、健康な人も身体の不自由な人も平等な立場で互いに尊重しあえる、社会のあり方について学ぶものです。介護サービスを提供する目的や介護利用者の自立した生活のあり方、介護に向かう基本的な姿勢を学びます。
また、認知症のある方に対する介護対応について考える「認知症の理解」も重要なカリキュラムです。認知症の原因をはじめ、どのような症状となって日常生活に現れるのか、認知症の方やそのご家族との関わり方はどうすれば良いのかといった、認知症介護のポイントをしっかり学びます。さらに介護福祉士のカリキュラムでは、以下のように高齢者が最期を迎える宿命への対処法についても、深い知識と技術を養うのです。

・老化によって人の心身はどのような状態に置かれるのか
・死を前にした精神的な危機をどのようにして乗り越えるべきか
・肉体的な老化とどう向き合うべきなのか

これだけを見ても、介護福祉士が福祉のプロとして深い知識と技術を学んでいることがよくわかるでしょう。

▼関連記事
介護福祉士はどんな職業?仕事内容ややりがいをご紹介

働きながら資格を取る方法教えます

アドバイザーに相談する(無料)

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには、「介護福祉士国家試験」に合格しなくてはなりません。国家試験を受験するためには、下記のような条件が求められます。

介護福祉士の受験要件

実務経験が3年以上必要

介護福祉士試験を受験するためには実務経験3年(1,095日)以上、かつ従事日数540日以上という条件を満たす必要があります。実務経験とは、介護分野の職種に就いて働いた期間のこと。これには、在職期間中の「産休、育休、病休」なども含まれます。

介護福祉士実務者研修を取得する

平成28年度(2017年)の介護福祉士試験から、介護福祉士実務者研修の修了者であることが受験要件になりました。一般の方が受験する場合は、「従業期間・従事日数」と「介護福祉士実務者研修」の両方の資格要件を満たす必要があります。

介護福祉士国家試験を受験する

資格要件を満たした人は、例年1月下旬に実施される筆記試験と3月上旬の実技試験とで構成される介護福祉士国家試験を受験。試験に合格すれば、介護福祉士として登録されます。

▼関連記事
【最新版】介護福祉士試験って難しい?合格率や勉強法まとめ【2020年第32回】

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の資格があれば、どのような仕事に就けるのでしょうか。いくつか具体的にご紹介します。

介護福祉士はどのような介護施設で活躍している?,/h3>
介護福祉士が活躍する施設別に、具体的な仕事内容を見ていきましょう。

訪問介護事業所(居宅介護)

訪問介護事業所は、介護を必要とする方が自宅で自立した生活が送れるように訪問して生活のサポートを行う介護事業所です。介護福祉士は、介護業務や事業所全体の介護サービスの計画、品質管理などを担います。また、現場スタッフの指導なども介護福祉士の業務です。

特別養護老人ホームや有料老人ホーム(入所型介護)

介護福祉士は特別養護老人ホームや有料老人ホーム、介護老人保健施設などに所属し、介護サービスの計画や介護の質を向上させる取り組みを実施。特別養護老人ホームは要介護度の高い方が入居しているため、介護福祉士の介護業務や現場スタッフへの指導力が非常に重要視されます。また、利用者が療養やリハビリを行って居宅復帰を目指す介護老人保健施設でも、介護福祉士は医療関係者やリハビリ担当者らと連携しながら介護分野を担う重要な役割を果たしているのです。

障害者施設

介護福祉士は介護分野の施設だけでなく、障害のある方が利用する障害者施設などでも重要な役割を果たしています。具体的な役割は、障害のある方の生活をサポートするための生活支援や身体介護、リハビリ、就労支援といった自立へ向けた取り組みを行うこと。障害者施設における介護福祉士のおもな仕事は、障害のある方が社会の一員として暮らしていくための支援業務です。

▼関連記事
介護福祉士の仕事は大変?施設ごとの働き方と業務のやりがい

介護福祉士のやりがいはどんなところにある?

介護福祉士は、どんなやりがいを感じて仕事に取り組んでいるのでしょうか。介護福祉士の資格があれば、サービス提供責任者として活動することも可能です。ここではサービス提供責任者を務める介護福祉士を想定して、実際のやりがいについて考えていきます。

自宅へ帰りたいというご年配の方をサポート

介護老人保健施設の役割は、療養やリハビリを通して身体の機能改善をはかり、居宅復帰を目指すことです。介護福祉士はこのような施設でサービス提供責任者として所属することが多く、機能を改善させて自宅へ早く帰りたいと願う高齢の方のサポートを行っています。

具体的には、歩行が困難なため自宅で暮らせない高齢の方が歩行訓練といったリハビリを受けることで、居宅復帰を目指すようお手伝いするなど。このケースで介護福祉士は、本人やその家族との話し合いを通じて、どのようなプロセスで居宅復帰を目指すのかのプランを立てます。
プランについて、例えば毎日2時間ほどの理学療法士の指導によるリハビリ訓練を受けて、2カ月後には歩けるようになり自宅へ帰ることができる予定としましょう。介護福祉士は利用者さんのそばに付き添いながら、自宅へ帰れるように関係者と連携しながらサポートを行います。やがて、介護福祉士が立てたプランとリハビリが功を奏して利用者さんの機能が回復。自宅へ帰る日がやってきます。その際には、利用者さんや家族から介護福祉士に感謝の言葉が伝えられることでしょう。その言葉が、介護福祉士のやりがいであり醍醐味でもあります。

介護福祉士として働くメリット

介護福祉士として働くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

サービス提供責任者としてで長く働ける

サービス提供責任者の資格要件は、介護福祉士などの資格があることです。そのため、多くの介護施設で介護福祉士がサービス提供責任者として活躍しています。介護福祉士の資格保持者はサービス提供責任者や施設管理者として活躍してもらえるので、事業者側にとってもメリットが大きく介護業界での転職や就職に有利です。

介護に関する高度な技術と知識が習得できる

介護福祉士になるための研修内容は、「介護の倫理」から「人間の尊厳と自立」「認知症の理解」まで非常に充実しています。そのため、介護業界の仕事で重要視されるだけでなく、ご自身の家族に介護が必要となった際にも役立つでしょう。

資格手当が給料に加算される

介護福祉士には資格手当が支給される場合があります。給料が上がるだけでなく、介護のプロとして介護事業所などで重要なポジションに就きやすくなるでしょう。

介護福祉士の仕事についてよくある質問

介護福祉士の仕事についてよくある質問に回答します。「介護福祉士ってどんなことをするの?」と、疑問に思う方はぜひチェックしてみてください。

介護の仕事で大切なことは何ですか?

介護の仕事をするうえで大切なことは、利用者さんの心に寄り添い、些細な変化にも気づくことです。ほかにも、常に最新の介護知識や技術について学ぶ向上心やコミュニケーション能力も介護に欠かせない能力といえます。

介護とは何かを解説!職員として働ける場所や仕事に取り組む際に大事なこと」の記事で、介護に大切な5つのポイントを解説しているので、あわせてご覧ください。

介護福祉士として働くメリットにはどのようなものがありますか?

介護福祉士として働くメリットには、「より専門的な介護に関する知識やスキルを身につけられること」と「資格手当により、給料が増えること」があります。ほかにも、サービス提供責任者になる条件をクリアできるので、さらなるキャリアアップを目指せるでしょう。

介護福祉士として働くメリット」で、介護福祉士として働く魅力を詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

まとめ

介護福祉士は、介護業界で最高峰に位置する業界唯一の国家資格です。介護福祉士は訪問介護事業所や介護老人保健施設などで、サービス提供責任者として活躍するケースが多い傾向にあります。介護の効果が出て自立した生活が送れるようになった利用者さんや家族から感謝の言葉がもらえたとき、介護福祉士として大きなやりがいを感じられるはずです。

働きながら資格を取る方法教えます

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧