ケアマネと介護福祉士の違いは?受験資格や仕事内容を比較!

資格・試験 仕事 2020/05/07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
違いを比べる女性のイメージ

ケアマネジャーと介護福祉士、資格や業務内容などを混同してしまっている人はいませんか?いずれも、介護業界で活躍するうえで役立つ資格ですが、資格取得を検討しているなら、まずは両者の違いをしっかり理解しておきましょう。そのうえで、自分にどちらの資格があっているのか、将来の展望なども踏まえながら考えてみてください。

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

【目次】


ケアマネと介護福祉士の違い①受験資格
ケアマネと介護福祉士の違い②仕事内容
まとめ

ケアマネと介護福祉士の違い①受験資格



答えを示す女性のイメージ

まずは、ケアマネ(ケアマネジャー)と介護福祉士の違いについて解説します。
ケアマネと介護福祉士は資格試験を受けるために必要な要件(受験資格)が大きく異なります。働きながら取得を目指す場合、介護福祉士は3年以上、ケアマネは5年以上の実務経験が必要です。以下で主な受験資格をご紹介します。

ケアマネの受験資格



ケアマネの資格は各都道府県が実施している資格制度です。受験できるのは以下いずれかに該当する人。また、どちらも5年以上かつ900日以上実務経験が求められます。

◎受験資格①以下の相談業務に従事


・生活相談員(特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護など)
・支援相談員(介護老人保健施設における支援相談員)
・相談支援専門員(計画相談支援、障害児相談支援における相談支援専門員)
・主任相談支援員(生活困窮者自立相談支援事業などの主任相談支援員)

◎受験資格②指定された国家資格に基づく業務に従事


以下いずれか、保健・医療・福祉系の国家資格にもとづく5年以上かつ900日以上の実務経験のある方。
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士

なお、2018年から受験資格が変更になりました。変更前はケース・ワーカーも含まれていましたが、現在は除外されています。

上記いずれかの受験資格が得られたら、介護支援専門員実務研修受講試験を受験。合格してから所定の研修を受講することで、ケアマネジャーとして登録され資格証が交付されます。

介護福祉士の受験資格



介護福祉士は国が実施する国家試験です。受験資格を得るためには、以下3つのルートがあります。

①介護福祉士を養成する専門学校などで規定の課程を履修する
②福祉系の高校を卒業する
③介護系の実務経験が3年以上あり、実務者研修を修了する(このルートは実技試験が免除されます)

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

ケアマネと介護福祉士の違い②仕事内容



ケアマネと介護福祉士とでは、仕事内容にも大きな違いがあります。

ケアマネジャーは、介護保険の利用者に対して直接介護を行うことはありません。おもな業務には、介護保険の利用者を対象にしたケアプランの作成や給付管理が挙げられます。また、利用者やその家族からの相談を受けたり、介護の指導を行ったりすることもケアマネジャーの仕事です。

一方、介護福祉士のおもな仕事は、介護を必要とする方へのケアプランに沿った身体介助です。また、介護を必要とする方のご家族から相談を受け、アドバイスすることもあります。

出典:京都府ホームページ「令和元年度(第22回)京都府介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」(2020年4月)


ケアマネの具体的な仕事内容



要介護認定の申請代行



ケアマネは市町村などからの委託を受けて、要介護認定申請者の自宅を訪問。心身の状態を確認して、要介護認定を申請するための書類作成・提出など代行業務を行います。

ケアプランの作成と管理



介護サービスの利用者が要介護認定を受けたら、ケアプランの作成にとりかかります。ケアプランの作成はケアマネにしかできない大切な業務。ケアプランに沿った介護サービスが開始されると、利用者の自宅を訪問して適切な介護が行われているかケアマネがチェックします。

給付管理



支給限度額の確認や利用者負担額の計算、サービス利用票や給付管理票の作成、提出といった業務もケアマネの仕事です。

要介護者やその家族からの相談対応



要介護者やその家族の相談相手となり、現在の状況や抱えている問題などの情報を収集。そのうえで、要介護者が自立した生活が送れるよう、関係するさまざまな部署に働きかけます。

介護福祉士の具体的な仕事内容


身体介護


身体介護では、要介護者の入浴や排せつの介助、食事の介助、着替えの補助、移動の介助などを行います。

生活援助


生活援助は要介護者の身の回りのお世話、掃除、洗濯、炊事、買い物など、生活をサポートする仕事が中心です。

介護予防


介護予防は要介護度が悪化しないよう、掃除や料理を一緒に行うなどして要介護者の身体の機能維持・機能回復をはかります。

社会的活動支援


要介護者やその家族と近隣住民が、良好な人間関係を築けるようにサポートします。

▲目次へ戻る

まとめ



ポイントと書かれた黒板のイメージ

ケアマネと介護福祉士はしばしば混同されがちですが、資格や仕事内容がまったく異なります。ケアマネは各都道府県が実施している資格制度で、保有資格やそれに基づく実務経験などハードルの高い受験資格が設けられています。仕事内容はケアプランの作成業務が中心で、利用者さんに対する介護はありません。これに対して介護福祉士は、ケアマネが作成したケアプランに沿って介護サービスを提供する業務が中心です。

▲目次へ戻る

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧