介護士さんに向いている人・向いていない人の特徴

エンタメ 2016/06/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
89_TOP_楽しいパン作り
介護士に向いている人とそうでない人はどのような違いがあるのでしょうか?この記事では介護士に向いている人の性質をご紹介します。これから介護士になりたい人や、介護の仕事に自信を失ってしまっている人はぜひご覧ください。

【目次】


感情のコントロールができる人
向上心のある人
職業倫理の高い人
意欲があれば、スキルは後からついてくる

感情のコントロールができる人


まずは、感情のコントロールが上手にできる人です。介護は感情労働とも言われており、相手の感情に共感したり、埋もれていた感情を呼び起こしたりする仕事です。相手の感情を揺り動かすためには、介護する側も感性豊かになる必要があるでしょう。

それに加えて、難しい事態にも直面します。認知症の方になじられたり、怒られたりすることもありえます。そのようなときに、感情を抑えて対処できる能力も求められていると考えられます。

つまり介護職とは感情豊かでありながら、その感情を出すとき、出さないときを適切に見極められる感情コントロールが必要とされると言えます。こうした能力は一朝一夕に身につくものではなく、さまざまな人間関係の中で長い年月をかけて形成されていくものです。他業種から介護業界に入ってくる場合でも、接客業で人との関わりを何度も重ねてきた人は適応しやすいかもしれません。言い換えれば、人の輪の中でうまく自分のバランスを取れる人が介護に向いていると言えるでしょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

向上心のある人


次に向上心のある人です。どの業界でもそうでしょうが、とりわけ介護の世界では向上心が求められます。介護保険制度は3年ごとに見直されており、その都度やらなければならないことも変化すると思われます。

現場で働いていても、それは変わりません。認知症高齢者との関わりは、常に問題発見と解決のプロセスの繰り返しです。PDCAサイクルをベースにした思考で、常に問題意識を持って取り組んでいるかどうかで、入居者の方の生活は大きく変化してくると言えるでしょう。

介護職はその人の晩年を左右するだけの大きな力を持っています。それだけに、意欲を持って取り組めるか、常に向上心を持って挑戦しているかは、介護職として求められるスキルだと言っても過言ではないでしょう。

▲目次へ戻る

職業倫理の高い人


最後に、介護職の職業倫理について触れておきましょう。介護職による窃盗や虐待事件の報道が後を絶ちません。介護職はサービスを利用される方の生活に深く入り込む仕事です。しかし、生活に密着しているから、馴れ馴れしい態度をとったり、ずさんな仕事ぶりが許されたりするわけではありませんよね。

また、介護職は施設であっても訪問であっても、一人でケアを行う機会が案外多いもの。一人で仕事をする以上、周囲の目はありませんから『ちょっとくらいいいか』といった気持ちになってしまいがちです。一度規律が緩んでしまうと、元に戻すのは困難なこと。自分で自分を律することができるかどうかも、介護職として大切な要素になるでしょう。

実際のところ、介護職ほどプロフェッショナル意識を必要とする仕事は、そうそうないでしょう。介護は誰でもできると思われがちですが、そうではありません。高い職業倫理を持って、専門的な知識と技術を有してこそ初めてサービスとしての介護が提供できるのです。そのことを忘れてしまった介護職は、遠からず社会的な問題を起こす可能性を秘めていると考えられます。

▲目次へ戻る

意欲があれば、スキルは後からついてくる


どの仕事でも当然のように求められることでもあれば、感情コントロールのように、介護職で特別求められるスキルもあります。とはいえ、本当に必要なのは新しいことを学ぼうとする意欲。それさえあれば、仕事に就いた後からでも十分に身につけることが可能だと言えるでしょう。以上、介護職として求められるスキルについて紹介しました。

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧