こんな介護士はいやだ!

エンタメ 2016/06/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
72_TOP_なにか考えてる女性

仕事をしない人


まさか、そんなこと?と思われるかもしれませんが、現実として『仕事をしない人』はいるのです。正確には『楽な仕事を選んでしている』になるでしょうか。

介護士の職場として高齢者施設は代表的存在です。そこでは、入居者個々のケースに合わせて適切なサポートを行う必要があります。寝たきりの人はもちろん、食事や入浴時の介護が必要な場合もでてきますね。

高齢者施設では、昼夜を問わず年間を通じてサポートを行うために、何人かでチームを組むシフト制が導入されています。もし、どうしても動かせない予定があるときは、シフトが組まれる前に申し出ることが大切です。そのとき、誰と一緒のチームになるかによっては、心身への負担が大きくなる可能性もでてきます。

もちろん、介護士の仕事が体力勝負なのは百も承知ですね。ところが、仕事をしない人は体力を使う仕事を人に押し付けて、楽な仕事に逃げる傾向があるのです。

勤務中には瞬時な対応が必要な場合も少なくありません。もし、チームの中で仕事をしない人がいると、他の人がカバーすることになります。このような背景もあり、介護士として働くためには、自分が仕事をしない人にならないように注意しましょう。


まずは気軽に相談してみる(無料)



言葉遣いのよくない人


『言葉遣いのよくない人』も嫌われます。高齢者施設で働くためには、入居者に対しての言葉遣いは慎重にすることが大切です。

高齢者施設の入居者は人生の大先輩です。入居者の中には、寝たきりの人や認知症が進んでいる人もいますが、最大限の敬意を持ってサポートすることが大切です。介護士は、入居者と直接接する仕事であり、より身近に感じられる位置にいます。そのため、入居者に話しかけるときに適切な敬語を使うことはもちろん、形だけではなく心を込めて言葉を発するように心掛けましょう。

言葉遣いに注意が必要なのは、職場で働くスタッフ同士でも同じです。高齢者施設には、施設長をはじめ、介護福祉士、管理栄養士などさまざまなスタッフがいて、年齢や経験もさまざまです。勤務体制が異なるほか、年齢が親子ほど違う場合も少なくありません。介護士として働くためには、それぞれの専門スタッフとの連携を密にすることが大切です。もちろん、馴れ馴れしい言葉遣いを慎むのはいうまでもありません。

ただ、あまりにもよそ行きの言葉遣いには違和感があるかもしれませんね。しかし、話しかけられた相手はもちろん、まわりの人が不快な思いをしないように心掛けましょう。



要領が良すぎる人


介護士が新しい職場探しをするときは、その職場がどれくらいの規模なのかも知っておきましょう。人間関係は、組織内の人数が多いほど複雑になり、人数分だけの関係ができます。もちろん、少人数の職場にもメリットがありますので、自分に合ったところを探すことが大きなポイントになります。

ただ、どの職場にも必ずいるのが『要領が良すぎる人』です。これは『仕事をしない人』や『言葉遣いのよくない人』にも通じる話ですが、とにかく要領がいいのです。『裏表のある人』と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。

要領が良すぎる人は、自分にとってプラスになる人の前では『いい人』を演じる傾向があります。自分が目立つような行動をすることは典型的なパターンです。また、楽をしておきながら、いかにも自分が仕事したように演技をする人も少なくありません。

もし、自分がそういう人と一緒にシフトを組むことになったときは、居ても立っても居られなくなりますね。しかし、そういう行為を告げ口すると自分が不利になる場合も少なくありません。これは、介護士の仕事に限ったことではありませんが、自分は要領が良すぎる人にならないようにしたいですね。



介護士の仕事は、入居者と職場のスタッフ、双方との人間関係を円満に保つ必要があります。職場の人間関係がいいことは仕事探しには不可欠な条件です。安心して介護士の仕事に就くためには『介護士派遣サイト』への登録を考えてみてはいかがでしょうか。

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧