介護業界での自己PR・志望動機の書き方

資格・試験 2016/05/11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
31_TOP_就活中の女性

未経験者と経験者では大きく異なる志望動機


現在勤めている会社に不満がある、新しいことに挑戦したい。そんな思いを持って転職を考える人は多いでしょう。では転職の際の、自己PR文や志望動機はどのように書けばよいのでしょうか?

最初に理解しておくべきは、介護の経験者と未経験者とでは、書き方が全く異なる、ということ。そもそもその両者では、採用する事業所側から求められるものも、大きく変わってきます。介護と同じように、自己PR文を書く際にも、「相手がなにを知りたいか、望んでいるか」を敏感に察知することが求められるのです。

介護の派遣求人を探してもらう

未経験者のテーマは、「いかに人が好きか」


未経験者が介護業界に転職する理由はなんでしょうか?業界の将来性や、安定した生活でしょうか。現在の職種よりも高い給与を求めて、という人も中にはいるかもしれません。

ですがこれらの理由は、本人にとっての転職理由とはなっても、採用する側から見ても、なんら納得する理由とはなりませんよね。

一度採用者の立場に立って、考えてみましょう。面接や履歴書にこのような動機しか書いてこない人を、あなたは雇いたいと思いますか?より将来性や安定性のある仕事が見つかったら、そちらに転職してしまうと考えるのが自然ではないでしょうか?

このような動機はもちろん正当なもの。ですがそれだけでは介護への転職理由として、弱いといえるでしょう。他の仕事であっても、この条件を満たす仕事は存在するのですから。

では、どのような動機が良いのでしょうか?ずばり、「人が好き」なことをアピールすることでしょう。介護は一人の人と正面から向き合う仕事。人との関わりやコミュニケーションが苦手では、とても務まらない職業です。

それだけに以前接客業を経験していて、人との関わりが得意である、人に関わる仕事にやりがいを感じたといった経歴や経験は、大きなアピールポイント。経験がないからこそ、自分の「好き」を前面に押し出すことが大切といえるでしょう。

「辞めた理由」が大きい、業界内転職


経験者の場合、未経験者と求められるものは異なります。見られるのはその経歴。介護業界ではどこも人材が不足しているため、優れた人材にできる限り長く働いて欲しい、と思っています。そのため、すぐに辞めそうな人や転職経歴の多い人は、敬遠しがちな傾向があります。短い期間で職場を転々としている人が、不利になるのはいうまでもないでしょう。

とはいえ、挽回はできます。なぜ以前の職場を辞めたのか、明確な理由があれば雇ってもらえるチャンスはあるでしょう。この際当然ですが、前の職場を悪く言ったり非難したりするのはNG。人間関係をかき乱す存在として、むしろ敬遠される可能性が高いでしょう。

望ましい理由の一つに、「キャリアアップ」があります。前職ではできなかった新しい経験をしたい、資格を取ったのでその資格を活かしたいといった理由は、わかりやすく説得力があります。

業界内で転職を考える人ほど、自分の将来をきちんと見据えた上で行動することが重要になるでしょう。

介護業界で転職を考えているなら、きらケアがオススメです。豊富な求人情報に加え、職場の雰囲気や人間関係といった情報まで網羅。あなたが働きやすい職場がきっと見つかりますよ。

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧