失敗しない介護職の職務経歴書の書き方【自己PR例つき】

転職ノウハウ 2020年6月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護職の職務経歴書の書き方

転職活動をする介護職の方に向けて、職務経歴書の書き方をご紹介!自分のスキルをわかりやすくアピールするには、どんな書き方が効果的なのでしょうか?
企業が職務経歴書を求める理由や、各項目の具体的な記載方法について学びましょう!

目次

職務経歴書とは?なぜ必要なの?

氏名や住所、学歴、職歴といったプロフィールを簡潔にまとめるのが履歴書だとすれば、職務経歴書は、これまでの職歴について業務内容を含めてより具体的に記載する書類です
介護の世界には、デイサービスや訪問介護、有料老人ホーム、グループホームなど、実に多くの施設形態があり、施設によって利用者の介護度や働き方が異なります。事業所が職務経歴書の提出を求めるのは、応募者が今までにどんな種類の施設で働いていたのか、どのような業務に携わってきたかを知りたいから。採用担当者は職務経歴書から、「どんなスキルが身についているか」「入社後にどの仕事を任せられそうか」「即戦力になるか」といった点を見ています。そのため、職務経歴書では、今までに経験のある業務を具体的に記載し、どんなスキルがあるかをアピールすることが大切です。

職務経歴書の添削も◎

転職のアドバイスをもらう(無料)

職務経歴書作成の準備

まずは職務経歴書作成の準備をしましょう。

パソコンでの作成がおすすめ

一般的に履歴書は手書きの方が人柄が伝わり丁寧な印象があるとされますが、職務経歴書に関しては手書きでもパソコンでの作成でも構いません。ただし、特にこだわりがないのであればパソコンでの作成がおすすめ。パソコンの方が修正が簡単なうえに、PCスキルのアピールにもなります。Word(ワード)やExcel(エクセル)を使って見やすい書類を仕上げましょう。
なお、職務経歴書はA4サイズの用紙1~2枚でまとめるのが目安です。

職務経歴書の形式は3種類

職務経歴書の形式は主に「編年体式」「逆編年体式」「キャリア式」の3種類です。もっとも一般的なのは「編年体式」ですが、自分の職歴や書きやすさに合わせて選びましょう。

編年体式

もっとも一般的な編年体式は、時系列順に経歴をまとめる形式。経歴やスキルの習熟度が一目でわかるので、今までの経験を活かして転職したい人におすすめです。また、転職回数が多い方や介護経験が浅い方、未経験の方も編年体式はおすすめです。
編年体式は単調な印象になりやすいので、見出しを太字にして読み手の注意を引くなど、読み手が受ける印象を考えて作成するのがポイントです。

逆編年体式

逆編年体式とは、直近の経歴から書き始める形式。直近の経験をアピールしたい方におすすめです。時系列順にまとめる編年体式は、直前の職歴が埋もれてしまいがち。しかし、逆編年体は前職や現職を冒頭に持ってこられるので、直近の経歴を強く印象付けることが可能です。

キャリア式

時系列に関係なく、今までに経験した職務内容や職種ごとにまとめる形式。応募先に関係のない職種については簡単に記載するだけで済むので、アピールしたいスキルや得意分野がある方に向いています。「介護士→ケアマネージャー」など、介護業界でさまざまな経験を積んでステップアップしてきた方にもおすすめです。

職務経歴書の書き方見本

職務経歴書ー黄色

ここからは、一般的な編年体式の職務経歴書のフォーマットに沿って、項目別の注意事項について解説します。

日付・氏名・職務要約

職務経歴書-日付氏名職務要約1

日付

書類を提出、投函(とうかん)する日付を記載します。

ワンポイントアドバイス

履歴書の日付と統一するようにしましょう。

氏名

姓と名前の間は一文字分あけると見やすくなります。

職務要約

職務要約は職務経歴の要点をまとめた項目。今までに所属した企業や施設の情報、そこで得たスキルや実績について5行前後で簡潔にまとめます。

ワンポイントアドバイス

職務要約は一番はじめに採用担当者の目に入る項目であり、担当者は職務要約を読んでから、職務経歴書の詳細を読み込むか決めることがあります。
採用担当者に興味を持ってもらえるように、求人の募集要項を熟読した上で、応募先で活かせそうな経験やスキルをピックアップしましょう。

職務経歴

職務経歴書-職務要約2

職務経歴

今までどんな仕事をしてきたのかを伝える項目。「いつ」「どこで」「誰に対して」「何をしたか」をまとめましょう。見本のように表にまとめると、経歴がよりわかりやすくなります。

ワンポイントアドバイス

前職が、一般企業か介護職かで記入する項目が異なります。

◎一般企業の経歴を書く場合

  • 法人名
  • 事業内容
  • 会社規模(資本金、従業員数、売上)
  • 配属
  • 業務内容

一般企業での経歴を書く場合は、以上の内容を記載します。会社の規模や実績は数字で示すとよいでしょう。

◎介護職の経歴を書く場合

  • 法人名
  • 法人規模(資本金、従業員数)
  • 配属(所属フロア、サービス内容、居室数など)

介護職の経歴を書く場合は、法人名と配属施設名、所属部署を記載します。所属部署の詳細として、所属フロアとサービス内容も明記します。
また、施設の規模が分かるように居室数と職種別の職員数も合わせて記入しましょう。また、特養での勤務経験がある場合は、ユニット型か従来型かの記載もお忘れなく。

介護は数字による成果が現れにくい仕事です。数字で実績を示すのが難しい場合は、仕事に向きあう時のこだわりや姿勢を説明すると良いでしょう。

業務内容は採用担当者があなたの働いている場面を想像できるように、具体的に書くのがポイントです。例えば「たくさんの利用者様に対応しました」と書くより、「平均介護度の○人の利用者様に対応しました」と書く方が、よりリアルに働く様子を伝えられます。

▲目次へ戻る

保有資格・自己PR

職務要約-保有資格自己PR

保有資格

保有している資格を記載し、スキルをアピールしましょう。介護業界では以下のような資格が評価の対象です。

  • 介護職員初任者研修
  • ホームヘルパー1級、2級
  • 実務者研修
  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員
  • 社会福祉士
  • 認知症ケア専門士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉用具専門相談員

ワンポイントアドバイス

このほかにも、運転免許やPC関係の資格があれば記入しましょう。免許は利用者の送迎、PCスキルは事務仕事で役立つ場面があるかもしれません。

自己PR

職務内容などの項目で記入した以外に、応募先で役立つスキルや、事業所とのマッチ度をアピールできる事柄があれば自己PRとして記載しましょう。業務でなくても、外部の研修やセミナー参加した経験、ボランティア活動の経験があれば評価につながる可能性があります。介護に活かせる趣味や習慣がある場合も記載すると良いでしょう。

【自己PR例文】

◎多職種の経験をアピールする例

私は人と話すのが何よりも好きで、相手を喜ばせることに喜びを感じます。前職の飲食店では幅広い世代のお客様にご来店いただきましたが、相手の年齢や雰囲気に合わせて言葉遣いを変えたり、話題を選んだり、臨機応変な対応を心がけました。その結果、若いお客様には「話が盛り上がる」、年配のお客様には「言葉遣いが礼儀正しい」と言っていただいたこともあります。
介護の仕事においても、相手に合わせた対応を行い、ご利用者が心地良いと思えるサービスを提供したいと考えております。また、人と話すのが好きな性格を生かして、事業所の方と密にコミュニケーションをとり、1日も早く仕事を覚えていきたいです。

◎介護職での経験をアピールする例

前職では3年間特別養護老人ホームに勤務し、食事や排泄、入浴の介助やレクリエーションを行いました。特養では急変するご利用者も多かったため、経験を重ねるうちに対応力が身につきました。
日々の介護ではご利用者のニーズを汲み取ることを心がけており、日常的な会話から希望を聞き取るなどして支援にあたりました。また、自分が得た気づきは職員間で共有することを心がけ、施設全体でより良いサービスを提供できるように尽力しました。
貴社では前職で培った経験を活かして、今まで以上にご利用者に求められる介護を追求していきたいと考えております。

▲目次へ戻る

職務経歴書の書き方が不安な場合は…

介護職の職務経歴書の書き方をご紹介しました。基本を押さえれば、採用担当者に刺さる、魅力的な職務経歴書に仕上がるはず!

ですが、書いているうちに「この書き方でスキルは伝わるのかな…」「この自己PRで大丈夫かな…」と不安な気持ちになるのはよくあることです。

介護求人・派遣サービスの「きらケア」では、求人をご紹介するだけではなく、キャリアアドバイザーによる職務経歴書の添削や面接対策も行なっています!非公開求人も多数用意しているので、もっと自分に合うお仕事が見つかるかもしれません。もちろんすべてのサービス利用は無料です。ぜひお気軽にご相談くださいね!

履歴書の添削や面接対策も◎

転職のアドバイスをもらう(無料)

関連ジャンル: 転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職ノウハウ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧