介護の計画作成担当者とケアマネージャーの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンとバインダーを持つ女性のイメージ

計画作成担当者とケアマネの違いを知りたい方に向けて、両者の違いを解説します。また、計画作成担当者の仕事内容や活躍できる場所、向いている人の特徴も紹介。計画作成担当者として働くうえで必要な能力や仕事のやりがいを知っていきましょう。計画作成担当者に必要な資格や求人の探し方もお教えするので、介護分野でのキャリアアップを考えている方はぜひご覧ください。

目次

計画作成担当者とケアマネージャーの違い

介護分野では、計画作成担当者とケアマネージャーの違いは資格の有無です。ケアマネは正式には介護支援専門員と呼ばれており、資格を得るには介護支援専門員実務研修受講試験に合格した上で、介護支援専門員実務研修を受講することが必要です。その一方で、計画作成担当者は特定の試験が設けられていないため、介護関連の資格がなくても採用されれば職に就けることになります。

ただ、実際の求人はケアマネあるいは主任ケアマネ資格を要件としている場合が多いので、計画作成担当者を目指す場合はケアマネの資格があることが望ましいでしょう。

また、ケアマネは事務作業が中心ですが、計画作成担当者は現場に入って介護を行うことが多いという違いもあります。

働きながら資格を取る方法教えます

アドバイザーに相談する(無料)

計画作成担当者とケアマネの業務の違い

介護の現場では、計画作成担当者とケアマネは似たような業務を担うケースも多いですが、両者には大きな違いがあります。

計画作成担当者は利用者さんの心身状態や家庭事情を考慮し、一人ひとりに合うケアプランを作成する職種のことです。介護関連職種は、食事介助や入浴介助などの利用者さんに直接ケアを行う介護職だけではありません。利用者さんが適切なケアを受けるためには、計画作成担当者の存在が必要不可欠です。

計画作成担当者はヒアリングで得たさまざまな状況を考慮し、利用者さんごとに適切な介護サービスの提案を行います。

さらに介護サービスが適切に行われているかをチェックし、必要に応じて見直しを進めていくことや、利用者のかかりつけ医と連携し、服薬状況や健康状態などを管理した上で家族への報告も行います。

計画作成担当者には特定の資格は設けられていませんが、勤務場所に応じた研修を受講する必要があります。
たとえば、小規模多機能型サービス施設やグループホームで勤務する場合に必要な研修は、認知症介護実践者研修です。事業所によっては、採用後に必要な研修が受講できるケースもあります。

計画作成担当者が活躍できる職場は、主にグループホームや小規模多機能施設などの介護現場です。
これらの施設では、厚生労働省により、1事業所につき1名以上のケアマネ資格を持つ計画作成担当者を配置することが、義務づけられています

なお、2ユニット以上のグループホーム場合は2人の計画作成担当者が必要となりますが、そのうちの1人がケアマネ資格を持っていれば配置基準を満たします。

パートや派遣でも計画作成担当者になれる?

計画作成担当者の雇用形態は、正社員のケースがほとんどです。これは、計画作成担当者が必要な事業者では人員配置基準が定められているためです。

しかし、パートや派遣の求人が全くないわけではありません。介護関係職種専門の求人サイトの中には、パートや派遣などのさまざまな雇用形態の求人を取り扱っているケースもあります。また、介護系の職種を専門とする転職エージェントでは、雇用形態から求人を探すことも可能です。幅広い求人を見比べたい方は、求人サイトだけではなく転職エージェントを活用すると良いでしょう。

未経験から計画作成担当者になれる?

計画作成担当者は介護分野の経験があれば未経験でも目指せる職種ですが、多くの求人ではケアマネの資格を要件としています。そのため、未経験の方はまずはケアマネ試験の受験資格を満たすことを目指すのが良いでしょう。

計画作成担当者とケアマネの違いに関する質問

ここでは、計画作成担当者とケアマネの違いに関する質問に回答します。

介護の計画作成担当者になる要件は?

介護の計画作成担当者には特定の資格試験はなく、介護関連の資格や経験などの要件は設定されていないため、採用されれば就業できます。ただし、多くの施設において計画作成担当者になるにはケアマネージャーの資格が求められるのが実情です。計画作成担当者として働きたい場合には、ケアマネの資格取得を目指すのが良いでしょう。詳しくは「計画作成担当者とケアマネージャーの違い」で解説しているので、参考にしてみてください。

グループホームの計画作成担当者の研修とは?

グループホームで計画作成担当者として勤務するには、「認知症介護実践者研修」を受講しなければなりません。この研修は実施する都道府県によって受講資格が異なるため、自治体のWebサイトなどで確認が必要です。具体的には、介護保険施設で介護職員として従事していることや、認知症の方の介護の実務経験が2年以上あることなどを要件としている地域が多いようです。

まとめ

介護分野での人材不足は深刻化していますが、計画作成担当者は高齢社会を支える上で必要不可欠な職種の1つです。ケアプランを作成する事務的な作業だけでなく、実際に介護現場に出向くこともあるため、介護分野での幅広いスキルを身につけられます。仕事をするうえでは、利用者さんやその家族、現場の介護職とスムーズにやりとりするコミュニケーション能力が求められるでしょう。

計画作成担当者の求人はケアマネ資格を要件としている場合が多いので、計画作成担当者を目指す方はケアマネ試験の合格を目指すのがおすすめです。

働きながら資格を取る方法教えます

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事介護の資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧