介護職の平均時給はどれくらい?給与を上げる方法もご紹介!

介護職の給料 2021年12月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
給料袋と置時計の画像

介護職の時給は低いといわれることが多々あります。しかし、厚生労働省のデータによると、介護職の給料は低いというわけではありません。この記事では、介護職の時給や平均給与、低賃金と言われる理由を解説します。そのほか、介護職として時給や給料を上げる方法もご紹介しているので、介護のお仕事に興味のある方は参考にしてみてください。

目次

介護職員の平均時給はどれくらい?

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護職員の平均時給は、常勤で1,020円、非常勤で1,110円です。下記では介護従事者の平均時給を解説します。

職種平均時給(常勤)平均時給(非常勤)
介護職員1,020円1,110円
生活相談員・支援相談員1,060円1,050円
ケアマネージャー1,260円1,380円
事務職員970円990円
調理員970円930円
リハビリ専門職1,260円1,660円
管理栄養士・栄養士1,160円1,080円
看護師1,360円1,440円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p183)」

介護職員の平均時給は、看護師やリハビリ専門職といった国家資格が必要な職種と比べると低い傾向にあるものの、介護従事者のなかでは比較的高い方です。さらに、下記では介護業界以外の時給をご紹介します。

職種平均時給
受付・案内事務員943円
一般事務従事者1,194円
営業・販売事務従事者 1,239円
販売店員1,064円
飲食物調理従事者995円 
娯楽場等接客員1,028円

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査による職種別平均賃金(時給換算)」

上記の介護従事者の表と比べると、介護職員の平均時給はさほど低くないことが分かります。しかし、身体的・精神的に負担の大きい仕事の割に低賃金で、不満を抱える介護職員が多いのも現状。ただ、2019年に「介護職員等特定処遇改善加算」が新設されるなど処遇改善が行われ、給料や待遇が改善しつつある職種です。

なぜ介護職員の時給は低いといわれているのか?

介護職員の時給が低い理由として「専門性が評価されていない」といったことが挙げられます。介護職は専門的な知識や技術が必要とされる一方、無資格でも働けるために、資格を必要とされる職種と比較すると時給が低くなってしまっている傾向にあるようです。

さらに、事業者の収入源である「介護報酬」は上限が定められているのも理由の一つ。「介護報酬」とは介護施設が提供した介護サービスの対価として、国や市町村などから支払われるお金です。この「介護報酬」の額は、提供している介護サービスや利用者さまの要介護度などによって決まります。そのため「運営施設の努力だけでは介護士の給料や時給を上げられない」といった要因もあるようです。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

介護職員の常勤とパートの平均時給・給与

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、常勤の介護職員の平均給与は31万5,850円であるのに対して、パート(非常勤者)の給与は 19万6,630円とあります。勤務日数や勤務時間の違いからパート職員の給与のほうが圧倒的に低い額であるものの、子育てや家族の介護など、自分の生活に合わせて柔軟に働けるメリットがあります。

求人を探す前に、どちらの勤務形態のほうが自身の希望の働き方が叶えられるのか今一度考えておきましょう。

時給は介護施設の種類によって差がある

介護職員の時給は、運営施設の規模や方針、提供している介護サービスによって違います。下記では、各介護施設の時給で働く介護職員の平均給与をご紹介。介護職への転職・就職するときの参考にしてみてください。

施設名時給平均(常勤)時給平均(非常勤)
介護老人福祉施設(特養)1,030円1,010円
介護老人保健施設(老健)970円1,030円
介護療養型医療施設データなし1,020円
介護医療900円950円
訪問介護1,110円1,260円
デイサービス990円990円
デイケア970円980円
有料老人ホーム1,090円1,040円
小規模多機能型居宅介護事業所940円960円
グループホーム980円990円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p186)」

介護施設の規模や方針、受け入れている要介護度によって差はあるものの、時給が最も高いのは訪問介護です。訪問介護で働くホームヘルパーは、業務中に緊急事態が起こった場合でも自分一人で対応しなくてはなりません。また、ホームヘルパーとして働くには介護職員初任者研修以上の資格を保有していなければなりません。ホームヘルパーは多くの経験や知識、スキルが必要とされるので、時給水準が高くなっているようです。また、特養や老健のように、医療的ケアやリハビリといった専門的な知識が必要な介護サービスを提供している介護施設も、専門性の高さが求められるため時給水準が高くなっています。

時給を上げる5つの方法

介護職員として働きながら時給を上げるには「夜勤回数を増やす」「資格を取得する」のがおすすめです。ここでは、時給を上げる5つの方法をご紹介します。

1.夜勤の勤務回数を増やす

夜勤に入ると夜勤手当が支給されるため、時給を上げられます。夜勤がある介護施設は、特養や老健、有料老人ホーム、グループホームといった長期入所施設です。夜勤専従といって、夜勤シフトのみの勤務形態もあります。早く時給を上げたい場合には、夜勤に多く入るのがおすすめです。

2.資格を取得する

資格を取得することで、基本的には資格手当がつくので給与や時給を上げられます。下記は非常勤で働く介護士の資格保有別の平均給与です。

保有資格時給で働く介護士の平均給与(非常勤)
保有資格なし107,520円
介護職員初任者研修106,130円
実務者研修120,650円
介護福祉士125,690円
ケアマネージャー130,050円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p170)」

介護職において、介護職員初任者研修や実務者研修、介護福祉士といった資格はほとんどの介護施設で手当が支給されます。そのため、給与や時給を上げたいという方は、まず、資格を取得することがおすすめ。また、転職する際にも、保有資格があるとスキルが証明でき、有利にはたらくこともあります。

3.経験年数を増やす

介護施設によって差は出ますが、基本的に介護職は経験年数を重ねることで、時給を上げられます。下記では、非常勤として働く介護職全体の経験年数別、平均時給をご紹介します。

経験年数平均時給(非常勤)
1年(勤続1年~1年11ヶ月)1,060円
5年(勤続5年~5年11ヶ月)1,080円
10年(勤続10年~10年11ヶ月)1,150円
15年(勤続15年~15年11ヶ月)1,210円
20年以上1,210円

引用:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p199)」

介護職では、こつこつと経験を積むことが大切です。また、複数の施設を転職している方よりも、一つの施設で長く経験を積んでいる方のほうが、採用時に「早期退職をする可能性が低い」「高いスキルを持っている」などの印象を与えやすいため、転職時の待遇が優遇される傾向にあります。

4.管理者や施設長などの役職に就く

管理者や施設長といった役職につくことで、役職手当が支給され給与や時給を上げられます。厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、非常勤で働く介護士で管理職に就いている方の平均給与は175,590円管理職でない場合の平均給与は 111,160円です。介護施設の管理職になるには、資格を取得していることや介護現場における経験年数など、知識や経験が重視されます。

5.給料が高い介護施設に転職する

給料アップを目指すのなら、給料が高く設定されている介護施設へ転職するのも一つの方法。特に「資格を持っているけど給料が上がらない」「処遇改善手当の制度が職場にない」「職場の待遇や環境に不満がある」という場合は転職がおすすめです。「きらケア介護求人」なら専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングをして、条件や適性に合った求人をご紹介します。さらに、給料や待遇などの細かい条件交渉も代行。内定までしっかりサポートします。

これから介護職員の給料は上がるの?

介護職は、身体的・精神的な負担の大きさの割に時給が低いといわれることが多いですが、近年では制度や給与・時給の見直しが行われています。2019年には「介護職員等特定処遇改善加算」といった制度が新設されました。この制度は、介護職員の賃金や待遇の改善を図るもので、基本的に介護福祉士の資格保有者や、勤続年数が10年以上の介護職員の割合によって施設の介護報酬として加算される仕組みです。介護職は高齢化により需要が高まるとされており、今後も処遇改善や最低賃金の引き上げが行われていくことが予想されます。

まとめ

令和2年度における労働者全体の時給と比べても、介護職員の時給は低いわけではありません。しかし、「時給が低く、労力と見合っていない」と感じている介護士さんは多いようです。介護士の時給が低い理由として、「専門性が評価されていない」ことや「事業者の収入源である介護報酬の上限を定められている」といったことが挙げられます。しかし、2019年に「介護職員等特定処遇改善加算」の制度が新設。今後も処遇改善や最低賃金の引き上げが行われることが予想され期待できるでしょう。きらケアでは「きらケア介護派遣」も行っています。施設形態や就業形態、勤務時間、自宅からの距離、施設の雰囲気といったさままな条件に合った介護施設をご紹介。きっとあなたに合った仕事が見つかるはずです。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護職の給料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護職の給料」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧