有料老人ホームを目指す人向け、効果的な志望動機のつくり方

資格・試験 2019/08/27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書を持つビジネスウーマン

介護業界は人手不足の状況にあり、未経験でも転職しやすいといわれています。そうはいっても、「この人と一緒に働きたい!」と採用担当者に思わせる志望動機がなければ、希望の事業所で働くことはできません。
入社意欲や人柄が伝わる志望動機は、応募書類や面接で重要視される項目です。本記事を読んで、相手の心をつかむ志望動機の書き方を学びましょう!

企業研究と自己分析をしよう


説得力のある志望動機をつくるには、応募先の事業所を理解し、なおかつ自分の特性を客観的に把握することが必要です。
「志望動機をどうやって書けば良いかわからない」という人は、まず企業研究と自己分析を行いましょう。

【企業研究のやり方】
志望動機では、競合他社ではなく「応募先でなければらならない理由」を説明する必要があります。そのためには、あらかじめ応募先の特徴を調べて、どんなところに魅力を感じたかを明らかにしましょう。
施設形態や規模はもちろん、提供している具体的なサービスや経営方針、将来のビジョンやどんな人が働いているのかを、できり限り調べます。
施設の特徴や考え方が分かると、「どんな人材を求めているのか」を推察でき、自分の経験や強みの中から何をアピールすれば良いかが分かるでしょう。
有料老人ホームは施設によってサービス内容や雰囲気にかなりの違いがあるため、企業研究に力を入れるようにしてください。

【自己分析のやり方】
特に介護業界が未経験の方は、過去の経験を振り返って「自分がなぜ介護の仕事に興味を持ったのか」を説明できるようにしましょう。
「ボランティアで介護を経験したから」「祖父母を介護してくれたヘルパーが印象に残っているから」など、エピソードは何でも構いません。ただ単に「介護の仕事をしたい」と言うより、「○○という理由があって介護の仕事をしたい」と説明することで、「この人は多少大変なことがあっても働き続けてくれそうだな」と評価されます。また、過去のエピソードを交えると、採用担当者に自分の人間性や価値観が伝わる効果もあるでしょう。

さらに志望動機には、入社後に活かせる強みを盛り込むと効果的です。そのためには今までの経験や仕事の実績を振り返り、アピールできる要素を洗い出すことが必要。介護は成果が数字で表れにくい仕事ですが、仕事をする上で工夫していることや学んだことを伝えましょう。

〈介護業界未経験でもアピールできる〉


未経験者であっても、介護の仕事に活かせる経験があるかもしません。
例えば接客や営業経験があるなら、介護でもそこで培ったコミュニケーション能力を活かせます。スポーツジムの勤務経験があって人体の仕組みに詳しい人は、その知識をリハビリに応用できる可能性があるでしょう。特定の職種についていなくても、マネジメント経験がある人は、将来介護職をまとめるリーダーとして働く資質をアピールできます。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

志望動機を書く時のコツ


エプロンを着た笑顔の男女志望動機を書く時は、次のポイントを押さえることで相手に響く内容に仕上がります。

【具体的な経験を交えて書く】
志望理由や強みを伝える時は、自己分析で振り返った具体的なエピソードを交えましょう。
例えば、あなたのことを知らない面接官に「私はコミュニケーション能力があります」と言っても「本当かな?」と思われてしまいます。そんな時は、「前職では施設の生活に慣れない利用者さんに時間をかけて向き合い、毎日会話をするうちに笑顔を見られるようになりました」といった具体的な成果を加えることで、内容に説得力が出てきます。

【将来のキャリアプランに言及する】
志望動機に入社後にやりたいことを盛り込むことで、向上心や入社意欲を示せます。これまでのスキルや経験を活かして、今後どのようなキャリアを築いてきたいかを伝えましょう。より具体的な展望を示すには、「実務者研修を取得したい」「介護福祉士になりたい」というように資格名を出すのも有効です。
ただし、介護未経験者がいきなり「施設長になりたい」と言うと地に足がついていない印象になるので、自分のレベルを考えた上で実現可能な目標を示しましょう。

こんな志望動機は評価されない!


ここでは評価が低くなる志望動機の特徴をまとめました。

【内容が相手に伝わりにくい】
要点がまとまっていなかったり、抽象的な表現が多かったり、内容が伝わりにくい志望動機は当然評価されません。
志望動機は最初に結論(○○という理由で志望しました)を述べた上で、詳しい理由の説明に入ると分かりやすくまとまります。「介護業界に憧れていたので…」という志望動機は抽象度が高いので、なぜ憧れたのかを具体的に説明するようにしてください。

【自分に自信がない】
謙虚であることは悪いことではありませんが、あまりにも自信がない言い方は「本当にこの人で大丈夫?」と思われてします。くれぐれも、「私にできるかどうかわかりませんが、入社したら何とか頑張りたいと思います」という言い方はしないように。
根拠のない過剰な自信も問題ですが、あまりに自信がないのも相手を不安にさせてしまうでしょう。

【待遇や条件を中心とした志望動機】
「給料がいいから」「自宅から近いから」という理由で勤め先を選ぶことはよくあります。しかしそれをそのまま言ってしまうと、「ほかに条件の良い職場があれば辞めてしまうのではないか」と思われ採用には至りません。
待遇や条件以外の応募先の魅力を探し出し、あなたの人柄や価値観が伝わるような志望動機をつくりましょう。

志望動機の例文を確認しよう


ノートと女性の手ここでは志望動機の例文をご紹介していきます。話の流れやエピソードの入れ方を参考にしてください。

【有料老人ホームの志望動機 ~未経験の場合~】
私が介護を目指す理由は、一人暮らしの祖母が老人ホームに入って笑顔が増えたのが印象的だったからです。老人ホームに入る前の祖母は電話をするといつも「寂しい」とばかり言っていましたが、ホームに入った後は介護士さんが話し相手になってくれ、入居したばかりの祖母に気を使ってくれました。おかげで祖母は会うたびに元気になり、今も老人ホームでの生活を楽しんでいます。
貴施設を志望したのは、入居者の毎日がより充実するように、レクリエーションに力を入れられている点に惹かれたからです。長年接客の仕事をしてきた経験を活かし、相手の表情を読み取ったきめ細やかなサポートができればと思っております。

【有料老人ホームの志望動機 ~介護経験者の場合~】
私はこれまで5年間、特別養護老人ホームで介護をしてきました。今回転職を考えたのは、違う施設形態で幅広い介護のあり方を学びたいと思ったからです。
接遇に力を入れている貴施設であれば、入居者の方に最大限の敬意をもってケアをするという私の介護が役立てられるのではないかと思い、志望させていただきました。
常に自分の介護の改善点を探す向上心を忘れずに、持ち前の明るさを活かして仕事に取り組みたいと思います。
「志望動機を添削して欲しい」「本当に自分に合った職場を見つけたい」という方は、介護業界の転職をサポートするきらケアを利用してみませんか?
きらケアでは業界に詳しいアドバイザーがカウンセリングを行い、ご希望や適性、経験に合った求人をご提案します。
施設形態や就業形態、勤務時間、自宅からの距離、施設の雰囲気といったさまざまな条件の求人を選べるので、きっとあなたに合った仕事が見つかるはず!
応募先が決まれば履歴書の添削や企業とのやり取り代行など、内定までをあらゆる面でバックアップいたします。
サービスのご利用はすべて無料ですので、転職をお考えの方はぜひきらケアにご登録ください。

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧