介護士が転職を成功させるには、譲れない条件を見極めるべし

仕事 2019/06/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
矢印を見せる女性今回は転職したい介護士さんに向けて、自分に合った職場を探すヒントをまとめました。
転職活動は闇雲に始めるのではなく、「転職で何を実現したいのか」「自分に合った施設形態は何か」を考えるのが成功の秘訣。
転職を迷っている方も、コラムを読んでこれからの方針を固めていきましょう。

介護士が転職したくなる理由


転職を考える介護士さんは多いですが、一体何をきっかけに職場を変えたいと思うのでしょうか?
転職に迷っている方は、介護士さんのよくある転職事情を確認してみましょう。

【介護士のよくある転職理由】
・仕事のわりに給与が低い
・人手不足で仕事が忙しい
・サービス残業が多い
・休みがとれない
・職場の人間関係が悪い
・施設の方針と合わない
・腰を痛めてしまった
・夜勤がつらい

これらは一例ですが、比較的多い介護士の退職理由ではないでしょうか。
人手不足の介護施設では職員1人にかかる負担が大きくなり、心身ともに参ってしまうのはよくあるパターン。休みがとりにくいのも人手不足の施設でありがちな悩みで、プライベートや家庭との両立が難しく退職に至るケースは少なくありません。
退職理由によく挙がるサービス残業は、本来であれば違法な行為。あまりにも毎日サービス残業が続く、意見を出しても改善される見込みがないと、転職を考えるのも自然なことです。

そのほかに、「施設の方針と自分の介護観が合わない」「ワンマン経営でついていけない」というのもよく聞く話。
体力的な点では、「腰痛で仕事が続けられなくなった」という人も少なくありません。特に人手不足の企業では1人で何人もの介助をしなくてはならないので、余計に負担がかかるのでしょう。

職場の人間関係に悩みを持つ人は多く、「上司と合わない」「派閥同士でギスギスしている雰囲気が嫌で辞めた」という人も。信頼できる仲間がいれば多少の困難も乗り切れますが、気軽に相談できる同僚や上司がいない職場で働き続けるのは難しいのかもしれません。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

転職を成功させるための下準備


在宅ワークイメージ「とにかく今の職場から離れたい」「決まればどこでもいい」という気持ちだけで転職活動を始めるのは、勢いはあっても実は危険。
なぜならなんとなく沢山の求人を眺めると、色々な条件に気持ちが惹かれ、一時の迷いで自分に合わない職場に就職する恐れがあるからです。
転職で納得のいく職場と出会いたいなら、絶対に譲れない条件を決めておくことが第一歩。ミスマッチのない職場選びをするには、求人を見る前に転職で叶えたいポイントを明確にしておくことが大切です。
仕事には、「仕事内容」「施設形態」「給与」「職場の雰囲気」「勤務地」といった諸条件がありますが、自分の中で譲れない条件をピックアップしてみましょう。希望が沢山あるとすべてが叶う職場を見つけるのは難しくなるので、条件に優先順位をつけるのがポイントです。
「家から遠くても給与が良い職場で働きたい」「多少の残業は構わないので人間関係の良い職場がいい」という風に、妥協してもいい部分と転職でぜひとも実現したい希望を考えてみてください。

また、転職の際は今後のキャリアに目を向けることも忘れずに。「今は介護士だがいずれは管理者になりたい」という人は、キャリアアップの道筋がある事業所を選ぶのが良いですし、まだ資格がない人は、資格を取得してより条件の良い職場を見つける方法もあります。

今までの話をまとめると、転職を成功させるには「転職先で何を実現したいかを明確にイメージすること」が大切だといえるでしょう。

自分に向いている施設を見極める


同じ介護業界であっても、施設によって仕事内容や介護の難易度、夜勤の有無といった働き方が異なります。特に今の職場が合わないと感じる人は、どの施設形態が向いているのかを慎重に見極める必要がありそうです。
ここでは代表的な施設と働き方の特徴をご紹介します。

【特別養護老人ホーム】
母体となる法人の規模が大きく、賞与や福利厚生が手厚い施設が多いため、好条件の求人が見つかるかもしれません。介護度の高い利用者が多いので、「介助が大変」と感じることもありますが、「幅広い介護スキルが身につく」と考えることもできます。

【デイサービス】
デイサービスは在宅の高齢者を対象としているので、介護度が低い人が多く、和気藹々とした明るい雰囲気です。宿泊サービスがなければ夜勤もないため、体力的な負担も少ないでしょう。
レクリエーションの内容は介護士が考えるので、活動を通して利用者を笑顔にできるやりがいがあります。

【訪問介護】
自分が希望する時間にシフトを入れやすく、パートやアルバイトで働きやすいのがメリット。自宅に行って介護するので、利用者一人ひとりとじっくり向き合える良さがあります。
ただ、訪問介護は基本的に1人で介助するため、その場に頼れる仲間がいないのを心細く思うかもしれません。利用者の体に触れる「身体介護」も1人で行うので、資格があることが必須です。

【介護付き有料老人ホーム】
有料老人ホームは利用者の満足度を重視する施設が多いため、きめ細やかな対応力が身につきます。
ほかの施設形態と比べて法人ごとの方針の差が大きく、「医療に力を入れている」「ホテルのようなサービスがある」「介護度が高い人を受け入れている/受け入れていない」という風に、特色がさまざま。中には介護の仕事はほとんどなく、食事の準備や掃除などの家事が業務の中心になる施設もあります。
施設によって働き方に違いが出るので、求人やサービス内容をよく確認した上で応募しましょう。

転職の際はそれぞれの事業所や施設の特徴、サービス内容を踏まえた上で、そこでの働き方をイメージするのがポイントです。

ブラック企業を避ける!求人や面接時のチェックポイント


ビジネスウーマン労働環境が悪い職場を避けるために、求人閲覧や面接・見学の時は、次のような点に注意してください。

【求人が頻繁に出ていないか】
求人が頻繁に出ている事業所は離職者が多いために、常に人を集めている可能性があります。退職者が多い理由として真っ先に考えられるのは、労働環境の劣悪さ。
退職者が出ることを予想して多めに採用を行い、職場環境の改善に取り組んでいないこともあり得ます。

【周辺施設との待遇に大きな差がないか】
同じ施設形態なのに周辺の施設と比べて待遇が良い…。一見良い求人のように思えますが、こちらも職員が定着しないために好条件を出している可能性があります。
こういった事業所は実際はサービス残業が多かったり、人手不足で仕事の負担が大きかったりと、入職前と入職後に大きなギャップを感じるかもしれません。

【職員同士の関係、職員と利用者の関係は良好そうか】
良い職場を見つけるには、見学や面接時に施設の様子を観察することも大事です。職員同士の挨拶やコミュニケーションはあるか、職員の表情は明るいかといった点に気をつけると、職場の人間関係が想像できます。
また、職員と利用者の関係性にも注目してください。職員と利用者の会話が聞こえてこないのは、人手不足で介護が機械的になっているからかもしれません。職員側の余裕のなさは利用者にも影響するので、利用者がリラックスしているか、表情が活き活きしているかを観察しましょう。

プロの力を借りて自分に合った職場を見つけたい方は、きらケアのアドバイザーにご相談ください。きらケアでは介護業界に詳しいアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、その方に合った求人をご提案いたします。
豊富な施設形態や勤務条件の求人を揃えているので、きっとあなたに合った職場が見つかるはず。事前に施設の雰囲気や働き方について詳しくお伝えするので、入職後のミスマッチを防げます。
「転職するか迷っている」という相談も歓迎しておりますので、一度アドバイザーと話をしてみませんか?

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧