賢く転職したい人のための、ブラックな介護事業所の見分け方

仕事 2019/06/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あの施設について聞いてみる
介護の転職情報サイト【きらケア】

ブラック施設の見分け方
介護業界では利用者や働く職員のことを大切に考える施設が多い一方で、ブラックな事業所が存在するのも事実。残念なことに、初めての就職先がブラックな職場で、「介護そのものへのイメージが悪くなった」という人もいます。この記事では、労働環境のが劣悪な職場を避けるために、ブラックな職場にありがちな特徴を解説。ブラック事業所の見分け方をマスターしましょう。

【目次】


ブラックな事業所の特徴~求人編~
ブラックな事業所の特徴~見学編~
ブラックな事業所の特徴~面接編~
ブラックな事業所の特徴~入職後編~
介護職自体はブラックな仕事ではない

ブラックな事業所の特徴~求人編~


まずは、ブラックな事業所にありがちな求人の特徴を確認していきます。職場環境は募集頻度や募集要項から推測できることがあるので、求人を探す時から鋭くアンテナを張りましょう。

頻繁に求人情報を出している


労働環境や待遇が悪い事業所は離職者が多く、頻繁に求人を出す傾向があります。常時募集を出している施設には、何か問題があることを疑いましょう。

周辺の施設より大幅に待遇が良い


離職者が多い施設がより多くの人材を確保するために、好条件で求人を出すケースがあります。そのような施設はあらかじめ退職者が出ることを予測した上で、人を集めているのかもしれません。
好条件でも実際はサービス残業が多かったり、人手不足で仕事がきつかったりする可能性があるので充分注意してください。

ご紹介した特徴がある求人=ブラック企業とは限りません。ただ、上記のような求人には何らかの理由が潜んでいることが考えられるので、見学や面接の際に事業所の雰囲気をよく観察するのを忘れずに。

▲目次へ戻る

\登録1分! /
求人を紹介してもらう介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは


ブラックな事業所の特徴 ~見学編~


シニア女性 車椅子
ブラックな事業所は施設内の雰囲気がギスギスしていたり、よく観察すると「あれ?」と違和感を覚えることがあったりします。見学前に以下のポイントを頭に入れて、当日しっかりチェックしましょう。

職員・利用者に笑顔がない


職員に笑顔がないのは、人手不足による仕事の負担や連日の残業で疲れ切っているからかもしれません。職員に余裕がないと介助も機械的で効率を重視したものになるため、利用者側もリラックスできず、会話が弾む状況とは程遠くなってしまいます。

職員同士のコミュニケーションが活発でない


職員同士の会話が少ないのは、職場の人間関係が悪化しているせいかもしれません。情報共有は最適なサービスを提供したり、介助中の事故を防ぐためにも絶対に必要なはず。それができていない事業所は利用者に対して充分なサービスを提供できない可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

見学は実際に働く現場を自分の目で確かめられる貴重な機会です。職員や利用者の表情はもちろん、「利用者のつくった作品が綺麗に飾られている」「利用者が楽しそうに写っている写真がある」といった細かな点にも目を配り、職場全体の雰囲気を感じとってください。

▲目次へ戻る

\登録1分! /
見学についてきてもらう介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは



ブラックな事業所の特徴 ~面接編~


面接は雇用者が応募者を見極める場であると同時に、応募者が面接官の振る舞いや事業所の雰囲気をチェックする場でもあります。面接当日は次のような点が見られないか確かめてください。

面接官が威圧的


面接官は採用する人材を選ぶ立場にはありますが、きちんとした組織・面接官であれば、社会人として相手に誠意をもって接するのが普通です。面接官は一緒に働く上司になるかもしれないので、「1人の人間として扱われていない」「対応が雑」と思うことがあったら、採用されても入職はよく考えた方が良いでしょう。

面接当日に採用される


事業所にとって面接は、これから一緒に働く仲間を見極める大切な時間のはず。大した質問もなく採用になったり、当日に合格を言い渡されたりした時は、人材不足で「誰でもいいから働ける人」を求めているのかもしれません。
そういった事業所はある程度の退職者が出ることを見込んで採用を行っており、労働環境の改善に取り組んでいないことが考えられます。

このほか、試用期間が普通より長い場合、労働雇用契約書が発行されない場合は注意が必要。試用期間中に低い給与で残業をさせられ、正社員にはなれないケースが考えられます。
また、契約書を発行しないのは、面接時と入社後の条件が違っていて、その証拠をとられないようにしているのかもしれません。要注意です!

▲目次へ戻る

\登録1分! /
面接の練習をしてもらう介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは



ブラックな事業所の特徴 ~入職後編~


エプロン姿のミドル女性・ブルーバック
入職後も「働くのが辛い…」「うちの職場はおかしいのでは?」と思ったら、以下のようなポイントを確認してください。

求人情報と実際の条件が異なる


雇用者が労働者に対して給与や休日などの労働条件を明示するのは法律上の義務となっています。もし入職後の労働条件が当初説明されていたものと違う場合、労働者には即時退職する権利が認められるので覚えておきましょう。

パワハラやセクハラがある


その職場では「仕方ないこと」として扱われていたとしても、パワハラやセクハラが当たり前になっているのは普通ではありません。そういった職場は雰囲気が悪く殺伐としていることが多いので、退職を検討するのが良いでしょう。

有給休暇が取得できない


有給については労働基準法にその扱いが明記されており、雇用者は特別な事情がない限り有給の申請を断ることができません。「有給がとれるのがいつになるか分からない」「うちには有給はない」という職場は法律違反の可能性が高いです。

サービス残業が当たり前


労働基準法では時間外の労働には割り増し賃金を支払うことが明記されており、サービス残業は明らかな違法行為。悪質な職場では、「タイムカードを押した後に仕事をさせる」というケースもあります。

不法な医療行為を強要される


人手不足の職場では、医師や看護師、資格のある介護士にしか認められていない医療行為をスタッフに強要することがあります。事実が露見した場合、事業所だけでなく個人が罰せられる可能性もあるので心に留めておきましょう。

利用者からの暴力を見過ごす


職員が利用者から暴力を振られても事業所側が適切な対処をしないのは、職員を大切にしていない証拠です。ブラックな職場は「職員を機械のように扱う」「辞めれば新しい人を雇えばいい」と考える傾向があるので、自分や他の職員が不当に扱われた場合は疑ってかかるべきでしょう。

このほか、「夜勤明けに日勤が続く」「体調不良などの仕方がない理由での当日欠勤が認められない」といった職場はブラックである可能性が高くなります。ブラック企業は身も心も消耗していく一方なので、「何かおかしい」と思うことがあったら、今までに起こったことを振り返り、退職を検討してはいかがでしょうか。

▲目次へ戻る

\登録1分! /
うちってもしかしてブラック?介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは



介護職自体はブラックな仕事ではない


ブラックな職場の特徴をお伝えしてきましたが、介護の仕事自体は決してブラックではなく、やりがいを持って働いている介護士さんは沢山います。介護職は利用者から感謝される喜びがありますし、介護業界は今後も安定的な成長が見込める業界。ブラックな職場で働くうちに介護自体が嫌いになってしまうのは、非常にもったいないことです。
「もう仕事に行きたくない」という気持ちになっている人も、「職場環境が悪いから辛いのか」「介護の仕事自体が辛いのか」を冷静に考え直してみましょう。
もし、介護の仕事自体が嫌いでなければ、新しい環境で再スタートを切ってみませんか?
職員のことを大切に考えている介護事業所はありますし、職員同士の仲が良く働きやすい職場は存在します。
ブラックな職場で我慢して働いても得られることは少ないので、転職活動をして活き活きと働ける場所を探しましょう。

\登録1分! /
アドバイザーに相談する介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは



転職を考えたら


介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧