介護職を辞めたい…やってられない時の転職先の選び方

仕事 2019/06/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asian woman business image

「もうやってられない…」と感じながらも、仕事や家庭の事情、ご利用者の方への思いから退職や転職に踏み切れない介護職の方は多いようです。当コラムでは、介護職への不満を感じている方が少しでも楽になれるよう、転職先の選び方や介護業界の魅力などについてご紹介します。将来どうなりたいか検討する際、ぜひ参考にしてください!

「やってられない!」と感じる理由


何が原因でやってられないと感じるのかは人によって違います。
よくある理由を確認してみましょう。

【給与が安い・待遇が業務内容に見合っていない】
介護職は人の命や人生に大きく関わる重要な仕事ですが、給与はほかの業界・職種に比べて低い傾向に。
近年は一般的な企業の水準に合わせる動きがあるものの、まだまだそのレベルに届かないようです。
待遇面でも、「人手不足で休みづらい」というケースや、残業代が出ないという施設も多々あります。

【激務】
現在、介護業界は慢性的な人手不足。
人手不足ということは、必然的に1人あたりの業務量が多くなると言えるでしょう。
対人業務なだけに、すべての作業がマニュアル・スケジュール通りに進められるわけでもありません。
業務量の多さや、予定通りに業務が終わらないことなどから「やってられない…」と感じることは多いでしょう。

【人間関係が悪い】
相談できる環境が十分整っていないと人間関係のトラブルがあることも。
派閥やグループがあるケースをはじめ、上司や先輩が人によって態度を変える、ご利用者やご家族に冷たい、または冷たくされるなどさまざまです。
干渉せずに済むのがベストですが、業務で関わる以上避けては通れない問題と言えるでしょう。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

介護職の魅力に目を向けよう


太陽とハートマーク

介護職は辛いことばかりではありません。
魅力を知ったり改めてやりがいを感じたりすれば、モチベーションを保つことができるのではないでしょうか。

【成長が見込める業界】
これからも長期間に渡って高齢化は進みます。
必然的に介護施設や介護職のニーズは一層高まることになるでしょう。
転職をする際も経験があれば優遇されるはずです。

【待遇改善に取り組む施設が増えている】
人手不足を理由に、待遇改善に取り組む施設が増加しています。
先に挙げた給与水準はもちろん、休暇の取りやすさなども今後向上していくことが考えられます。

【資格を取得すれば将来的にも安心】
介護職におすすめの資格には、介護職員初任者研修や介護実務者研修など、比較的取りやすいものがあります。
「取りやすい=価値が低い」かと言うとそうではなく、きちんと知識や技術を評価され待遇面での期待ができる資格です。
また、介護福祉士やケアマネジャーなどを取得すれば活躍の場も広がり、将来的にも安心感を得られるでしょう。

【家族の介護に活かせる】
長生きするほど介護の必要性が高まるのは事実。
これから親や祖父母といった親族の介護が必要になる可能性はゼロではないでしょう。
介護職で培ったスキルはそのままプライベートでも活かせるため、いつか役立つ日がくるかもしれません。

転職におすすめの業界・職種


もし介護職の魅力を再確認しても「やってられない」と感じるのなら、転職を考えてみても良いでしょう。
介護職からの転職におすすめの業界・職種の一例を挙げたので、参考にしてください。

【一般職、事務職】
腰を痛めて肉体労働がきつい人には、事務などのデスクワークがおすすめ。
求人が少ない、経験者が優遇される傾向にある、という難点はあるものの、就職できれば長く勤められる職種です。

【営業職】
営業職はどの業界でも求人が多め。
未経験者を歓迎する求人が多く、転職におすすめの職種です。
高いコミュニケーション力が必要と思うかもしれませんが、傾聴力やニーズを感じ取るスキルがあれば大丈夫なことも。これらは介護職で培われるスキルなので、活かすことができるでしょう。

【接客業】
飲食店や販売店などの接客業も需要が高め。求人数が多く、自宅の近隣で探したい、調理などプライベートでも活かせるスキルを身に着けたいなど、自分の希望に合わせて探すことが容易です。
こちらも介護職で培ったスキルを活かせますし、働き方もシフト制であることが多くこれまでの生活リズムを保ちやすいというメリットがあるでしょう。

【保育業界】
人の役に立ちたい、直接喜ぶ姿を見たい、という理由で介護職を選んだ人は、保育業界も良いでしょう。
保育士になるには資格が必須ですが、未経験者を歓迎している傾向にあります。
また、保育補助であれば資格がなくても働くことが可能です。

【介護業界】
介護の仕事自体は好き…そんな人も多いのではないでしょうか。
もし労働環境が不満なだけでモチベーションが下がっているのなら、介護業界内での転職をしても良いかもしれません。
たとえば同じデイサービスであっても、レクリエーション中心のサービスもあれば機能訓練がメインの施設もあります。
同じサービス内容でも、活躍している職員が違えば施設内の雰囲気や制度も大きく違うでしょう。
環境を変えれば介護職を続けられそう…という方は、次項をぜひご覧ください。

良い転職先の選び方


老人介護施設・初夏を楽しむ母

介護の仕事が好きなのであれば、労働環境を変えるのがおすすめです。
しかし転職先を間違えればまた同じ悩みを抱えてしまう可能性も。
そうではなくても、介護職に医療行為をさせる、残業申請をさせない…など不法行為をしているブラックな施設に就職してしまえば、別の悩みを抱えることになるでしょう。
良い転職先を選ぶには何に注目すれば良いのでしょうか。

【職場環境の改善に積極的かどうか】
転職先を選ぶときは、必ず施設のWebサイトと求人の詳細を確認しましょう。
採用ページや施設の紹介をしているページがあれば、労働者に対してどのような取り組みを行っているかが分かります。求人では待遇面や施設の特徴、アピールポイントなどを参考にしましょう。
職場環境の改善を謳っている施設では定期的な制度の見直しやミーティングなどが期待できます。
人間関係や労働環境の相談もしやすいと言えるでしょう。

【理念や想い、介護のやり方に共感できるか】
介護施設は「高齢者を尊重する」といった理念を掲げていることがほとんどかもしれません。
しかしその実態を紐解けば、具体的にどういう風に尊重しているか、どうやってご利用者と接しているか内容は施設によって異なるでしょう。
こちらもWebサイトや求人を見て、気になっている施設がどのような雰囲気なのか、どうケアをしているのかをよく確認してください。
共感できる部分が多いほど、自分にマッチする施設と言えるでしょう。
介護施設選びに悩んだらきらケアにお任せください。
きらケアは介護職に特化した就職支援サービス。
現在のお悩みや経歴、スキルに合わせてあなたにぴったりの介護施設をご紹介します!
就職後は業務内容だけでなく、人間関係などのご相談も可能。アフターフォローも万全のきらケアを、ぜひご利用ください!

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧