サ高住とはどんな施設?有料老人ホームとの違いは?入居条件や費用も解説

介護の仕事 2021年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者の安否確認をする男性介護士の画像

現在介護職員として働いている人のなかには、サ高住への転職を検討している方もいるでしょう。この記事では、サ高住とはどのような施設なのか、有料老人ホームと比較してどんな違いがあるのかをご紹介します。サ高住での仕事が気になる方は、施設の特徴や強みを理解し、自分が活躍できそうな環境かどうかを判断してみましょう。

目次

サ高住とは

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)とは、要介護度の低いご高齢者が入居できるバリアフリーの住まいです。職員は生活相談や安否確認を行い、利用者さんの自由な生活をサポートしています。一人暮らしが不安な方やマイペースに過ごしたい方が入居する傾向にあるため、サ高住の職員はニーズに寄り添って支援する姿勢が求められるでしょう。

一般型

多くのサ高住は「一般型」に分類されます。一般型のサ高住は介護サービスの提供がなく、必要となった場合に個別契約が必要です。「高齢者住まい法」に則した住宅で、利用者さんは自宅と同じように好きなペースで日々を過ごせます。

施設によっては生活支援や夜間の見守りを行っていない場合もあるので、どのようなサービスを展開しているかは事前にチェックしましょう。

介護型

厚生労働省が特定施設として指定したサ高住では、介護サービスの提供が可能です。介護型のサ高住は、要介護度の重い方にもケアを行えるよう、介護職員の配置がされています

身体介護以外にも、利用者さんが充実した時間を送るためにレクリエーションを実施する場合も。また、看取りに対応している介護型のサ高住もあります。

サ高住と介護付き有料老人ホームの違い

介護付き有料老人ホームとは、65歳以上のご高齢者を入居対象としている介護施設です。サ高住と介護付き有料老人ホームの具体的な違いは下記の表にまとめました。

サ高住介護付き有料老人ホーム
契約形式賃貸契約終身利用権
生活の送り方自宅と同じように過ごせる1日のスケジュールが決められている
提供サービス生活相談、安否確認(介護型のみ身体介護)身体介護、健康管理、機能訓練など

サ高住は賃貸契約なのに対し、介護付き有料老人ホームは終身利用で介護度が上がってもサービスを受けられるといった違いがあります。サ高住は入居のハードルが低く、利用者さんが自分らしい生活を送れるのがポイントです。

サ高住と住宅型有料老人ホームの違い

住宅型有料老人ホームとは、自立した方や要支援・要介護の認定を受けた方が入居可能な施設です。在宅介護と同様に、外部の訪問介護や通所介護を利用できます。サ高住と住宅型有料老人ホームの違いは下記の通りです。

サ高住住宅型有料老人ホーム
契約形式賃貸契約終身利用権
生活の送り方自宅と同じように過ごせるある程度のスケジュールが定められている
提供サービス生活相談、安否確認(介護型のみ身体介護)健康管理、生活支援

介護型のサ高住では介護サービスの提供が可能なことに対し、住宅型有料老人ホームでは職員が介護を行うことはありません。住宅型有料老人ホームは訪問介護やデイサービスと併設されている場合もあり、施設で過ごしながら介護を受けやすい体制が整えられています。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

サ高住の設備と人員体制

サ高住では、日中1名以上の職員の常駐が定められているのが特徴です。具体的には、下記の職員が当てはまります。

  • 社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員
  • 医師
  • 看護師
  • 准看護師
  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員
  • ヘルパー2級以上の資格を有する者

なお、人員配置の基準は都道府県によって異なるので注意が必要です。常駐が定められていない夜間では、緊急通報システムを利用して対応されることが多くあります。

サ高住の費用

サ高住は有料老人ホームと比較すると、低費用で入居が可能です。なお、一般型と介護型とでは、入居に必要な費用は異なります。

初期費用月にかかる費用
一般型数十万円ほど8~30万円ほど
介護型数十万~数千万円ほど15~35万円ほど

介護型のサ高住では介護サービスや設備が充実しているため、一般型より費用が高い傾向にあると考えられるでしょう。居住に必要な費用を支払っている利用者さんが快適に過ごすためにも、職員は手厚いサポートを行わなければなりません。

サ高住の入居条件

サ高住の入居条件は、60歳以上のご高齢者、または要介護状態にある60歳未満の方となっています。基本的には自立したご高齢者が入居対象です。なお介護型のサ高住の場合は、要介護度が重い方も対応しています。

サ高住で提供するサービス

一般型のサ高住では、生活相談と安否確認を提供しています。それぞれの業務内容は下記にまとめました。

生活相談

サ高住に常駐する職員は、利用者さんの生活に関する相談を行います。生活相談では、居室の掃除や買い物、ご家族への連絡など、介護業務以外の幅広いサービスに対応。施設によっては、生活相談を行う時間を決めて効率的に業務を進めている場合もあります。

安否確認

利用者さんの安否確認を行うのも、サ高住の職員の仕事です。居室を定期的に訪問したり、カメラやセンサーを用いてシステムからチェックしたりと、施設によって安否確認の方法は異なります。定期訪問とシステムの両方を組み合わせることもあり、利用者さんが安心できる暮らしをサポート可能です。

サ高住の仕事はきつい?

介護型でなければ、基本的にサ高住では介護業務がありません。そのため、一般型のサ高住であれば身体的な負担は少ないでしょう。介護型の場合は身体介助に取り組む必要がありますが、介護経験を積めるので着実にスキルアップができます。

なお、夜勤のあるサ高住では生活リズムが崩れたり、勤務時間が長かったりするので注意が必要です。一般型の夜勤なら基本的に体位変換やおむつ交換がないので、比較的負担が少ない状態で勤務できます。イメージギャップで早期離職を防ぐためにも、業務内容に関する情報をしっかりと掴んでおきましょう。

「サ高住の仕事や施設の雰囲気を理解した上で転職したい」「プロの手を借りて転職を実現したい」と考えている方は、きらケアに相談してみませんか?

介護業界に特化したきらケアでは、ここにしかない非公開求人や施設情報を多数有しています。あなたの希望条件にぴったりの求人をご紹介するため、転職を通じて理想の働き方を実現できるでしょう。すべてのサービスは無料で提供しているので、まずはお気軽に問い合わせください。

まとめ

サ高住とは、要介護度の低い自立したご高齢者が入居可能なバリアフリーの住宅です。一般型のサ高住では安否確認や生活相談を行い、介護型のサ高住では身体介護やレクリエーションを行います。サ高住には、日中1名以上の職員の常駐が必要です。常駐が定められていない夜間帯は緊急通報システムを利用します。

一般型であれば介護業務を行わないため、職員の身体的な負担は少ないでしょう。介護型のサ高住なら経験とスキルが身につくのがメリットです。サ高住の仕事が気になる人は、きらケアのサービスを活用してみませんか?

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧