ケアハウスの仕事内容とは?種類や働くメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケアハウスの食堂のイメージ

「ケアハウスの仕事内容ってどのようなもの?」と気になる方へ。この記事では、ケアハウスの特徴や仕事内容、働くことで感じられるやりがいなどをお伝えします。ケアハウスは種類によって業務内容が異なるため、あらかじめ把握しておくことが大切です。種類による働き方の違いもまとめているので、興味がある方はご一読いただき、参考にしてみてください。

目次

ケアハウスとは

ケアハウスとは、軽費老人ホームC型とも呼ばれるもので、家庭での日常生活が困難な方に対して入所サービスを提供する施設です。食事や入浴のサービス、生活相談などを主に行います。運営元は民間企業や社会福祉法人などで、比較的低額な料金設定が特徴。デイサービスや訪問介護事業所を併設している施設もあるようです。

ケアハウスは一般型と介護型に分類され、それぞれ特徴が異なります。以下で詳しくまとめました。

一般型ケアハウス

一般型ケアハウスとは、買い物や掃除、洗濯といった日常生活の支援をメインで行う施設です。基本的に介護サービスは含まれていないため、必要になった場合は利用者さまが別途契約する必要があります。訪問介護事業所が併設されている場合は、利用することが多いようです。入居条件は、自立した生活を続けることが難しくなった60歳以上の方、夫婦の場合はどちらかが60歳以上の方となっています。

介護型ケアハウス

介護型ケアハウスとは、洗濯や掃除などの日常生活の援助に加え、食事介助や入浴、排泄介助などといった介護サービスを提供する施設です。入居条件は一般型より厳しく、原則65歳以上で、要介護度1以上の方となっています。入居した後に介護度が上がっても、退去する必要はありません。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

ケアハウスの仕事内容とは

ケアハウスにおける介護職の仕事内容は、利用者さまの生活介助や見守り、レクリエーションなどです。一般型と介護型では仕事内容や働き方が異なります。以下でそれぞれの違いをまとめているので、ご確認ください。

一般型ケアハウスの仕事内容

一般型ケアハウスの仕事内容は、掃除や洗濯、料理など利用者さまの身の回りのサポートがメインです。訪問介護事業所が併設されている場合は、排泄や入浴の介助など、一般的な介護業務を兼任することもあります。

勤務時間

一般型ケアハウスはシフト制が多いようです。「早朝から昼過ぎまで勤務する早番」「朝食後から夕方にかけて勤務する日勤」「昼ごろから就寝時間にかけて勤務する遅番」といった勤務形態を取っている施設が一般的。食事の準備を担うため、朝食や夕食の時間帯に合わせて勤務することが多い傾向にあるでしょう。

働くメリット

一般型ケアハウスの特性上、日常生活の援助がメインの仕事内容になります。そのため、未経験者の方でもチャレンジしやすく、働きやすいのが魅力。また、利用者さまのなかには日中はデイサービスに行き、ケアハウスにはいないこともあるようです。そのような理由から、一般型ケアハウスでは残業することも少なめというメリットもあります。

働くデメリット

一般型ケアハウスの利用者さまの多くは自立度が高く、日常生活以外でサポートできることが少ない特徴もあります。介護の現場で経験や実績を積みたい、という方や介護度の高い方のケアを実施したい方にとっては、物足りなさを感じることもあるでしょう。

また、一般型ケアハウスの特性上サポートできることが限られているため、介護職経験者にとっては、歯痒さを感じることもあるといわれています。

介護型ケアハウスの仕事内容

介護型ケアハウスの仕事内容には、一般型と同様の生活援助に加えて、状況に応じた介護や機能訓練のサポートなども含まれます。夜間帯の業務もあるので、就寝準備や体位変換なども仕事です。

勤務時間

介護型ケアハウスでは、利用者さまが24時間入居して直接介護サービスを提供しているため、夜間帯もあります。早番や日勤、夜勤など24時間シフト制を取っている施設があったり、夜勤専属のスタッフがいる施設があったりと、就業先やシフトによって勤務時間は異なります。夜勤は夕方に出勤し、翌日の朝食介助までを受け持つため、勤務時間が長い場合も多くあるでしょう。

働くメリット

介護型ケアハウスの運営主体は社会福祉法人であり、比較的基盤が安定しています。手当や特別休暇といった、福利厚生が充実している施設が多いのが魅力です。夜間帯の業務があれば、夜勤手当も受けられるでしょう。

また、介護型ケアハウスは3名の要介護者に対して、「1名以上の介護職員もしくは看護職員」を配置するよう義務づけられていることで、人員不足で業務にしわ寄せが来る心配がありません。気持ちにゆとりを持って、介護の現場に立つことができるでしょう。

働くデメリット

介護型ケアハウスでは、一定以上の介護度を必要とする方が対象になるため、仕事内容が生活援助だけでなく、介護業務も兼任します。通常の介護業務も行うことから、人によっては仕事内容が負担に感じることも。夜勤業務がある場合は、生活リズムが不安定になりやすいことも挙げられます。慣れるまでは、疲労やストレスを感じる介護士さんもいるでしょう。

ケアハウスで働くやりがいとは

ケアハウスは、さまざまな介護度の方が入居しているため、個々のニーズに合わせた対応方法の違いが学べます。一般型は生活介助がメインなので、利用者さまとじっくり向き合ったたサービスを提供できるでしょう。きめ細やかなコミュニケーションを取れるのも魅力です。介護型は、夜勤帯ならではの判断力や適応力が身につくでしょう。介護職におけるスキルが活用できたり、新たな知識の習得ができたりすることが、働くやりがいに繋がります。

介護職員の給料

2020年の厚生労働省の調査によると、常勤の介護職員の平均月給は「31万5千850円」という結果です。これは、平均基本給の18万2千260円に、平均手当額の7万8千440円、平均一時金額の5万5千150円を足したもの。また、処遇改善加算を取得している施設の平均給与となっています。ケアハウスに限定した平均給与ではなく、すべての施設で勤務する平均給与なので、参考までに把握しておきましょう。

まとめ

先述したとおり、ケアハウスは低額で利用できるのが特徴なので、今後ますますニーズの高まるサービスの一つといえます。それぞれ施設によって仕事内容や働き方が異なることから、仕事を探す際は自身の目指す介護やライフスタイルを考慮すると良いでしょう。

きらケアでは、介護職の転職をお考えの方に、専門のキャリアアドバイザーが豊富な求人を紹介します。実際に施設を訪問して情報収集をしているので、有給休暇の消化率や職場の雰囲気といった情報も提供。仕事探しから入職後までをトータルでサポートします。サービスはすべて無料なので、ご安心ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事介護の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧