グループホームで働くやりがいとは?特徴や仕事内容

仕事 2020/05/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車椅子の夫婦とヘルパーの画像

介護の仕事と言っても、働く職場は実に多様です。介護サービスを受けながら居住する介護施設は、その中でもイメージしやすいかもしれません。しかしそうした介護施設も、対象とする方の介護度や提供する介護サービス、あるいは公的施設や民間施設などたくさんの種類があります。介護業界での就業を考えるなら、各施設の特徴や自身が担うことになる仕事内容など、しっかり頭に入れておきましょう。ここでは、グループホームについて詳しくご紹介します。

【目次】


グループホームで働く職員が感じるやりがいとは?
グループホームの具体的な仕事内容
グループホームで働くときの注意点
まとめ

グループホームで働く職員が感じるやりがいとは?


微笑むエプロン姿の女性

グループホームではさまざまな事情から家族と一緒に暮らせない高齢の方や障害のある方などが、専門スタッフらのサポートを受けながら一般的な住宅に近い環境で生活する場所。「集団生活型介護」などと呼ばれることもあります。もともとはヨーロッパで起こった障害者解放運動(知的障害のある人たちを隔離施設から解放しようという運動)が拡大して、高齢者にも浸透してきました。
日本でグループホームと言えば、認知症高齢者グループホームを指すことが多いでしょう。しかし実際には、さまざまな障害を持つ人たちに対応した施設があります。ここで、そうしたグループホームで働くうえでのやりがいについて見ていきましょう。

少人数のユニットを担当するので丁寧な対応ができる


グループホームは、5~9名ほどの入居者さんが暮らすユニットごとに共同生活する場所。職員は一般的な老人ホームと比べて、担当する入居者さんの人数が少なくなります。そのため、よりきめ細かな介護対応が行えるという点は大きな特徴です。入居者さん一人ひとりに寄り添った介護業務が行えることは、働くうえでやりがいにもつながります。

出来るだけ手助けせず自立した生活を促す


グループホームでは食事の調理や配膳、後片づけ、食器洗いから、掃除、入浴、風呂掃除、お買い物まで入居者自らが行い、職員はサポートする程度です。そうすることで、入居者さんたちで自立した生活ができるよう努めています。たとえば認知症の方なら、家事をすることで病気の進行を遅らせることにつながるといわれているのです。
「手を出し過ぎない」「でも、困ったときには手を差し伸べる」といった対応がグループホームの職員には求められます。配慮のあるサポートで入居者さんの症状が改善したり、病気の進行を遅らせたりすることができたとき、職員は自分たちの正しい対応にやりがいを感じられるでしょう。

自然体で家族のように暮らす


大規模な老人ホームのような施設ではスケジュールが時間ごとに決められていて、各曜日で色んな行事やイベントが行われます。スタッフはこれに合わせて仕事に取り組むため、入居者さんへの細かな対応が後回しになることも少なくないでしょう。
しかしグループホームでは、画一的なスケジュールやマニュアル化された業務がありません。そのため、入居者さん一人ひとりの要望を聞いてあげられます。入居者さんと一緒に朝食を作って食べ、後片づけしてお互いに分担してお掃除する。アットホームな雰囲気の中で家族のように楽しく暮らす手伝が出来ることは、職員のやりがいにもつながっています。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

グループホームの具体的な仕事内容


介護士と高齢者の女性の画像

グループホームでスタッフが担う、具体的な仕事内容を見ていきましょう。

入居者さんの生活をサポート


グループホームの大きな特徴は、職員と入居者さんが一緒に生活しているところ。その中で、どうしても手助けが必要な場合にだけ職員が手を差し伸べます。手を出し過ぎないことが、グループホームの大きな特徴でありポイントです。
職員は入居者さんと一緒に食事の準備を行って共にテーブルを囲み、食事が終わったら一緒に後片づけします。1人で食事ができない入居者さんには食事の介助をしたり、食事以外にトイレの介助などサポートしたりすることも。入居者さん自身ができることはあえて奪わず、役割を与えて自立を促すこともグループホーム職員の大切な仕事です。

レクリエーション活動


多くの介護現場でレクリエーション活動が重視されています。レクリエーション活動を通して身体を動かすと五感が刺激され、認知症の予防あるいは進行を遅らせることにつながると言われているのです。このレクリエーション活動の内容は、それぞれの施設で企画しています。そのため、具体的な内容は施設ごとに異なりますが、体操やダンス、カラオケなどのほか、手芸などの手先を動かす作業を取り入れている施設もあるようです。

リハビリのサポート


認知症のある方が入居しているグループホームでは、認知症の進行を遅らせるためのリハビリを行っていることがあるでしょう。その場合、職員は理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門家らと連携しながら、少しでも進行を遅らせて自立した生活が送れるように取り組んでいます。

夜勤の業務


グループホームには、夜間に1名以上の職員を配置することが法律で義務付けられています。入居者さんと一緒に夕食を作り、食べ、後片づけをして、薬の管理からバイタルチェックなども職員の仕事。夜間は見回りを行って異常がないかチェックし、必要な入居者さんにはおむつ交換や排泄の介助を行います。
認知症のある方が入居しているグループホームの夜勤は、深夜徘徊をする方がいるかもしれません。そのため、日勤より体力的にも精神的にも厳しい業務だと言われています。

グループホームの1日


日勤と夜勤に分けて、具体的な1日のスケジュール例を見ていきましょう。

【日勤】
8:30 引き継ぎ
夜勤者からの引き継ぎ・申し送り、1日のスケジュールの確認

9:00 おむつ交換やトイレの介助

9:30 入居者さんと一緒に編み物や制作活動、軽くラジオ体操

10:00 一部の入居者さんと一緒に昼食の準備

12:00 昼食
自力で摂取できない人の食事介助

12:30 一部のスタッフは休憩時間、ほかスタッフは入居者さんと食器の後片づけや洗い物

13:30 おやつタイム
利用者と共に食材やおやつを買いにスーパーへ行く。買い物に行かない利用者はテレビを見たり、庭の植木の手入れなどをしたりするため、そのサポートを行う

15:00 おやつ。自力で摂取できない入居者さんの食事介助

15:30 入居者さんと共に夕食の準備を始める

17:00 夕食。自力で摂取できない入居者さんの食事介助

17:30 業務終了

グループホームの場合は、職員が入居者さんと一緒に食事の準備をして、食べることが多いようです。1人で夜勤に入る場合には、事前に業務の内容を確認する必要があります。

【夜勤】
17:00 出勤
日勤からの引き継ぎ・申し送り、入居者さんの食事介助

18:00 入居者さんの口腔ケアや臥床(がしょう)介助、おむつ交換

19:00 食器の後片づけ、翌日の入浴準備

20:00 眠前薬がある人への服薬介助

21:00 消灯
消灯後2時間おきに巡回して体位交換やオムツ交換、随時コール対応

4:30 朝食準備

6:00 入居者さん起床。整容や更衣介助を行う

7:00 朝食。必要な人には介助を行う

7:30 口腔ケアやトイレ誘導を行う

8:00 入居者さんの見守りをしながら記録物の記入

8:30 日勤に引き継ぎ・申し送り

9:00 後片づけをして業務終了

朝食は早出のスタッフが入居者さんと一緒に作ったり、夜勤のスタッフが作ったり施設によってさまざまです。時間があるときに食材の下処理をしておくなど、効率を考えた段取りが求められます。

▲目次へ戻る

グループホームで働くときの注意点


エプロン姿の女性が上に指を指している様子

少人数で丁寧なケアができる・アットホームな雰囲気など、他の施設にはない魅力のあるグループホームですが、いくつか注意点もあります。

家事仕事が苦手だと少し大変


グループホームの職員には介護スキルはもちろん、調理や掃除などの家事スキルも求められます。介護は好きだけど家事は苦手だ…という方は慣れるまで大変かもしれません。

職員が少ない


職員の少ないグループホームが多く、夜勤を1人で任されることも珍しくありません。そのため、臨機応変な対応能力と介護スキルが求められます。

▲目次へ戻る

まとめ


介護施設のイメージ

グループホームはさまざまな事情から家族と一緒に暮らせない高齢の方や障害のある方が、職員のサポートを受けながら暮らす住宅です。職員は入所者さんが困ったときにだけ手を差し伸べ、できるだけ自立した生活が営めるように促します。そうすることで、入居者さんの症状が改善したり、病気の進行を遅らせたりすることにつながります。一人ひとりに細やかなサポートが行えるため、やりがいと持って働ける環境です。

▼関連記事
グループホームで働きたい…おすすめの資格は?
グループホームの仕事内容はどんなもの?働くメリットは何?
グループホームの仕事はきつい?就職前に知りたい働き方

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧