特別養護老人ホーム(特養)施設長の仕事内容となり方は?平均給与もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別養護老人ホーム(特養)の管理者である施設長の仕事内容は、施設の運営管理などのマネジメント業務です。そのほか、スタッフの採用や教育、行政管理など多くの業務を請け負っています。この記事では、特養の施設長の仕事内容をご紹介。また、施設長になるために必須とされている条件なども解説します。施設長の仕事内容は、管理者として業務の責任は重くなりますが、ほかの職種にはないやりがいを得られるはずです。

目次

特養における施設長の主な仕事内容

特別養護老人ホーム(特養)の管理者である施設長の業務は、行政管理からスタッフの教育まで多岐に渡ります。施設の規模によって施設長の仕事内容は異なりますが、ここでは、施設長の一般的な仕事内容をご紹介します。

施設の運営管理

特養の管理者として、施設の理念や方針に沿った介護サービスを提供できているか、監督・指導を行います。さらに、施設長は介護保険法などの法令を把握したうえで、それに従って運営管理を行いますが、度々改正されるので常に最新の情報を把握していなければなりません。そのほか、自治体による集団指導や実地指導、監査などの対応も特養の管理者である施設長の仕事です。

利用者さまの管理

利用者さまの病歴や身体状態、ケアプランを把握し、適切な介護サービスを提供できているか常にチェックします。また、介護サービスの質の維持・改善も仕事内容の一つ。入居時や退去時、そのほか必要に応じて利用者さま、利用者さまのご家族と面談を行い、介護サービスに関する意向の聞き取りや相談・対応をします。

スタッフの管理

特養で働くスタッフの面接や採用、教育、法令に基づく人員配置などを行います。さらに、施設長はスタッフの勤務時間や残業時間、有給休暇などを把握し、労働環境の改善に努めなければなりません。また、介護現場の現状を常に気に掛けることも大切です。スタッフ間のトラブルの際には、人事配置の再考や指導など迅速な対応が求められます。

収支管理

特養の施設長は、賃料や人件費、水道光熱費といった各種の経費管理のほか、利用者さまとの契約業務、保険請求業務などを行います。介護事務員や生活相談員が担当することもありますが、最終的な判断は施設長の仕事。施設長は施設運営をする以上、利益を得ることも考えなくてはなりません。そのため、入居者獲得のための営業やほかの事業所との関係性づくりなども大切な仕事内容の一つです。

行政管理

特養を運営するうえで行政に提出するべき書類の作成、管理します。たとえば、運営規定や協力医療機関、利用者さまの定員数などの変更や施設内での食中毒・重大な事故があった際には管轄する市町村への届け出が必要です。そのため、施設長は届け出が必要な事項やそれに伴う必要書類などを把握しておく必要があります。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

特養の施設長になるのに必要な資格や条件

特養の施設長の資格要件は省令によって定められており、「社会福祉主事の要件を満たす者」「社会福祉事業に2年以上従事した者」「社会福祉施設長資格認定講習会を受講した者」のうち、いずれか一つを満たしている必要があります

(1)社会福祉主事の要件を満たす者

社会福祉主事の要件には、「指定養成機関の修了」や「社会福祉に関する指定科目を3科目以上履修して卒業している」「社会福祉士・精神保健福祉士である」などがあります。

(2)社会福祉事業に2年以上従事した者

社会福祉事業とは、特養や養護老人ホームなどといった社会福祉法に基づいて運営している施設です。そのほか、乳児院や児童養護施設なども社会福祉事業に該当します。

(3)社会福祉施設長資格認定講習会を受講した者

社会福祉施設長資格認定講習会とは、全国社会福祉協議会中央福祉学院が実施する講習課程です。研修期間は、通信授業6ヶ月・面接授業5日間となっています。

厚生労働省 
第9回社会保障審議会介護保険部会(2021/12/10)
社会福祉士の概要について(2021/12/10)

特養の施設長として必要なスキル

特養の管理者である施設長の仕事内容の中心はマネジメントです。そのため、介護スキルのほかコミュニケーション能力や経済管理能力も求められます。ここでは、特養の施設長になる前に、身に付けておいた方が良いスキルをご紹介するので、参考にしてください。

コミュニケーション能力

特養の施設長は、コミュニケーション能力が必要とされる場面が多くあります。スタッフや利用者さまのほか、利用者さまのご家族や連携している医療施設、取引先など、業務上のやり取りは多数。信頼関係を築くことで、業務を円滑に進めやすくなります。また、スタッフの介護に対する熱意や意識を向上させ、介護レベルを上げるのも施設長のコミュニケーション能力にかかっているといえるでしょう。

観察力

特徴の施設長は、スタッフ一人ひとりの適性や強みを把握する観察力も求められます。上記でも述べましたが、スタッフの採用や人員配置、教育も施設長の仕事です。施設において適切な人材を採用し、スタッフの能力が活かせる人員配置や教育をすることで、トラブルを防ぎ満足度の高い介護サービスを提供できるようになるでしょう。

経済管理能力

施設の介護報酬や人件費などの収支管理も特養の施設長の仕事内容の一つです。介護報酬だけでは人件費をまかなうのは難しいことも。「特養の運営が困難になってしまった」とならないように経済管理の知識を身に着けておくことも重要です。

施設長のやりがい

施設の管理する施設長としてのやりがいは、問題を解決する達成感やスタッフが育っていく喜びなどが挙げられます。また、理想としている介護施設像があるという方にとっては、自分自身で施設をマネジメントできるので、大きなやりがいとなるはず。スタッフ教育や介護の質の向上など、特養の施設長は、これまで身に付けてきたスキルや経験を十分に発揮できる職種だといえるでしょう。

特養の管理職の平均給与はどれくらい?

一般的に管理職に就くと、役職手当が支給されるため給料が上がります。下記は、介護施設で働く介護スタッフと、特養の介護スタッフの管理職と管理職でない場合の平均給与です。

  管理職の有無 平均給与
特養の介護スタッフ 管理職 417,430円
管理職でない 344,140円
介護施設で働く介護スタッフ 管理職 343,840円
管理職でない 308,370円

引用:「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p145)」 

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、特養の管理職の平均給料は 417,430円でした。特養のスタッフで、管理職と、管理職でない場合の平均給料の差は、おおよそ7万円。責任のある役職で、多くのスキルや経験が必要とされるため、管理職になることで給料を上げられます。

さらに、特養の管理職と、介護施設全体の管理職の平均給料の差も約7万円です。要介護度平均の高い特養は、夜勤勤務や介護の負担の多さから、介護施設全体と比較しても給料平均は高くなっています。

厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果(p145)」第93表 介護職員の平均給与額等(月給・常勤の者),サービス種類別,職位別 (2021/12/10)

まとめ

特養の施設長の主な仕事内容は、「運営管理」「利用者さまの管理」「スタッフの管理」「収支管理」「行政管理」などさまざまです。さらに、「コミュニケーション能力」や「観察力」「経済管理能力」も必要とされます。多くの経験やスキルが必要とされる特養の施設長ですが、これまで実現したかった介護施設像を目指せるなど、ほかの職種にはないやりがいを得られるでしょう。

特養の施設長になるには、在籍している施設で経験を積み昇進して施設長になるか、施設長の求人に応募するのが一般的。「今の職場では自分が理想とするキャリアビジョンが叶えられない」「自分のキャリアビジョンが実現できる転職をしたい」という方は、介護業界専門の転職情報を提供する「きらケア介護求人」がおすすめ。きらケアでは、実際に介護施設を訪問してから求人をご紹介しているので、詳しい職場環境や人間関係、仕事内容などの情報も豊富です。さらに、年収や待遇など細かい条件交渉もきらケアが代行するので、安心して転職活動を進められます。転職を成功させたいという方は、お気軽にきらケアへご相談ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の資格介護職の給料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の資格」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧