特養のユニットリーダーになるための資格とは?詳しい仕事内容もご紹介!

仕事 2020/09/14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者の方に手を添える介護士の画像

介護業界には、ユニットリーダーやフロアリーダー、介護リーダーなど多くのリーダー職が存在します。その中でも、特養のユニットリーダーは介護保険法で配置が義務付けられているリーダー職。ユニットリーダーになれば、給料アップも望めますし、介護スタッフを指導する立場になるので、身体的な負担も軽減できるでしょう。ではユニットリーダーになるにはどうすればいいのか、何か資格が必要なのか、こちらで解説していきます。

【目次】


特養のユニットリーダーとは?
特養のユニットリーダーになるための資格は?
特養のユニットリーダーの具体的な仕事内容は?
特養ユニットリーダーの1日のスケジュール事例
まとめ

特養のユニットリーダーとは?


まずは、特養のユニットリーダーという職種について解説します。

ユニットリーダーについて


ユニットリーダーは、各ユニットごとに配置されて現場で働く介護スタッフを束ねる立場です。
介護業界にはユニットリーダーをはじめ、介護リーダー、チームリーダー、フロアリーダーなど、リーダーと名のつく職種がたくさんあります。
介護保険上、ユニットリーダーの配置は人員配置基準で義務付けられていますが、他の介護リーダーやフロアリーダーなどは人員配置基準の義務付けがありません。

特養には、従来型とユニット型の主に2つのタイプがあります。ユニット型はご入居者のプライバシーへ配慮するため、2002年から制度化されました。ユニットリーダーは、このユニット型特養に配置されるリーダーです。

ユニットリーダーの役割


ユニットリーダーは介護スタッフのシフトを作成したり、ケア方法を考えたりとマネジメント的な業務が多い職種です。介護業務も行いながら、現場スタッフに適切な指示を出す管理職のような役割を担っています。ユニットリーダーは介護職と管理職の中間的な立場にある職種ですが、介護職の比重が大きいケースや管理職の比重が大きいケースなど施設によってまちまちです。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

特養のユニットリーダーになるための資格は?


特養のユニットリーダーとして活動するためには、1年以上の実務経験があること、そして介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修、介護福祉士など介護に関する資格が必要です。一般的には現場の介護スタッフから経験を積んで、ユニットリーダーにキャリアアップしていきます。ユニットリーダーにはリーダーシップや人柄が重視されるため、介護現場での実績を見てユニットリーダーを選定する必要があるからです。

ただし、ユニットリーダー募集の求人も少なからず見つけられます。そのため、必ずしも現場からの生え抜きばかりとは限りません。ユニットリーダーとして応募して就職する際は、実務者研修や介護福祉士の資格があると有利でしょう。特に福祉の三大国家資格である介護福祉士資格は、厚生労働省が「介護現場でリーダーとして活躍できる技術と知識を持つ者」として認めている資格であるため、ユニットリーダーとして転職する際に有利です。

▼関連記事
特養で働くには?持っていると便利な資格と活躍している職種
介護現場のリーダーに向いている人とは?仕事内容や求められる素質

▲目次へ戻る

特養のユニットリーダーの具体的な仕事内容は?


特養のユニットリーダーについて、具体的な仕事内容をご紹介します。

介護スタッフのシフトを組む


ユニットリーダーの大きな業務が、ユニットで働く介護スタッフのシフトを組むことです。たとえば子持ちの介護スタッフはできるだけ日勤のシフトに入れてあげたり、夜勤を希望する介護スタッフは優先して夜勤のシフトに入れてあげたり。また、体調がすぐれないスタッフや高齢のスタッフは少し余裕のあるシフトにして、体力のある男性スタッフに頑張ってもらうなどの配慮が必要です。

ユニットのスタッフに頑張ってもらうために、ユニットリーダーが率先してスタッフたちの嫌がるシフトに入ることもあるでしょう。ただし、ユニットリーダーが無理して身体を壊すようなことがあってはいけないので、もちろん無理は禁物です。

新人介護スタッフの教育


ユニットリーダーの大切な仕事に、新人スタッフの教育や指導があります。できるだけ早く即戦力として活躍してもらえるよう、わからない部分だけ指導して、できることは積極的に任せるといった人を育てる能力も必要です。

ユニットのご入居者のケア方法の見直し


ご入居者の健康状態や必要な介護内容が変わった場合には、ケア方法の見直しを行います。ケア方法の見直しにともない、スタッフの配置の仕方や人数などを柔軟に変えていかなくてはなりません。

ユニットで行うイベントや行事の企画


ユニット内で行うクリスマスイベントや、レクリエーション活動などの企画を考えることもユニットリーダーの業務です。

ユニットのご入居者のご家族との連絡


ユニットリーダーはご入居者のご家族に近況を報告することなど、さまざまな連絡係を務めます。ご入居者のご家族とは、良好な人間関係を築いておく必要です。

▲目次へ戻る

特養ユニットリーダーの1日のスケジュール事例


特養で働くユニットリーダーの、1日のスケジュール例をご紹介します。

日勤ユニットリーダーのスケジュール事例


08:30 出勤・申し送り
夜勤から引き継ぎを行い、ご入居者の体調や食事のとり方などを共有。看護師の記録もチェックし、1日のスケジュールを確認。

09:00 ご入居者のバイタルチェック・入浴
血圧や体温などのバイタルチェックのあと、順次ご入居者の入浴介助を行っていきます。寝たきりの方は褥そうの兆しがないかの確認や塗り薬を塗るなどの処置を行い、介護記録に残して看護師へ報告。

12:00 昼食
昼食の準備をして、介助が必要なご入居者は食事をサポート。ご入居者の体調や食事のとり方なども確認して、変わったことがあれば看護師に報告します。

13:00 環境整備・アクティビティ

15:00 お茶タイム

16:00 記録・申し送り・会議資料まとめ
スタッフ会議に参加して資料をまとめます。会議の内容を記録して、スタッフ間で情報共有。

17:30 勤務終了

ユニットリーダーの夜勤スケジュール事例



17:00 出勤
日勤からの引き継ぎ、ご入居者の情報共有。

18:00 夕食の準備

19:00 夕食の配膳・食事の介助
介助が必要なご入居者には食事のサポート。ご入居者の体調や食事のとり方などをチェックして、看護師と情報共有します。

20:00 就寝の準備
ご入居者の部屋をまわって寝る準備。ベッドへの移動の介助などもあります。

21:00 消灯

23:30以降 定期的に巡回
巡回は2時間ごとに行います。オムツ替え、トイレ介助なども2時間ごと。夜勤の主な業務は巡回といっても過言ではありません。

24:00
妄想のあるご入居者が部屋で叫んでいる場合は、少し話をするなどしてなだめます。

1:00~ 2時間の休憩時間
休憩時間は仮眠をとったり、寝ずに読書して過ごしたりさまざまです。休憩時間に夜食を食べることもあります。

3:00~ オムツ替え・体位交換は随時
褥瘡の兆しがある入居者さんがいたら軟膏の塗布といった処置し、介護記録に残して明日看護師に報告します。

5:00~ 起床の準備
オムツ替え、着替え、洗面など慌ただしい時間帯です。

6:30~ 朝食の準備

9:00 引き継ぎ
日勤のスタッフに申し送り、介護スタッフがシフト通りに出勤しているかのチェック。ご入居者の体調変化などがないかの確認も行います。

9:30 業務終了

▼関連記事
特養とはどんな施設?仕事は大変って本当?

▲目次へ戻る

まとめ


ユニットリーダーの配置は人員配置基準で義務付けられています。特養のユニットリーダーとして活動するためには、1年以上の実務経験があること、そして介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修、介護福祉士などの介護に関する資格が必要です。ユニットリーダーとして転職や就職をするには、介護福祉士の資格があると有利に働くでしょう。

▲目次へ戻る

きらケアのご紹介


介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声


私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧