実務者研修の費用はいくら必要?スクールを選ぶポイントとは

資格・試験 仕事 2020/06/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
考える介護士の画像

介護業界における資格の1つである実務者研修。
実務者研修を取得すれば、業務範囲を広げられたり介護福祉士を目指したりすることができます。
実務者研修の資格を手に入れるためには、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。
このコラムでは、実務者研修の費用の相場やスクールによる額面の違いについて解説。
スクールを選択する際のチェックポイントもご紹介するので、実務者研修の取得を目指している方はぜひご一読ください。

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。


【目次】


実務者研修の費用はどれくらい必要?
実務者研修の費用がスクールによって違う理由
実務者研修のスクールを選ぶときのポイント
実務者研修を取得するには
実務者研修と初任者研修の違い
実務者研修を取得するメリット
まとめ


実務者研修の費用はどれくらい必要?



コストと書かれた木のブロックの画像

実務者研修を手に入れるためには、どれくらいの費用が求められるのでしょうか。
下記では、資格取得に必要とされる実際の費用について解説します。

実務者研修の取得に必要な費用の相場



実務者研修の取得には、15~20万円ほど必要です。
この相場は無資格・未経験の場合であり、保有資格によって受講費用は変動します。

費用は保有資格によって軽減される



保有資格によって実務者研修の取得に必要な費用の一部が免除されます。
介護職員初任者研修を修了している方は約10~15万円、介護職員基礎研修を修了している方は約3~5万円で受講することが可能です。
スクールに通う前に、自分の有している資格が減額対象になるか確認しておくと良いでしょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは


実務者研修の費用がスクールによって違う理由



人型の木の置物の上にはてなマークがある様子

下記では、実務者研修の取得に必要な費用がスクールによって異なる理由をまとめました。
スクールごとの特徴を見極め、自分の希望条件に合ったところを選択しましょう。

1.スクールの立地に関係している



主要都市の駅から近い場所に立地しているスクールは、賃料の関係で費用が高い可能性があります。
駅から離れたスクールであれば、比較的安めに設定している場合もあるようです。

2.授業やテキストの質が高い



スクールを本業としているところは、ベテランの講師が専門的な授業を分かりやすく行っているので、受講料が高めの傾向にあります。
費用が低めのところは授業の質が低いわけではありませんが、スクールを本業としていないので、ある程度の知識を有していないと理解しにくい可能性も。
とはいえ、実務者研修の開講には厚生労働省の基準を通過する義務があるので、費用の安い講座を選択しても内容が大きく変わることはありません。

3.サポート制度が充実している



カリキュラム日程の振替が無料だったり、授業の開催時間の幅が広かったりと、サポート制度が充実しているところは高い費用を設定している場合があります。
スクールの融通の利きやすさは、通う人にとって大きなメリットになるといえるでしょう。

4.キャンペーンや割引制度を導入している



受講したいタイミングで割引のキャンペーンが行われていると、通常の料金より安く申し込めることがあります。
紹介キャンペーンを取り入れているところもあるので、友人や知人からの紹介で割引される場合も。
また、過去にそのスクールで受講経験がある場合には割引が適用されることもあるようです。

▲目次へ戻る


実務者研修のスクールを選ぶときのポイント



ポイントの文字と電球マークの画像

これから実務者研修を取得したいと考えている方を対象に、スクールを選ぶポイントをご紹介します。
スクールを選択する際は、通いやすさやサポート制度の充実度に目を向けるようにしましょう。

授業の時間や曜日を選べる



午前・午後・夜間など開講時間が幅広いところなら、自分のライフスタイルに合わせて通えます。
曜日を選択できるスクールであれば、「平日しか通えない」「土日に授業を受けたい」と考えている方も安心です。

授業の振替や受講期間の延長ができる



実務者研修はカリキュラムが多いので、受講できない日の振替ができるかは重要なポイントです。
振替日の選択肢が多いところなら、自分の都合に合わせて授業を受けられます。
なお、スクールによっては振替不可の科目があるので注意が必要です。

質疑応答のしやすい環境である



疑問や質問をすぐに解決したい方は、問い合わせのしやすい学習環境を選びましょう。
スクールが本業でないところだと、授業の終わりに質問がしづらい場合があります。
電話やメールで質疑応答しているところもあるので、スクールごとのサポート体制をきちんとチェックしましょう。

「働きながら実務者研修を取得したい」と考えている方は、きらケアSTEPUPスクールを活用するのも1つの手です。

きらケアSTEP UPスクールとは



働きながら実務者研修を取得したい方をきらケアがサポート!
研修は通信講座がメインなので無理なく進めることができます。
スクール担当スタッフがつくため、続けられるか不安な方にもおすすめです◎
受講料は下記条件をクリアしていればなんと無料!
気になる方はぜひお問い合わせください!

>条件1きらケア派遣スタッフとして週24時間以上の就業ができる方
>条件2資格取得修了まできらケア派遣スタッフとして継続して就業ができる方

きらケアSTEP UPスクールについて詳しくはこちら

きらケア派遣に登録(無料)

▲目次へ戻る


実務者研修を取得するには



机の上で勉強をする男性の画像

実務者研修を取得するには、定められたカリキュラムの修了が必須です。
下記では、実務者研修の資格を手に入れるための条件や期間について解説します。

無資格未経験でも取得できる



実務者研修の資格は、無資格・未経験から取得が可能です。年齢や学歴も不問のため、誰でも受講資格を有しています。

資格取得に必要な期間



無資格・未経験から実務者研修の資格取得を目指すと、学習期間に6か月は必要といわれています。
学習方法は人によって異なるので、効率的に受講すれば2~3か月ほどで取得を目指せる場合も。
介護職員初任者研修を有している方なら基礎知識があるので、さらに学習期間を縮められる可能性があります。

介護職員初任者研修を修了していれば免除される受講科目がある



介護職員初任者研修を修了していれば、受験科目の一部が免除されます。
「人間の尊厳と自立」「社会の理解Ⅰ」「介護の基本Ⅰ」など、130時間のカリキュラムが免除対象になるようです。

▼関連記事
実務者研修を取るまでの期間はどのくらい?最短で介護福祉士になる方法

▲目次へ戻る


実務者研修と介護職員初任者研修の違い



考えている様子の介護士の画像

実務者研修と介護職員初任者研修にはどのような違いがあるのでしょうか。
受講をする前にそれぞれ資格の違いについてチェックしておきましょう。

介護職員初任者研修とは



介護職員初任者研修では、介護に関する基礎知識を身につけられます。
実務者研修と同様、無資格・未経験から取得できる資格です。
介護職員初任者研修は9科目で構成されており、受講時間は130時間あります。

介護職員初任者研修では修了試験を実施。
試験の内容はカリキュラムを理解しているか確認する程度なので、きちんと授業を受けていれば試験を通過できるでしょう。

実務者研修とは



実務者研修は、介護職員初任者研修よりも上位に位置づけられている資格です。
実務者研修は11科目で構成されており、受講時間は450時間あります。
介護に関する基礎知識を有している前提でカリキュラムが組まれているようです。

ほとんどのスクールではすべての研修を受講すれば修了となり、試験の実施がほとんどありません。
ただし、スクールによっては試験を行っているところもあるので注意が必要です。
実務者研修を取得すれば、介護福祉士を目指せるようになります。

▼関連記事
介護職員実務者研修とは?初任者研修との違いや取得するメリット

▲目次へ戻る


実務者研修を取得するメリット



木のブロックを積み上げている様子

実務者研修を取得すれば、さまざまなメリットを得られます。具体的なメリットの一例を下記にまとめました。

資格手当による給料アップが見込める



実務者研修の取得によって資格手当が付与されるので、給料のアップを見込めるでしょう。
厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護職員の平均給与額は以下の数値になっています。

実務者研修: 28万8060円
介護職員初任者研修:28万5610円
保有資格なし: 26万1600円

無資格から実務者研修にステップアップすれば、約3万円の給料アップを期待できるはずです。

サービス提供責任者を目指せる



実務者研修の資格を手に入れれば、訪問介護事業所でサービス提供責任者としての活躍が可能です。
サービス提供責任者は、ご利用者に質の高いサービスを提供する役割を果たします。
ご利用者へ訪問介護計画書を作成したり、ヘルパーの指導を行ったりと、訪問介護の要となる存在です。

実務者研修を取得することで、キャリアアップを目指せるでしょう。

たん吸引や経管栄養の知識が身につけられる



実務者研修では「たん吸引」や「経管栄養」などの医療行為について学習できるメリットがあります。
どちらも介護現場におけるニーズが高いので、資格取得を通して活躍の場を広げられるでしょう。

出典:厚生労働省「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」(2020年06月24日)

▼関連記事
サービス提供責任者になるために必要な資格は?

▲目次へ戻る


まとめ



ガッツポーズをする介護士の画像

実務者研修の費用は15~20万ほど必要といわれています。介護職員初任者研修や介護職員基礎研修などの資格を有していれば、受講費用が軽減される場合もあるようです。

実務者研修のスクールは、立地やサポート体制の充実度から費用が変動する傾向にあります。スクールの開講には厚生労働省の基準をクリアする必要があるので、費用が安いところを選択しても学習内容が大きく変わるわけではありません。
スクールを選ぶ際は、時間・曜日の選択や授業の振替が柔軟にできるかをチェックしましょう。

無資格・未経験の方は6か月ほどの学習期間があれば実務者研修の取得ができます。介護職員初任者研修を修了していれば、130時間のカリキュラムを免除可能です。
実務者研修の資格を取得すれば、給料アップや医療行為に関する知識を身につけられるといったメリットが得られます。

▲目次へ戻る


きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧