ホームヘルパー2級の正式名称とは?履歴書の記載方法や初任者研修との違い

転職ノウハウ 2021年12月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書

ホームヘルパー2級の正式名称を知らない方も多いでしょう。ホームヘルパー2級の正式名称は、「訪問介護員2級養成研修課程」です。また、履歴書にはホームヘルパー2級の正式名称を記載しなければいけません。この記事では、正式名称のほかに、ホームヘルパー2級が廃止された理由や介護職員初任者研修の違いを解説。ホームヘルパーが資格として有効かどうかも解説しているので履歴書を書く際に参考にしてみてください。

目次

ホームヘルパー2級の正式名称とは

ホームヘルパー2級の正式名称は、「訪問介護員2級養成研修課程」です。一般的に知られている「ホームヘルパー2級」という名前は通称であり、正式名称ではないので注意しましょう。ホームヘルパー2級とは、介護スキルを証明する資格で、ホームヘルパー(訪問介護員)は、利用者さんの自宅で訪問介護を行い、生活をサポートする人のことです。

ホームヘルパー2級は、2013年4月に介護職員初任者研修へ名称が変更されたため、新たにホームヘルパー2級を取得することはできません。

履歴書は正式名称で記入する

履歴書は正式名称で記載しなければなりません。そのため、履歴書には「訪問介護員2級養成研修課程修了」と記載します。

介護職員初任者研修に名称が変更されたといっても、ホームヘルパー2級はあくまで訪問介護員2級養成研修課程なので「介護職員初任者研修課程修了」と書いてはいけません。

履歴書の詳しい書き方は「介護採用担当者の印象up!失敗しない履歴書の書き方【見本とテンプレート付】」で解説しているので参考にしてみてください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

ホームヘルパー2級が廃止された理由

ホームヘルパー2級が廃止された理由は、キャリアパスを明確にするためです。ホームヘルパー2級廃止以前は、「ホームヘルパー1級」や「ホームヘルパー2級」「介護福祉士」など、介護に関する資格が多数存在し、それに伴いさまざまな研修制度がありました。また、別の介護資格を取得する際、以前取得した介護資格と学習内容が重複することも多く、受験資格も複雑であったため、介護職志望者が分かりやすくキャリアップできるようにホームヘルパー2級の資格は廃止されたのです。

廃止されたことによって、「介護職員初任者研修→介護福祉士実務者研修→介護福祉士」というように、着実にステップアップができる体制が整いました。人材育成の促進にもつながり、需要が高まりつつある介護業界にとって、資格取得体制の変更は大きな利点といえるでしょう。

ホームヘルパー2級と初任者研修の違い

介護職員初任者研修は、訪問介護施設だけでなく、介護施設全般で活躍できる知識を有していることを保証する資格です。どちらの資格も130時間の研修で取得可能ですが、細かな変更点が存在。ここではホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の具体的な違いを解説します。

学習科目数の違い

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へ変更された際に、「認知症の理解」という科目が学習科目数に追加されました。少子高齢化が進む現在、介護業界でも認知症に対する知識や技術の需要が高まっているので、これから介護業界で働くために欠かせない知識といえるでしょう。また、「医療との連携」も追加されており、より多彩な介護の知識を学べるようになりました。

介護職員初任者研修のカリキュラムは以下のようになっています。

学習科目学習時間
職務の理解6時間
介護における尊厳の保持・自立支援9時間
介護の基本6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携9時間
介護におけるコミュニケーション技術6時間
老化の理解6時間
認知症の理解6時間
障害の理解3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術75時間
振り返り4時間
合計130時間

実習の有無の違い

ホームヘルパー2級では、30時間の実習(介護実習・老人デイサービスセンター等のサービス提供職場の見学)が必要でしたが、介護職員初任者研修では廃止されました。実習が廃止された代わりに、「こころとからだのしくみと生活支援技術」などの科目の学習時間が増加。「こころとからだのしくみと生活支援技術」には、介護に必要な基礎的知識の理解と習得状況の確認が含まれており、介護職員初任者研修では実習がなくなった分、実技の受講時間を増やし補っています。講義は自宅学習が可能ですが、実技の授業は通学が必要です。

また、施設実習は廃止されましたが、スクールによっては、実習を行う場合もあります。

筆記試験の有無の違い

ホームヘルパー2級はカリキュラムの受講のみで資格を取得できましたが、介護職員初任者研修では全カリキュラム修了後に1時間ほどの筆記試験が行われます。カリキュラムで学んだ内容を理解できているのかの確認であり、基本的な介護に関する問題なので難易度はあまり高くありません。70点以上獲得していれば合格となり、介護職員初任者研修の資格を取得できます。

ホームヘルパー2級は資格として有効?

ホームヘルパー2級が廃止されたあとも資格自体がなくなったわけではないので、業務上の問題はありません。ホームヘルパー2級の資格を有している人は「介護職員初任者研修」の修了者と見なされるため、新たに介護職員初任者研修の資格を取得しなくても働けます。しかし、同等の資格であっても同じ資格になったわけではないことを理解しておきましょう。

ホームヘルパー2級の再発行はできる?

ホームヘルパー2級の資格証明書を紛失してしまった場合、自治体や施設などの受講した事業所で再発行ができます。事業所がすでになくなってしまっている場合は、事業所があった都道府県の県庁(介護保険担当課)に相談しましょう。

初任者研修以外の介護職で役立つ資格

介護職員初任者研修は介護業界で働き始める際に役立つ資格ですが、ほかにも役立つ資格が多数あります。いくつか紹介するので、介護業界で活躍したいと考えている方は参考にしてみてください。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修を取得した方が次の資格を目指す際におすすめの資格です。介護職員初任者研修の資格を有している場合、共通カリキュラムの受講が免除されます。また、介護福祉士実務者研修は受講資格がないので、最初から介護福祉士実務者研修を目指すことも可能です。介護福祉士実務者研修では介護職員初任者研修より専門的な介護の知識技能を学びます。

介護福祉士

介護福祉士は国家資格で、資格を取得するには、介護福祉士養成施設もしくは福祉高校に通うか、実務経験を積む必要があります。また、介護福祉士実務者研修の取得が必須です。受験資格は細分化しているので、一度公式サイトを確認しておくと良いでしょう。

介護福祉士実務者研修の上位資格であるため、より専門的な知識が求められます。資格取得のハードルは高いですが、その分資格を有していると応募可能な求人が多く、資格手当も高額なことも。介護業界でキャリアアップを目指している方におすすめの資格です。

社会福祉士

社会福祉士も国家資格です。社会福祉は名称独占資格であり、資格を有していない人は名乗ることができません。介護福祉士の試験を受けるには福祉系短大・大学で介護に関する指定科目を履修しているか、短期養成施設や一般養成施設への通学が必要です。ほかにも、相談援助の実務経験が求められます。

社会福祉士はソーシャルワーカーとして働きたいと考えている人におすすめの資格です。社会福祉士を取得している場合は、精神保健福祉士などの試験の共通科目が免除されます。

まとめ

ホームヘルパー2級の資格の正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」。履歴書には「訪問介護員2級養成研修課程修了」と記載します。ホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修に名称が変更され、科目数の増加や筆記試験が追加されました。しかし、ホームヘルパー2級は資格として有効なので、改めて介護職員初任者研修を取得する必要はありません。

介護業界への就職・転職に興味がある方は「きらケア介護求人」をご利用ください。

「きらケア」は介護業界に特化した就職・転職エージェントです。介護業界をよく知るキャリアアドバイザーが、一人ひとりの就職や転職に関する個別相談に、親身になって応じます。履歴書の書き方から面接の対策まで、就職・転職に関する疑問やお悩みについて解決。企業との日程調整や入職後のフォローも万全です。

サービスはすべて無料となっておりますので、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職ノウハウ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧