サービス介助士ってどんな資格?取得方法とは?

資格・試験 2017/05/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
515_TOP_サービス介助士
街で車いすを利用している方や高齢の方が困っているのを見かけたとき、あなたは適切に応対することができますか?
超高齢社会を迎えた日本では、車いす利用の方でも移動しやすいスロープやエレベーター、視覚にハンデのある方でも移動しやすくするための誘導用ブロックなど、バリアフリーやユニバーサルデザインの設備が増えています。
しかし、いくら設備が充実していても、「慣れない場所では迷ってしまう」「一人では利用できない…」という方も少なくありません。そんなときに活躍するのが、サービス介助士です。
今回は、サービス介助士について詳しく解説します。

サービス介助士とは


サービス介助士とは、高齢者な方やハンデのある方が安心して生活していけるよう、「おもてなしの心」と「正しい介助技術」を学んだ人たちのことです。
公益財団法人日本ケアフィット共育機構が認定している資格で、ケアフィッターとも呼ばれています。

サービス介助士は、視覚や聴覚にハンデのある方への介助、車いすの操作方法などの実技に加えて、おもてなしを実践するための心構えや待遇について学習。
車いすを利用されている方の安全な移動のお手伝いや、ハンデのある方のお買い物時におけるご案内、高齢者の方へのお声掛けなど、必要な場面で多くの人々をサポートすることができます。

身体的な補助だけではなく心まで寄り添い、正しい知識を持って困っている人を安心させる役割を果たす資格です。
年齢やハンデの有無などの違いを越え、一人ひとりが暮らしやすい社会の実現に努めています。


求人を紹介してもらう(無料)

サービス介助士が活躍できる場所


シニアとヘルパー サービス介助士は、宿泊施設や交通機関、金融機関、ショッピングモールなど、さまざまな現場で高齢者やハンデのある方の行動をお手伝いしています。
駅や空港などの交通機関では、車椅子のご利用者を介助したり、視覚にハンデのある方へ手引きしたりと、適切な支援を実施。
デパートや宿泊施設では、聴覚にハンデのある方へ接客したり、身体を動かしにくい方をサポートしたりと、あらゆる場面でお困りの方を介助します。
サービス介助士が現場にいることで、介助を必要とする人が外出しやすいきっかけを生み出すことが可能です。

職場だけではなく、普段の生活の中でも困っている人がいたらスムーズに声をかけることができます。
また、資格を活かして参加できるボランティア情報もインターネットに掲載されているので、学習を通して新たなやりがいを見つけたい方はチェックしてみましょう。

同資格は、大学や専門学校の講座として取り入れられている実績もあります。
日常的にサービス介助を行う可能性のある人は、資格を取得しておくと役立てられるでしょう。

受験内容


サービス介助士の資格は、100問の提出課題で60点以上の結果を出し、その後2日間の実技演習修了すると、検定試験に進むことができます。
資格の取得対象は、大学生や専門学校生、社会人などとなっており、受験資格は特に設けられていません。

検定試験の時間は50分。試験方法は3択問題でマークシート方式となっています。
試験の内容は、提出課題・実技演習・テキストから出題。
インターネットでは24時間好きな時間に模擬試験を体験できます。
模擬試験は本検定試験の傾向と対策を掴むことができるので、資格取得を目指している人は確認してみましょう。
合否基準は100点中70点以上。不合格の場合でも1年以内であれば有料で再試験制度を利用できます。

サービス介助士の資格は、3年ごとの更新が必要です。
更新手続きを行うと、フォローアップセミナーを受けることができます。
期限内に更新手続きを行わないと、資格が失効される可能性があるので注意しましょう。

准サービス介助士やサービス介助基礎検定とは何が違う?


エプロンの女性 サービス介助の資格には、サービス介助士のほかにも准サービス介助士とサービス介助基礎検定があります。

准サービス介助士は、在宅で試験に挑戦できる資格です。
介助技術のポイントがまとまったDVDやテキストを通して、サービス介助の基礎を効率的に学ぶことが可能。
准サービス介助士からサービス介助士にステップアップする場合、サービス介助士資格取得講座の課題免除と受講料割引が適用されます。

サービス介助基礎検定は、座学と実技の講座を2時間受講し、検定試験に合格すると取得できる資格です。
ほかの資格の講座は数ヶ月単位で行われるのに対し、サービス介助基礎検定は短時間で充実した内容の講座が受けられるのが特徴。
高齢者やハンデのある方への理解、適切なコミュニケーションなどを身につけることを目的としています。

サービス介助に関する資格は、あらゆる場面で人々のサポートをしていきたいと考えている方におすすめです。

どの資格を取得すれば良いか悩んだら


下記では、サービス介助士・准サービス介助士・サービス介助基礎検定それぞれの資格に向いている人の傾向を紹介します。
どの資格を取得すべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

サービス介助士の資格は、より実践的なスキルを身につけられるので、サービス業や交通機関など、高齢者やハンデのある方との接触機会が多い人の取得が望ましいと言えます。
年齢やハンデの有無に関わらず良質なおもてなしを求められている人や、おもてなしと介助のエキスパートを目指したい方にも向いているでしょう。

准サービス介助士の資格は、在宅で介助知識を学びたい方におすすめです。
サービス介助の基礎が身につくので、知識を得ることで仕事や社会へ貢献したいと考えている方にも向いています。

サービス介助基礎検定は、一次応対を担当する方や接客業以外に従事している方に適している資格です。
パートやアルバイトの方にも介助について学んでほしいと考える法人が導入しているケースも。
さまざまな人との交流を踏まえて学んでいきたいと考えている方や、応対方法をすぐに身につけたい方に向いています。

仕事で求められるスキルや自分のワークスタイルに合った資格を選択しましょう。

サービス介助や介護に関する仕事に就きたいと考えている方は、きらケアにご相談ください。
きらケアでは、専門のアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件に合った求人を提案。
介護や福祉に関する求人を多数用意しているので、理想の就職先がきっと見つかります。
きらケアのサービスを最大限に活用し、効率的な就職・転職活動を実現しましょう。

「まずは相談だけしてみたい」という方のご利用も歓迎しているので、お気軽にご相談ください。
https://job.kiracare.jp/

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧