主任ケアマネージャーの仕事内容とは?資格の取り方やメリットも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
指差しポーズをする女性のイメージ

主任ケアマネージャーという資格があることは知っていても、詳しい仕事内容までは知らないという方も多いでしょう。主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネージャー(介護支援専門員)の上位資格であり、主にケアマネのまとめ役を担います。この記事では、主任ケアマネの仕事内容をはじめ、資格の取り方やメリット、やりがいもあわせて紹介。主任ケアマネの仕事に興味がある方は参考にしてみてください。

ケアマネージャーとは?必要な資格や給料などについてわかりやすく解説!

目次

主任ケアマネジャーはケアマネージャーの上位資格

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は通常のケアマネジャー(介護支援専門員)の上位資格で、2006年の介護保険制度改正時に作られた資格です。

日本は高齢化社会となり、介護分野へのニーズが高まる一方で人材不足という難題を抱えています。

利用者さん一人ひとりに適切な介護サービスを提供するためには、ケアプランを作成するケアマネジャーの存在が重要です。そしてケアマネジャー一人ひとりが本領を発揮するためには、業務のまとめ役となる職種の必要性が出てきました。それが主任ケアマネジャーです。

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

主任ケアマネジャーの仕事内容

主任ケアマネジャーはケアマネジャーの上位資格という位置づけで、他のケアマネのまとめ役を担うことが多いため、本来ケアマネの仕事内容であるケアプランの作成は行わないことも。ここでは、主任ケアマネジャーの主な仕事内容を紹介していきます。

ケアマネジャーのサポートや育成

主任ケアマネジャーとケアマネジャーの仕事内容の違いで少し触れたように、主任ケアマネジャーの主な仕事内容はケアマネジャーの育成や指導です。

利用者さん一人ひとりに適切な介護サービスを提供するためには、ケアプランを作成するケアマネジャーの質の高さがカギ。主任ケアマネジャーはケアマネジャーが抱える問題に寄り添い、状況に応じたアドバイスや指導を行うなど管理業務を担います。

ケアマネジャーの指導のみに専念する場合も

主任ケアマネジャーは、職場の人員体制によってはケアマネジャーと同じようにケアマネジメントに関わり、自らケアプランを作成するケースもあります。しかし、職場によってはケアプランの作成に一切携わらず、ケアマネジャーの育成や指導に専念するケースも少なくありません。

主任ケアマネジャーの業務範囲は職場ごとに異なるため、転職する際には応募先の介護施設に確認しておきましょう。

地域の介護課題などへの貢献

主任ケアマネジャーの仕事内容は、ケアマネジャーの育成や指導だけに留まりません。介護・医療・福祉などのさまざまなサービスを適切に提供するために、ネットワークの構築に尽力します。

また、利用者さん一人ひとりを地域全体でサポートしていくために、地域包括ケアシステムの地域づくりに貢献することも、大切な業務のひとつと言えるでしょう。

主任ケアマネジャーの資格を取得する方法

主任ケアマネージャーを目指すためには、ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を持っている必要があるので注意しましょう。ここでは、主任ケアマネジャーの資格の取り方について解説します。

1.ケアマネジャーの資格を取得する

主任ケアマネジャーになるためには、原則としてケアマネジャーの資格が必要です。

ケアマネジャーの正式名称は介護支援専門員で、各都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、介護支援専門員実務研修を受講しなければなりません。介護支援専門員実務研修受講試験には、介護福祉士や生活相談員など指定職種での実務経験が5年以上かつ900日以上必要になります。

ケアマネジャーの資格を有していない場合は、主任ケアマネジャーになるまでにかなりの期間がかかってしまうことを認識しておきましょう。

2.主任介護支援専門員研修を受講する

主任ケアマネージャーにはケアマネージャーのような試験が設けられておらず、主任介護支援専門員研修を受講して取得します。主任介護支援専門員研修を受講するためには、介護支援専門員の資格のほか、一定の実務経験などの要件をクリアしなければなりません。

なお、主任介護支援専門員研修は各都道府県が年1回の頻度で実施しています。

主任介護支援専門員研修の受講要件

主任介護支援専門員研修は、以下の4つの受講要件が設けられており、いずれかを満たす必要があります。

  • 専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して5年(60ヶ月)以上である者
  • ケアマネジメントリーダー養成研修を修了している、もしくは日本ケアマネジメント学会等が認定する認定ケアマネジャーであって、専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して3年(36ヶ月)以上である者
  • 主任介護支援専門員に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている者
  • 介護支援専門員の業務に関し十分な知識と経験を有する者であり、都道府県が適当と認める者

1つ目・2つ目で定められている従事期間について、管理者との兼務であっても期間としてカウントできます。なお、上記の内容に加え、各都道府県ごとの要件を設定することも認められているため、主任介護支援専門員研修の受講を考えている場合は事前に必ず確認を行ってください。

3.主任ケアマネジャー資格取得後は5年ごとに更新する

主任ケアマネジャーは2016年から更新制度が導入されており、5年に1度のタイミングで主任介護支援専門員更新研修を受講しなければなりません。更新制度が導入された目的は、主任ケアマネジャーが適切な役割を果たすとともに質の向上を図るためです。

有効期限が切れるまでに介護支援専門員更新研修を受講しなかった場合は、主任ケアマネジャーとしての資格が失効するため注意しましょう。

主任ケアマネジャーの資格を取得する3つのメリット

主任ケアマネジャーになるためには、ケアマネジャーの資格や実務経験などの決められた要件をクリアしなければなりません。求められる実務経験は決して短期間ではありませんが、資格を取得することで得られるメリットがいくつかあります。

ここでは、主任ケアマネジャーの資格を取得するメリットを3つ解説していきます。

1.介護に関する知識や技術を深められる

主任ケアマネジャーはケアマネジャーの上位資格という位置づけで、ケアマネジャーのまとめ役を担います。ケアマネジャー時代の経験を活かせる資格であるため、介護分野の知識や技術をより一層深めることが可能です。

主任ケアマネジャーの資格があることで介護分野に精通している人と認識され、周囲からの信頼性も高まるでしょう。

2.需要が高く転職に有利

地域包括支援センターでは主任ケアマネジャーの配置が義務付けられており必要不可欠な職種であるため、資格を取得しておけば転職を考えたときにつまずきにくくなるでしょう。なお、平成30年に実施された介護報酬改定において「居宅介護事業所の管理者は主任ケアマネであることとする」という見直しがされたことにより、主任介護支援専門員の資格を持っている人の需要は更に高まっています。

主任ケアマネージャーの資格は一定の実務経験が求められるため、一朝一夕で取得できるものではありません。将来必要と思ったときのためにも、今から取得を目指しても損はないでしょう。

3.安定して働ける職場が多い

主任ケアマネジャーの主な職場は、居宅介護支援事業所や地域包括支援センターなどの介護施設です。

ケアマネジャーよりも知識や経験が豊富な主任ケアマネジャーは、いわば管理職に相当する職種になります。資格を取得することでキャリアアップや年収アップが期待できるだけでなく、配置が義務付けられている職場ではより安定して働けるという良さもあるでしょう。

きらケアでは、介護紫支援専門員の求人も多数取り扱っています。ケアマネとしての経験を積みたい人はもちろん、これからケアマネや主任ケアマネを目指したい人もぜひご相談ください!きらケアでは、転職のプロがカウンセリングを通じてあなたに合った求人をご紹介します。ご相談だけのご利用も歓迎しておりますので、転職を考えている人はぜひお気軽にご登録ください!

主任ケアマネジャーに必要な3つのスキル

主任ケアマネジャーの仕事をする上で求められるスキルについて解説します。主任ケアマネジャーは、ほかのケアマネの管理・指導が仕事内容に含まれているため、一般的な介護職員よりも高いスキルが求められます。以下で、主任ケアマネジャーとして求められる3つのスキルについて解説するので、これから主任ケアマネジャーの資格を取ろうと考えている方は参考にしてみてくださいね。

1.ケアマネジャーとしての専門的な知識と高いスキル

主任ケアマネの主な仕事内容はケアマネジャーの育成や指導などのサポートのため、ケアマネジャーとしての豊富な知識とスキルが求められます。

主任ケアマネジャーには試験がなく、主任介護支援専門員研修の受講で資格を取得することが可能ですが、決して簡単なものではありません。介護にプロを指導・管理をする立場としてふさわしいスキルレベルである必要があります。

2.高いコミュニケーション能力

ケアマネジャーとしての業務を兼務する際には、適切な介護サービスを提供するために病院や自治体などと連携し、利用者さんやご家族との連絡調整も行うため報連相が不可欠です。

主任ケアマネジャーとしては、地域の介護課題に貢献するために関係各所とのネットワークの構築も実施。ほかのケアマネジャーや関係各所とスムーズにやり取りするためには、高いコミュニケーションスキルが必要と言えるでしょう。

3.業務を円滑に進めるためのマネジメント能力

先述のとおり、主任ケアマネジャーの仕事内容は利用者さん一人ひとりのケアプランの作成を行うケアマネジャーの育成や管理です。ケアマネジャーそれぞれのスキルを高めつつ、施設で提供する介護ケアの質向上を図るためには、管理者としてのマネジメント能力が求められます。

主任ケアマネジャーのやりがい

ケアマネジャーの育成や地域包括ケアシステムの地域づくりなど、主任ケアマネジャーならではの業務も担うため、介護分野のスペシャリストとしてのやりがいを実感できるでしょう。介護分野に携わる人だけでなく、医療や自治体など地域のさまざまな機関・人との交流を持つことができることで仕事の幅が広がることも、主任ケアマネージャーならではのやりがいです。

主任ケアマネの仕事内容に関する質問

ここでは、主任ケアマネの仕事内容に関する質問に回答します。主任ケアマネを目指そうかとお考えの方は、ぜひご覧ください。

主任ケアマネに求められるものとは?

主任ケアマネはほかのケアマネの管理や指導を行う立場のため、高い専門性と経験、技術が必要です。自治体や医療機関との交渉なども担う可能性があるので、コミュニケーション能力が求められます。質の高い介護を提供するためには、業務全体を見渡したマネジメント能力も重要になるでしょう。詳しくは「主任ケアマネジャーに必要な3つのスキル」で解説しているので、参考にしてみてください。

主任介護支援専門員の役割は?

主任介護支援専門員(主任ケアマネ)の主な役割は、ほかのケアマネの管理や指導です。ケアプランを作成する際にアドバイスやサポートをしたり、新人ケアマネの相談にのったりします。「主任ケアマネジャーの仕事内容」で触れているように、適切なケアを提供するためには、福祉や医療とのスムーズな連携の確立に努めることも必要です。ほかの事業所や行政とともに、地域全体の介護に関する課題の解決に取り組むのも大切な役割と言えるでしょう。

まとめ

主任ケアマネジャーの仕事内容は、主にケアマネジャーの育成や指導です。このほかには関係各所との連携やネットワーク構築などの業務もあるため、資格を取得すると仕事の幅が広がるでしょう。

主任介護支援専門員の資格を取得するには、介護支援専門員の資格が必要です。ケアマネの資格を持っていない方は、まず介護支援専門員の取得を目指すところから始めます。なおケアマネの資格に関しても、介護福祉士や生活相談員など指定職種の実務経験が求められるため注意しましょう。主任ケアマネは地域包括支援センターや居宅介護支援事業所で特に必要とされている職種。スキルアップやキャリアアップをしたいという方はもちろん、将来安定して働きたいという方も取得を考えてみましょう!

今の職場に満足していますか?

無料で求人を見てみる

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事介護の資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧