介護職員初任者研修の受講費用はいくら?WEB上で確認できる価格を比較!

資格・試験 2020/07/28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本と貯金箱のイメージ

介護に関わる仕事がしたいのなら、取得しておきたいのが「介護職員初任者研修」です。数多くある介護系の資格の中でも入門的資格で、介護に関する基礎的な知識や技術を身に付けることができます。しかし、資格を取得するにはお金がかかるもの。こちらでは、初任者研修の受講費用はどれくらいなのか、受講費用の差によって違いはあるのか、費用を抑えるにはどうしたらいいのかなどをお教えします。

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

【目次】


介護職員初任者研修の費用とは
初任者研修講座の価格を比較
受講料の差で内容に違いはあるのか
初任者研修を安く受講するには
そもそも初任者研修とは?
資格取得の難易度
資格取得までの最短ルートは?
まとめ

介護職員初任者研修の費用とは



講座を行う教室のイメージ

初任者研修の受講にかかる費用の相場は、大体6万円~10万円とされています。
受講費用は講座や地域によって差があり、時期によって変動したり、早期割引キャンペーンを実施していたりするところがあるので、正しい情報は常にチェックしておきましょう。
また、キャッシュバックキャンペーンや、特典を設けているところもあるようです。
公式サイトを見たり、パンフレットを請求したりして、なるべく多くのスクールを比較して自分に適した講座を選びましょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

初任者研修講座の価格を比較



スマホで比較する女性のイメージ

初任者研修を開講しているスクールの公式サイトで公開されている受講費用をまとめました。
費用を比較する際の参考にしてみてください。なお、受講費用は教材費込みです。(2020年7月時点での情報です。)

ニチイ



ニチイの初任者研修の受講費用は、110,000円(税込121,000円)です。
支払いは一括の他に3回、6回、10回、15回、20回、24回の分割払いができます。
他の講座と比較するとやや高めですが、ニチイオリジナル割引制度が用意されているので、割引制度を活用できれば受講料が10%~20%ほど安くなるようです。
また、初任者研修は科目免除制度も利用可能。これは、介護職員として働きながら効率的に初任者研修を受けることができる制度で、受講費用も約7,000円お得になります。

ベネッセ



ベネッセの受講費用は、地域によって異なります。
東京都や埼玉県、神奈川県などの関東地方は55,200円(税込60,720円)
愛知県や大阪府、兵庫県などの関西地方は、50,000円(税込55,000円)です。
ベネッセの初任者研修はキャンペーンなどで割引される場合があるので、受講を申し込む前に公式サイトで確認しておきましょう。
また、資格取得後のキャッシュバック制度も用意されています。

三幸福祉カレッジ



三幸福祉カレッジの受講費用は79,800円(税込み87,780円)です。
支払いは一括か分割のどちらかで、分割の場合は三幸教育ローンを利用することができ、手続きはすべてメールとインターネット上で行えます。
三幸福祉カレッジには初任者研修の割引制度があり、介護の仕事を探している最中に受講の申し込みをした場合、最大30%割引となるのが特徴です。
また、初任者研修と実務経験の受講をセットで申し込むと、受講費用が20%割引されるという割引制度も用意されています。

未来ケアカレッジ



未来ケアカレッジの受講費用は、64,500円(税込70,950円)です。
地域や教室ごとに受講費用が大きく異なり、さらに教室限定キャンペーンなどで割引されることがあります。
例えば東京都の場合、期日までに北千住教室へ受講を申し込むと、受講費用は34,500円(税込円37,950円)。新宿教室に申し込むと、39,500円(税込43,450円)で初任者研修を受けることができます。
このように教室ごとに行っているキャンペーンや受講費用が違うので、公式サイトで確認しておきましょう。
また、受講費用全額キャッシュバック制度も用意されています。

ユーキャンに初任者研修の講座はない



残念ながら、ユーキャンに初任者研修の講座はありません
なぜかというと、ユーキャンはどの講座でも実技講習を行っていないからです。
初任者研修は、厚生労働省から実技演習を行うことを義務付けられています。上記で紹介したニチイや三幸福祉カレッジでは、近くの学校や教室に通って実技を学ぶスクーリングを行っていますが、実技講習を行っていないユーキャンでは開講できないのです。
初任者研修を開講するには、厚生労働省の厳しい基準をクリアする必要があるので、実技なしで行うことはできません。
ユーキャンには介護系の資格講座がたくさん用意されていますが、初任者研修に関してはほかのスクールを選択しましょう。

出典:ニチイ(2020年7月22日)
出典:ベネッセ(2020年7月22日)
出典:三幸福祉カレッジ((2020年7月22日)
出典:未来ケアカレッジ(2020年7月22日)

▲目次へ戻る

受講費用の差で内容に違いはあるのか



本とお金のバランスのイメージ

初任者研修講座の価格を比較してみると、高いところだと10万円以上、安いところだと6万円程度とかなりの差があることがわかります。
これだけ受講費用が違うと、研修内容に差が出るのではないかと不安になる方もいるようです。
しかし初任者研修の内容は厚生労働省から指定されているので、受講費用の差で大きく変わることはありません
そのため、受講費用が安いスクールでも研修内容が省略されたり、中途半端に終ってしまったりすることはまずないでしょう。

なぜ受講費用に差があるのか



初任者研修の受講費用に差があるのは、スクールの運営方針などが影響しているからです。

初任者研修は働きながら受講している方が多いので、教室が通いやすいところにあり、日程や講座の振替えなどに融通が利くと、通う側にとっては嬉しいもの。
しかし、駅前や通学環境が整った場所は賃料が高くなるので、受講費用が高いスクールは、こうした教室の運営費の違いも反映されています。
逆にあえて駅から少し離れたところにある賃料の安い場所で開講している教室もあるため、受講費用に大きな差が出ているようです。

▲目次へ戻る

初任者研修を安く受講するには



プライスダウンのイメージ

初任者研修の受講費用を少しでも抑えたいのなら、スクールで期間限定のキャンペーンや早期割引などが行われている時期を狙って受講を申し込むのがおすすめです。
また、自治体や施設から出される補助金や資格取得支援制度を利用したり、厚生労働省の教育訓練給付制度を利用したりする、という方法もあります。
こちらでは、少しでも安く初任者研修を受ける方法をご紹介しましょう。

教育訓練給付制度を利用する



教育訓練給付制度とは、働く方の能力開発やキャリアアップを支援するための制度です。
下記の給付条件を満たした方を対象に、厚生労働省指定のスクールに支払った受講費用の20%を負担してもらえます。
給付条件は以下の通りです。

1.雇用保険の被保険者で、支給要件期間が3年以上の方。
2.雇用保険の被保険者資格喪失(退職日の翌日)から1年以内で、かつ支給要件期間が3年以上の方。


なお、自分が対象者に該当するかどうかは、ハローワークで確認できます。

施設や自治体の資格取得支援を利用する



勤務先の施設や自治体では、資格取得支援制度を用意しているところが多く、補助金や助成金といった名目で支援金を支給しています。
金額は施設や自治体によって異なりますが、全額支給してくれるところもあるので、採用時に質問するか、自治体のWEBサイトを見るかして確認しておきましょう。
なお、多くの自治体では教育訓練給付制度との併用は認められていません。
さらに、介護施設や介護業務の勤続年数や、税金の滞納がないことを要件にしている自治体も多いので気をつけましょう。

費用が安い講座を受ける際の注意点



受講費用が安い講座を受ける際には、注意点がいくつかあります。
まず、受講費用にテキスト代やその他の料金が含まれているかどうかを確認しましょう。
スクールによっては、テキスト代を別途必要としていることがあり、そのため受講費用が安く記載されている場合があります。
また、交通費や昼食費など、実費のほかに必要な料金がないのか事前に確認しておくことが大切です。
次に、講師の質に注意しましょう。
安いからといって講師の質が悪いとは断言できませんが、受講料が高いスクールでは講師に対する研修が充実しているので安心できます。
また、開講日数の少ないスクールの講師よりも、開講日数の多いスクールの講師のほうが経験豊富で、教えることに慣れているはずです。
講師のスキルを講習前に見極めることは難しいですが、口コミや開講日数などを目安にしてみましょう。

出典:厚生労働省「教育訓練給付制度」(2020年7月22日)

▲目次へ戻る

そもそも初任者研修とは?



考える女性のイメージ

初任者研修は、介護職として働く上で必要となる基礎知識や技術を修得することを目的とした資格です。
特別養護老人ホームやデイサービスなどでは初任者研修を修了してなくても介護職員として働くことができますが、訪問介護は初任者研修以上の資格がないと行えません。
また、初任者研修があれば基本的な知識や技術を身に付けてることを証明でき、採用が有利になり、上司や同僚、ご利用者、ご家族からも信頼されるでしょう。

スキルアップの第一歩



初任者研修は、介護の入門的な資格です。
介護の職場では、未経験であっても介護福祉士などの指示があれば身体介護を行えます。
しかし、まったくの未経験と、経験がなくても初任者研修を修了しているのとでは、理解力や現場での対応力に大きな差が出るでしょう。
そのため、まず最初のスキルアップとして、初任者研修を受ける方はたくさんいます。
知識や技術が身に付けば、現場で経験を積み、技術を磨き、やがて実務者研修、介護福祉士の資格を取得することもできるようになるでしょう。

取得すれば日本全国で通用する



初任者研修を取得できたなら、その資格は一生有効で全国どこの施設や事業所でも通用します
ケアマネージャーや運転免許証は、定期的に更新しなければなりませんが、初任者研修はそんなことをする必要はありません。

なお、ホームヘルパー2級を取得している方も初任者研修修了者と見なされるので、全国どこでも働けます。

▼関連記事
介護職員初任者研修とはどんな資格?受験内容や取得のメリットについて解説◎

▲目次へ戻る

資格取得の難易度



難易度を表す的のイメージ

初任者研修の資格取得はそれほど難しくないです。
特に資格や経験がなくても誰でも受験でき、比較的簡単に取得できる資格と言われています。
全講習が修了すると、最後に筆記試験を受ける必要がありますが、カリキュラム内容をしっかり理解できていれば合格できるでしょう。
もし不合格でも安心してください。不合格の場合は、多少費用がかかる場合がありますが、再試験を受けることができます。

▲目次へ戻る

資格取得までの最短ルートは?



遅速を表す矢印と人形のイメージ

初任者研修のカリキュラムは、130時間の講習と演習で構成されているため、勉強時間の差はありません。
そのため、スクーリングを週何回のコースにするかで修了までの期間が決まります。
週4回のコースなら1カ月、週2回のコースなら2カ月、週1回のコースなら4カ月がほどで資格を取得できるでしょう。
また、スクールによっては短期集中コースや最短コースが用意されています
三幸福祉カレッジなら最短1カ月。未来ケアカレッジなら最短1.5カ月で取得できるコースがあるようです。(2020年7月の情報です。)
すぐにでも資格が欲しい方は最短コースを探してみましょう。

初任者研修は実習が必須



初任者研修の勉強方法には「通学と通信」もしくは「通学」の2種類があります。
初任者研修は厚生労働省により、実技演習を行うことを義務付けられているので、通信の場合でも必ずスクールに行く必要があり、実技講習を受けなくてはなりません。
通信だけの受講で資格取得はできないので、通信を選択する場合は基礎知識を自宅で学習し、実践的な内容を通いで学ぶことになります。
また、通信の場合も平均的な学習期間は3カ月~4カ月程度とされていますが、短期集中の講座であれば短期間での取得も可能なようです。

働きながらでも取得可能



初任者研修は、働きながらでも取得できます。
平日は仕事をしていて「土日しか通えない」という方や逆に「土日は休めない」という方、「休みが不定期」という方でも大丈夫です。
スクールはそういった受講生が多いことを想定しているので、土日コースや平日コース、振替制度を充実させ、ライフスタイルに合った学び方ができるようにしています。
そういったスクールはやや受講費用が高めの傾向にありますが、仕事や家庭と日程を上手く組み合わせて、資格取得を目指せるスクールを見つけましょう。

▼関連記事
無料で資格を取得できる!きらケアが介護の資格スクールと提携しました
介護職員初任者研修についての説明

▲目次へ戻る

まとめ



メモを取る女性のイメージ

・初任者研修の費用の相場は6万円~10万円だが、地域やスクールによって異なる
・スクールによって受講費用に差があっても、受講内容に大きな違いはない
・少しでも安く受講したいのなら、キャンペーンや割引、自治体の補助金などを利用する
・そもそも初任者研修は介護の知識や技術を身に付けるための資格で一生有効
・初任者研修は働きながら取得可能で、スクールによって最短コースも用意されている

初任者研修の受講費用は、制度を上手く活用すれば、とても安く抑えられます。
補助金や教育訓練給付制度について知らない方は、当コラムを読んで少しでも参考になれば幸いです。

▲目次へ戻る

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧