介護福祉士の受験資格って改正されたの?ポイントは実務者研修

資格・試験 仕事 2020/06/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チェックリストのイメージ

平成28年度(2017年)から介護福祉士国家試験の受験資格が改正されました。ここでは、改正によってどこがどのように変わったのか、わかりやすく解説していきます。これから介護業界を目指す方やすでに介護業界で活躍されている方、または介護福祉士を目指して勉強しているという方はぜひ把握しておくようにしましょう。

【目次】


平成28年度(第29回)からの介護福祉士試験で改正されたところ
介護福祉士試験この場合はどうなるの?
介護福祉士国家試験の概要
まとめ


平成28年度(第29回)からの介護福祉士試験で改正されたところ




平成28年度(2017年)から、介護福祉士試験では「従業期間・従事日数」に加えて「介護福祉士実務者研修」の資格が必要になりました。ここでは「従業期間・従事日数」と「実務者研修」の2点に焦点をあてて、わかりやすく解説します。

従業期間と従事日数


従業期間


介護福祉士試験を受験するためには実務経験3年(1,095日)以上、かつ従事日数540日以上という条件を満たす必要があります。実務経験とは介護分野での職種に就いて働いた期間のこと。これには在職期間中の「産休、育休、病休」なども含まれます。以下に便利な従業期間計算法があるので、必要な方は利用してみてください。

出典:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター【介護福祉士国家試験】従業期間計算表(2020年6月15日)

なお、介護福祉士試験を受験する年度末の3月31日までの期間が実務経験として認められます。申し込みの時点で実務経験を満たしていなくても、受験する年度末までに満たすのであれば受験可能です。

従事日数


従事日数は540日以上という条件ですが、従事日数と従業期間とは異なります。
従事日数は実際に介護の仕事に従事した日数です。年末年始やお盆といった特別休暇、土曜日・日曜日などの休日、有給休暇などは含まれないので注意してください。在職期間中の「産休、育休、病休」なども従事日数からは除外されます。ただし、「1日、何時間以上介護に従事しなければいけない」といった決まりはなく、アルバイトやパートで働いた日数も換算されます。

介護福祉士実務者研修


平成28年度(2017年)の介護福祉士試験から、介護福祉士実務者研修の修了者であることが受験資格となりました。一般の方が受験する場合は、「従業期間・従事日数」と「介護福祉士実務者研修」の両方を満たしていなくてはなりません。

EPA介護福祉士候補者の場合


EPA介護福祉士候補者として受験資格を得られた方は、「介護福祉士実務者研修」がなくても受験可能です。ただし、「介護福祉士実務者研修」があると実技試験が免除されます。

介護福祉士試験を受験する年度末までに実務者研修を修了しなかった場合


実務経験3年以上あり「実務者研修修了見込み」で介護福祉士試験を受験した方で、受験はしたけれども実務者研修を修了しなかった場合は試験が無効となるので注意してください。

実務者研修修了証明書の保管をしておきましょう


介護福祉士実務者研修を修了(修了見込み)したことを証明する「実務者研修修了証明書」や「実務者研修修了見込証明書」は、受験申し込み時に原本を提出する必要があるので大切に保管しましょう。

▼関連記事
介護職員実務者研修とは?初任者研修との違い、取得するメリットなどを紹介

▲目次へ戻る


介護福祉士試験この場合はどうなるの?


シャツを着た女性が人差し指を上げている画像

介護福祉士試験を受験するうえで、多くの方が疑問に持ちがちな事項についてお応えしていきます。

仕事上の研修なども従事日数に含まれる?


従事日数は実際に介護の業務に従事した日数です。そのため、仕事であっても研修や出張などは従事日数に含まれません。

従事日数と従業期間は両方満たさないといけないの?


従事日数と従業期間は両方満さなくてはいけません。実務経験3年(1,095日)以上、かつ従事日数540日以上というのが受験資格の条件です。

実務経験にはどのような介護業務・職種が含まれるの?


主たる業務が介護の業務と認められる職種です。具体的には、介護職員や介護ヘルパーなどが含まれます。
ただし同じ介護業界で勤務していても、ケアマネや生活相談員などは主たる業務が介護でないため実務経験として認められません。その他に、医師や看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士なども実務経験にはなりませんので注意しましょう。

夜間勤務は従事日数の1日と計算していいの?


勤務する介護事業所の就業規則にもとづいて計算します。2日間にわたる夜勤を2日と定める就業規則があるなら2日、1日と数える就業規則であれば1日というカウントです。

非常勤でも「従事日数」や「従業期間」に含まれるの?


非常勤も正職員も関係なく、介護の業務に携わっているのであれば従業期間に含まれます。

看護師は介護の実務経験に含まれるの?


看護師の業務は介護の実務経験に含まれません。ただし、看護師の資格を持っている方が介護サービスを提供したのであれば、実務経験に含まれます。

▲目次へ戻る


介護福祉士国家試験の概要


試験の様子

介護福祉士の資格取得に至るまでのルートや、試験の概要について解説します。

介護福祉士国家試験の流れ


介護福祉士国家試験の受験申込み


介護福祉士国家試験の受験申込みは、毎年8月上旬から9月上旬にかけて受付けています。この期間中に必要書類をそろえて、社会福祉振興・試験センターへ提出してください。

介護福祉士国家試験の受験要件


介護福祉士国家試験の受験要件は、「実務者研修を修了していること」と「3年(1,095日)以上の実務経験・従事日数540日以上」の2つ。いずれも満たしておく必要があります。

介護福祉士実務者研修の資格は、受験する年度の12月までに取得しておかなくてはなりません。たとえば令和3年の1月(筆記試験)と3月(実技試験)に介護福祉士の国家試験を受験する場合は、令和2年の12月までに実務者研修の資格を取っておいてください。

【具体的な資格要件】
・介護福祉士養成施設(2年以上)を修了した者
・介護福祉士養成施設(1年以上)を修了した者
・3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護業務に従事し、実務者研修を修了した者
・3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護業務に従事し、実務者研修を修了した者で
・経済連携協定(EPA)の介護福祉士候補者で、3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護業務に従事した方

介護福祉士国家試験の実施


介護福祉士国家試験は、例年1月下旬に筆記試験が実施され、3月の上旬に実技試験が行われます。

筆記試験の実施場所


北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
※第33回(令和2年度)試験

実技試験の実施場所


東京都、大阪府
※第33回(令和2年度)試験

試験科目


筆記試験

・人間の尊厳と自立、介護の基本
・人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
・社会の理解
・生活支援技術
・介護過程
・発達と老化の理解
・認知症の理解
・障害の理解
・こころとからだのしくみ
・医療的ケア
・総合問題

実技試験

・介護等に関する専門的技能

受験手数料


15,300円

合格発表


3月25日(例年3月下旬)

出典:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター(2020年6月15日)

▲目次へ戻る


まとめ


笑顔の介護士と車椅子の高齢者の画像

平成28年度(2017年)から行われる介護福祉士試験では「従業期間・従事日数」(従業期間3年以上、従事日数540日以上)に加え、「介護福祉士実務者研修」の資格が必要になりました。介護福祉士国家試験の受験申込みは、毎年8月上旬から9月上旬にかけて受け付けています。試験は例年1月下旬に筆記試験を、そして3月上旬に実技試験を実施。そして3月下旬に合格発表があります。

▼関連記事
【最新版】介護福祉士試験って難しい?合格率や勉強法まとめ
介護福祉士になるにはどうすればいい?最短で資格をとる方法

▲目次へ戻る


きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧