介護職に就く注意点とは?転職成功のポイントをご紹介!

介護の仕事 2021年5月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
微笑む男女の介護士と車椅子に乗る男性の画像

「介護職へ転職したいけど、どのようなポイントに注意して求人を探せば良いのか分からない…」と考えている人もいるでしょう。この記事では、介護職に就きたいと考えている人を対象に、転職成功のポイントや仕事をするときの注意点をご紹介します。転職失敗を防ぐためにも、自分の希望条件にマッチした求人を探しましょう。

目次

介護職への転職を成功させるポイント

介護職への転職を目指す際は、仕事に対する理解やよくある質問への回答を用意することが大切です。下記では、介護職への転職を成功させるポイントをまとめました。

仕事内容について理解する

介護職へ転職したいと考えている方は、業務内容をしっかりと理解しておきましょう。施設形態の違いや夜勤の有無、体力が求められる程度などを調べ、働くイメージを鮮明にします。介護職へのイメージを具体的にできるほど、ミスマッチを防げるはずです。介護の仕事に対して正しい理解を示し、長期活躍を目指しましょう。

志望動機や自己PRの内容を充実させる

転職への決意が固まったら、熱意を伝えられる志望動機と自己PRを作成します。アピールする内容は要約し、相手が理解しやすいように順を追って説明しましょう。自身の強みとそれを裏付けるエピソードを盛り込めば、応募者の人柄が伝わりやすくなります志望動機や自己PRは前向きな内容を作成し、採用担当者へやる気をアピールしましょう。

よくある質問の回答を用意しておく

介護職への転職でよくある質問には、必ず回答を用意しておきましょう。介護業界への転職では、「前の職場では何をしていましたか?」「今後のキャリアプランはありますか?」といった質問がされる傾向にあります。回答を事前に用意しておけば、介護職に対する就業意欲を示せるはずです。採用担当者による質問の意図を理解し、志望動機と照らし合わせながら充実した回答を作り上げましょう。

介護職員初任者研修を取得する

無資格・未経験で介護職を目指す場合は、介護職員初任者研修の取得がおすすめです。介護職員初任者研修を取得すれば、介護に関する知識の基本を掴めます。介護資格があれば、応募できる求人の幅を広げられることも強みです。また、転職にあたって資格取得をした旨を伝えれば、介護職に対する熱意を示せるでしょう。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

介護職の求人を探すときの3つの注意点

介護職の求人を探すときは、軸を定めたり求人を比較したりすることが必要です。ここでは、仕事探しの注意点を3つ解説します。

就職・転職の軸を定める

介護職の求人を探すときの注意点は、就職・転職の軸を定めることです。勤務時間なら「日勤メインで働きたいのか」「夜勤ありでも大丈夫なのか」、労働環境なら「マンツーマンで介護に取り組みたいのか」「チームで協力したいのか」というように、自分の中で譲れない条件や優先したい条件を明確にしましょう。就職・転職の軸が定まれば、自分に合った求人を見つけやすくなります。

業務内容や福利厚生をチェックする

求人に掲載されている業務内容や福利厚生は、隅々まで確認することが大切です。確認不足が原因でやりたい仕事と実際の業務がマッチしていなかった場合、入職後にモチベーションが低下してしまいます。研修体制や休日体制もチェックし、スキルアップやリラックスができる環境かどうかを見極めましょう。

情報収集をして比較検討する

気になる求人を見つけたら、ほかの求人情報と比較して検討しましょう。介護施設のWebサイト・経営者のブログ・SNSなどをチェックすれば、職場環境や社風をチェックできます。求人情報そのものは魅力的に感じても、経営方針が自身の介護観とズレている場合は早期離職につながる可能性も仕事探しの際は視野を狭めず、幅広い情報を収集して条件を比べましょう。

自分の希望条件にマッチする求人を探すなら、きらケアを活用しませんか?

きらケアでは専任のアドバイザーがヒアリングを行い、求職者のニーズに沿った求人をご提案します。転職活動中のサポートだけでなく、面接後の条件交渉にも対応。効率的に転職成功を実現したい方は、ぜひお問い合わせください。

介護職として仕事をするときの5つの注意点

介護職として働くときは、笑顔や挨拶、身だしなみなどにも注意が必要です。以下にまとめた注意点を参考にし、介護現場での長期活躍を目指しましょう。

挨拶や笑顔を心がける

介護職として働く際は、笑顔や挨拶が重要です。笑顔や挨拶がなければ、利用者さんだけでなく周囲のスタッフともコミュニケーションを深められません。明るい表情で介護を行えば、利用者さんが安心して過ごせるようになり、周囲とも協力してサポートができます。

身だしなみを整える

介護職として活躍するには、身だしなみを常に整えるようにします。介護現場では清潔感が求められるので、職場ごとのルールを守ることが大切です。派手な髪色や髪型は避け、制服は頻繁に洗濯するように意識しましょう。

気配り・心配りを意識して対応する

介護現場では、利用者さんが何を求めているのかを的確に掴み、必要とされる支援を必要なだけ提供します。必要以上のサポートを行うと、利用者さんのストレスにつながってしまう可能性も。一方的な支援やマニュアル通りの支援ではなく、気配り・心配りを意識することが大事です。

目標や向上心を持って取り組む

業務やキャリアへの目標を持って介護に取り組めば、モチベーションを維持することが可能です。「介護経験を積んで上位資格を取得したい」「ゆくゆくはケアマネージャーを目指したい」というように、具体的な目標を設定しましょう。向上心を持って業務に携わればスキルアップにつながり、活躍の場を広げられるはずです。

メリハリをつける

仕事とプライベートは、メリハリをつけるようにしましょう。仕事にプライベートを持ち込むと、利用者さんや職場のスタッフに迷惑をかけてしまう可能性があります。また、プライベートでは仕事について考えすぎず、休息の時間を確保することが大切です。

まとめ

介護職への転職を成功させるには、仕事内容への理解や志望動機を固めることが大切です。よくある質問に対する回答を用意しておけばスムーズな対応ができ、より良い印象を与えられます。また、介護職員初任者研修を取得すると、応募できる求人の幅を広げることが可能です。

介護職の求人を探すときは、就職・転職の軸を定めておきましょう。募集要項は業務内容や福利厚生を隅々まで確認し、ミスマッチを防ぎます。自分の希望条件に合う環境で介護職として働きたい方は、きらケアの就職・転職サービスを活用するのも一つの手です。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧