介護者と介助者、どう違うの?

仕事 2016/05/11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
114_TOP_介助士とおばあさん

どちらも介護の分野ではよく目にする言葉ですよね。
このふたつの言葉は同じ意味でしょうか?それとも違うでしょうか?
それぞれの意味を正しく理解しているかといわれると、なんとなくわかっているような気もするし、曖昧なところもあるような気がするかもしれません。
今回は「介護」と「介助」というふたつの言葉が持つ意味の違いから、「介護者とは何か?」ということについても考えてみましょう。

【目次】


「介護」とは…
一方「介助」とは…
介護者とは

「介護」とは…


「老齢や身体上または精神上の障がいによって日常生活を営むのに支障がある方が、身体的、精神的、また社会的に自立した生活を送ることができるように、健康面や生活面での介助や援助を行うこと」です。日本で「介護」という言葉が一般的に使われるようになったのは、1970年代後半からの、障がい者に公的介護保障を求める運動が起こってからだといわれています。

その後、1980年代半ばになると、介護の派遣事業が制度化されるようになり、介護の目的そのものも、主に身体面の世話をするという捉え方から、介護を受ける方が自立して快適に暮らすことができるように、生活の質を高めることを目指すという考え方へとじょじょに変化してきました。

つまり「介護」には単に身体的な介助だけではなく、見守りや声がけなど、直接身体に触れない精神的な支援や社会的なサポートをすることも含まれているのです。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

一方「介助」とは…


「病気や障害を持つ方や高齢の方に付き添い、日常生活の行動を直接的に援助するという身体的な動作」という意味合いが強いようです。
日常生活動作の「介助」には以下のような内容が含まれます。
・食事
・排泄
・入浴
・移動
・着替え
・コミュニケーション

介護を受ける方がこれらの動作をできるようにするために、介護者は食事作りや生活必需品の買い物、洗濯、掃除、身の回りの世話や外出の援助などを行います。

▲目次へ戻る

介護者とは


このように「介護」と「介助」の違いについて考えてみると、「介護」という全体としての大枠の中に、具体的な「介助」の動作が含まれていることがわかります。

介護者は日常生活での介助行為を通じて、介護を受ける方の身体的、生活面での援助を行うだけでなく、より快適で充実した生活を送ることができるように、さまざまな相談に乗ったりアドバイスをすることもあります。そして改善点や工夫点について医師や看護師と情報を共有し、福祉と医療の連携にも取り組むという大切な役割も担っているのです。

介護者とは、介護を受ける方一人ひとりの必要に応じて時には心を支え、質の高い生き方を実現させるための助け手であるという姿勢を持って介護の仕事に取り組んでいる、介護のプロフェッショナルなのです。

高齢化社会に伴って「介護」が決して特別なものではなく身近になっている今の時代、介護福祉の分野はさらに変化し、介護者の手もますます必要とされるようになるでしょう。

介護サービスを利用する方の暮らしがより良いものになることを目指すと同時に、介護者となる方がやりがいと誇りを持って「介護」の仕事に就くことができる在り方についても考えられています。

介護職に興味を抱いたとしても、1人で行動するには不安もつきまとうでしょう。そのような方におすすめなのがきらケアです。
1人1人丁寧かつ親身に、就活アドバイザーが相談に乗ります。ニーズの高まる介護職の求人の中から、あなたにピッタリのお仕事をご提案。安心して就活をスタートできますよ。
介護士の求人をお探しの方は、きらケアにご相談ください。

https://job.kiracare.jp/feature/jt1/

※参考資料:介護保険法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H09/H09HO123.html

【関連記事】
無資格・未経験でも本当に大丈夫?リアルな体験談集めました
福祉の種類と未経験で挑戦できる仕事を知ろう
無資格でも働ける!介護士ってどんな仕事するの?


きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧