どんな資格やスキルが必要?派遣ヘルパーという働き方

仕事 2019/07/31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


介護職の中でも、比較的自由に働けるイメージがある訪問介護員(ホームヘルパー)。
一口にヘルパーといっても、正社員からアルバイトまで様々な働き方がありますが、派遣はどうなのでしょうか。
当コラムは、主に派遣でヘルパーを行いたい方に向けた内容。
派遣のメリットとデメリット、必要な資格やスキルなどをまとめたので、働き方について考えている方は参考にしてください。


【目次】


ヘルパーは派遣でも働ける!
ヘルパーに必要なスキル
派遣として働くメリット・デメリット

ヘルパーは派遣でも働ける!


ご利用者の自宅を訪問して身体介護と生活支援を行うホームヘルパー。
その雇用形態は正社員をはじめ、アルバイトや派遣と多岐にわたり、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが特徴です。
その中でも特徴的なのが、事業所ではなく派遣会社に雇用される「派遣ヘルパー」。
正社員やアルバイトはその施設の事業主が直接雇用を行いますが、派遣の場合は、登録先の人材派遣会社と雇用契約を結びます。
そのため、給与の支払先や保険の手続き先などは人材派遣会社となるのが特徴です。

派遣ヘルパーとして働くには、民間の人材派遣会社に登録するほかに、自治体の社会福祉協議会に登録する方法もあります。
訪問介護はニーズの高い仕事なので、自治体や民間を問わずに働き先は見つけやすいと言えるでしょう。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

ヘルパーに必要なスキル




事業主に雇用されるほか、人材派遣会社からの派遣としても十分に働くことができる訪問介護員。
ヘルパーとして活躍するには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

まず、ヘルパーの主な仕事内容を確認しておきましょう。
訪問介護の業務は、「身体介護」と「生活援助」に分類され、それぞれの詳細は以下のとおりです。

【身体介護】
ご利用者の体に直接触れる介護業務のこと。
代表的なものとして入浴介助や排泄介助、食事介助、移動や着替えの介助が挙げられます。
日常生活を送るにあたってご利用者1人で行うのが困難なことを支援し、身体機能の回復や自立支援を促します。

【生活援助】
ご利用者が日常生活を送るうえで必要なことをサポートする業務のこと。
自宅の掃除や洗濯、食事の用意、買い物代行、外出の同行などが主な業務です。
注意したいのが、「援助は介護保険の範囲まで」ということ。
家族が使用している部屋の掃除や洗濯まで頼まれることもあるようですが、介護保険サービスであることを念頭に置き、保険外業務は行わないようにする必要があります。

ご利用者の介護度やケアマネジャーが作成したケアプランによって、身体介護と生活援助の両方を行うこともあれば、どちらか一方だけ…というケースもあります。
また、訪問時間はもちろん、身体介護と生活援助にかける時間もケアプランによって決められているため、時間を厳守することが大切です、

次に、訪問ヘルパーに必要な資格についてチェックしましょう。
前提として、介護職を行うにあたって必ず取得すべき資格はありません。
そのため、介護施設では無資格でも働くことが可能です。

しかし、訪問介護の場合はその限りではありません。
生活援助は無資格でもできますが。身体介護を行う場合は介護に関する資格は必須。
訪問ヘルパーとして活躍するために必要な資格の代表は以下の3つです。

【介護職員初任者研修】
介護職として働くための最低限の知識や技術を学べるもので、介護職の基本となる資格。旧ホームヘルパー2級に相当します。
取得するには厚生労働省で認定された基準のもとで130時間のカリキュラムを受講し、最後の試験に合格すれば修了者として認定され、有資格者として働くことができるでしょう。

【介護職員実務者研修】
介護職員初任者研修の上位資格で、旧ホームヘルパー1級に相当します。
初任者研修に比べるとより高度な知識や技術を学ぶことができ、介護に加えて医療ケアまで範囲が広がるのが特徴。
初任者研修を修了していると取得に必要なカリキュラムの受講時間が一部免除になります。

【介護福祉士】
介護資格のなかで唯一の国家資格で、受験するには「介護職員初任者研修および実務者研修の修了者であること」「実務経験が3年以上あること」が条件として挙げられます。
例外として、福祉系の専門学校などで学んだ場合は実務経験がなくても試験に合格すれば資格を取得することが可能です。

介護資格の入門編と言える介護職員初任者研修であれば、取得に必要な期間も短く取得しやすいでしょう。

▲目次へ戻る

派遣として働くメリット・デメリット


訪問ヘルパーの基本が分かったら、派遣という働き方について考えてみます。

【メリット】
・働く時間を調整できる
・時給が高い傾向が見られる
・残業がないことが多い

まず挙げられるのが、働く時間を自分で選択できたり、調整できたりするという点。
正社員の場合は「1日8時間、週5日」で働く必要がありますが、派遣であれば「1日4時間、週2日」のように勤務時間を調整することができます。
合わせて、派遣の場合は事業主に雇われているわけではないため、残業がないケースが多数。
派遣ヘルパーに残業を依頼すると残業手当が高額になるだけでなく、派遣会社からの評判も悪くなりスタッフを派遣してもらえなくなる可能性もあるため、派遣の場合は残業がないことがほとんどのようです。
さらに、同じ短時間勤務のアルバイトやパートに比べて時給が高い傾向があるのもメリットの1つ。
これは、介護業界が慢性的な人材不足であることと、派遣の場合は依頼すればすぐにスタッフを紹介してもらえることが影響しています。
アルバイトやパートの場合は、採用をしたいと思ってもすぐに応募があるとは限らないため、人員確保のために派遣会社を利用する介護事業者は多数。
その需要の高さから、時給も高い傾向になっていると言えるでしょう。

【デメリット】
・昇給や賞与がない
・福利厚生が不十分なこともある
・契約期間が限られている

何度も述べているように、派遣ヘルパーは派遣会社に登録しています。
そのため、正規職員のように昇給や賞与はないのが一般的。
併せて、福利厚生が不十分…というケースも多く見受けられます。
昇給や福利厚生がないぶん、基本となる時給が高いと捉えておきましょう。
また、あらかじめ契約期間が定められているのも特徴。
ご利用者やご家族と信頼関係を築けたところで契約期間が終了する…ということもあるので、1人のご利用者とじっくり向き合っていきたい方には不向きかもしれません。

以上のことから、短期間で働きたい、高時給が欲しい…という方は派遣ヘルパーを検討しても良いでしょう。
逆に、長期で働きたい、ご利用者さんとじっくりと関係を構築したい…という場合は、派遣ではなくパートや正規が向いているかもしれません。
どの働き方でも、メリットとデメリットがあります。
勤務先を選ぶのであれば、それらをしっかりと踏まえて自分に合う職場を探すことが大切と言えるでしょう。

自分に合う働き方で介護に従事したいなら、介護職専門の転職エージェント「きらケア」をご利用ください。
きらケアでは、キャリアアドバイザーによる就職支援を実施しています。
アドバイザーが丁寧にご希望をヒアリングし、その条件に合う勤務先や働き方を提案。
面接の日程調整や条件交渉も代行いたします。お気軽にお問い合わせください。

▲目次へ戻る

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧