新卒介護士の教育の仕方

仕事 2016/06/20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
125_TOP_新人

目標を明確にし、共有すること


介護現場における教育の問題として、教育する側が意外と認識していない点があります。それは、「どのような人材に育って欲しいのか」、自分たちが明確にわかっていないということ。これはつまり、事業所の理念が一般職員にまで浸透していない、あるいは理念が形だけのもので現実と乖離していることが考えられます。まずは、教える側が自分たちの目標とするビジョンを明確化するところから始めましょう。

教わる側にも共通した問題があります。「自分になにができていないか、自覚できていない」ことがそれにあたります。とはいえ、教える側が目標を明確にしていないのですから、目標とのギャップが見えにくいのは仕方がないことでしょう。

以上のことから、新人教育の際にまず行うべきは、目標の共有化だといえます。できれば、新人とチューターだけでなく、全職員の目標を明らかにするとよいでしょう。そうすれば、何年目の職員がどれくらいのレベルを目指すものなのか、事業所のキャリアパスが明確になり、目標の先の目的までの見通しが良くなります。

良さを伸ばすか、欠点を克服するか。それが問題だ


よく、新人教育の場では、「その人の良さを見つけて、そこを伸ばしてあげよう」といったことが言われますが、介護ではそのままに受け止めることはできません(とはいえ、完全に否定するわけではありませんので、あしからず)。

介護の現場では、すべての職員が同じレベルのケアを提供できることが前提とされています。得意な利用者さん、不得意な利用者さんがいるのは仕方がないこと。でも、不得意だからといってできないといってしまっては、その人はケアを受けられなくなってしまいます。日中であれば、まだ他の職員が変わることもできるかもしれません。ですが、人数の少ない夜勤ではそのようなことは難しく、できないことがある=利用者さんが満足なサービスを受けられない、ことになってしまうのです。

そのため、良さを伸ばすのはもちろんのこと、苦手なことを克服していく努力も、同時に行う必要があります。とはいえ人間は、苦手なことはできるだけ避けたいもの。苦手な部分の克服だけを要求しては、仕事が嫌になってしまいます。よい部分、本人が楽しめる部分を見出しつつ、飴と鞭でバランス良く長所を伸ばし、欠点を是正していきましょう。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

長い目で見よう。自分自身を振り返ろう


人材育成は一朝一夕でなるものではありません。介護の現場で数年働いている人は、新人職員の動きにもどかしさを感じることもあるでしょう。ですが、自分自身のことを少し振り返ってみれば、自分にも同じような経験があることがすぐにわかるはずです。

個人によってスピードは異なれど、みんな一段ずつ同じ階段を上ってきたのです。今立っている位置から新人職員を見下ろすのではなく、過去の自分の位置まで降りてみましょう。そうすれば自分がした失敗や、どのような成功体験をして成長したかが思い出されるでしょう。

新人職員のことを、「昔の自分を育てている」と感じられるようになれば、自分にとっても、新人職員にとっても、非常に有意義な教育関係となるはずですよ。

新しい職場がどんな環境なのか不安。人間関係がうまくやっていけるか自信がない。そんなあなたはきらケアに登録して、職場を探してみませんか?求人情報に加えて、職場の雰囲気や人間関係といった、知りたいけどなかなか知ることのできない情報まで網羅していますから、きっとあなたに合う職場が見つかるはずですよ。

また、無資格OKの求人案件も多数ご用意。
経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたのご希望や適性に合った求人をご紹介します。資格取得支援のある求人も豊富ですので、働きながら資格取得も目指せますよ。相談だけの方も歓迎ですので、まずはサービス登録してみませんか?
https://job.kiracare.jp/feature/qf18/

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧