派遣社員でも社会保険に入れる?加入条件や保険料などについて解説!

介護の仕事 2020年12月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバイザーに相談する▶

派遣社員でも社会保険に入れる?加入条件や保険料などについて解説!の画像

派遣社員でも社会保険に入れるの?と気になっている方は多いでしょう。社会保険は正社員が加入するもの、というイメージがありますが、派遣社員でも条件を満たせば加入できます。このコラムでは、派遣社員として働く場合の社会保険の加入条件や保険料、手続きについて解説!実は社会保険に入りたくないと思っている方の疑問まで、詳しくお教えします。






目次

社会保険は派遣社員でも入れる?

社会保険は、派遣社員として働く場合も条件さえ満たせば加入できます。
社会保険とは、健康保険・厚生年金保険・介護保険・雇用保険・労災保険の総称。病気や事故、失業など、さまざまなリスクに備えて加入者が保険料を出し合い、その中から必要な方にお金を支給することで誰もが安心して働けるように保障するためにあります。
しかし、社会保険に入るには一定の条件を満たさなくてはなりません。なお、加入するのは、勤務する介護施設や事業所の社会保険ではなく、登録している派遣会社の社会保険です。事前に条件を確認し、加入できるかを調べておきましょう。もちろん、きらケア介護派遣にも社会保険が完備されているので、条件を満たせば加入できます!

きらケア介護派遣に興味がある▶ 介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

 

加入手続きは派遣会社がやってくれる

社会保険加入の手続きは、基本的に登録している派遣会社が行ってくれます。そのため、自分で手続きをする必要は特にありません。ただし、国民健康保険や国民年金に加入していたり、親や配偶者の社会保険に被扶養者として加入していたりする場合は、自分で保険脱退の手続きを行う必要があります。脱退手続きをし忘れてしまうと、保険料を二重払いすることになってしまうので注意しましょう。

いつから社会保険に加入できるのか

社会保険は、入社したその日に加入することができます(※1)。自身が社会保険加入の対象かどうか気になる方は、派遣会社に確認しておくといいでしょう。
(※1)月末(25日以降)にきらケアに入社した場合健康保険と厚生年金の加入は翌月1日加入となります。

▲目次へ戻る

きらケア介護派遣の健康保険は?

きらケア介護派遣に登録した場合、関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)の社会保険に加入できます。ITSの社会保険は、多くの企業が導入している協会けんぽより保険料の負担が少なく、加入するメリットが豊富です。たとえば、病気や怪我をしたり、出産したりした場合は、協会けんぽにはない付加給付が支給されます。また、関東近郊を中心とした直営・通年保養施設を利用でき、全国各地にある宿泊施設の利用補助も受けられます。

保険証はいつ届く?

ITSの健康保険証は、加入日から3~4週間ほどで郵送されます。まだ届いていないときや、保険証を忘れてしまって手元にない場合は、健康保険証番号と健康保険加入証明書があれば、病院などで対応してもらえるようです。ただし、この対応方法では3割負担にならない可能性があるので、 受診する医療機関に前もって確認するといいでしょう。

健康保険

健康保険は、病気や怪我などで病院にかかった際に、本人の医療費負担を軽減してくれるもので、多くの方にとって一番身近な保険といえるでしょう。出産したときに一時金が支給されたり、病気や怪我で会社を休んで給与が発生しないときにも手当金が支給されたりします。加入対象者は、健康保険が適用される事業所で働いている方で、加入条件は以下の条件のいずれかを満たすことです。

1.1週間の所定労働時間が雇用元である派遣会社に勤める正社員の4分の3以上である

正社員の所定労働時間が月20日、週40時間だと仮定すると、1カ月の所定労働日数が15日以上、かつ1週間の所定労働時間が30時間以上であれば、社会保険に加入できます。

2.1週間の所定労働時間が20時間以上で、以下5つの条件すべてを満たしている

・1年以上の雇用が見込まれる
・給与額が月88,000円以上である
・学生ではない
・雇用元の派遣会社の従業員が501人以上
なお、従業員が500人以下でも、社会保険加入について労使で合意した会社であれば適用されます。

厚生年金保険

厚生年金保険は、簡単にいうと高齢になり、収入が減ったり、収入を得られなくなったときに備える保険です。厚生年金保険に加入し、保険料を支払っていると65歳以降の生活を保障する老齢年金が支給されます。ほかにも病気や怪我などで障害が残ったときは障害年金、被保険者が亡くなったときは遺族に遺族年金などが支払われ、生活が厳しくなったときに助けてくれるという仕組み。加入対象者は、厚生年金保険が適用される事業所で働いている方で、加入条件は健康保険と同様です

介護保険

介護保険は、介護を必要とするようになったとき、少ない負担で介護サービスを受けられるようにする保険です。要介護認定を受けると、介護サービスを原則1割負担で利用できます。加入対象者は40歳以降の方。40歳になると加入が義務付けられるのが特徴で、保険料は健康保険と一緒に徴収されるため、加入条件は健康保険と同様です

雇用保険

雇用保険は、失業や休業により、収入がなくなったときに生活を支えてくれる保険です。失業してから次の仕事が見つかるまでや育児のために休業したとき、介護で仕事を休んだときなどに給付を受けられます。また、失業保険を受給している方の再就職やキャリア形成の支援として、一定の条件を満たせば再就職をしたときにも手当が支給されます。雇用保険は強制保険制度といい、加入条件を満たせば雇用形態に関係なく加入しなくてはなりません。加入条件は以下のとおりです。

・1週間の所定労働時間が20時間以上
・31日以上の雇用見込みがある

健康保険よりも契約期間や労働時間の条件が短いので、雇用保険のみ加入する可能性もあります。ただし、4月や6月など30日しかない月では「31日以上」の条件を満たせないため、この月に単月のみの就業の場合は、雇用保険に加入することはできません。

労災保険

労災保険は、正式には労働者災害補償保険といい、仕事や通勤が原因で怪我をしたり、病気になったりした際に、従業員本人やその家族に保険金が給付されます。従業員を1人でも雇用する場合、会社側には労災保険に加入する義務が発生するため、従業員は就業した時点でその保険に自動的に加入することになるのが特徴です。保険料は全額派遣会社側の負担になるので、派遣社員の保険料負担はありません。

きらケア介護派遣の場合

きらケア介護派遣の場合、前述の通り関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)の健康保険に加入することになります。ITSは健康保険に関するすべての事業を行っており、健康づくりや疾病予防のための保健事業、付加給付など、協会けんぽよりも充実した独自の事業を積極的に実施。加入者とそのご家族の健康をサポートしています。 加入条件は以下の通りです。

・1週間の所定労働時間が20時間以上
・月額賃金が88,000円以上
・継続して1年以上雇用される見込みがある
・特定適用事業所に勤務している
・学生でない

こちらの条件を満たす方に対して、随時対応しています。

▼関連記事
メリット豊富な介護派遣!登録型、常用型、紹介型の違いとは

▲目次へ戻る

介護派遣の仕事を紹介してもらう▶
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

社会保険に加入したくない人も

安心して働けるように保障する社会保険ですが、実は社会保険に加入したくないという方も一定数いらっしゃいます。なぜなら社会保険に加入していると、給与から保険料が差し引かれ、手取りの収入が少なくなるからです。そのため、社会保険に加入しなくてもいいのならしたくない、という方は少なくありません。しかし、正社員でも、派遣社員でも、パートでも、加入条件に当てはまれば社会保険に加入する義務が生じます。どうしても社会保険に加入したくないのなら、上記の加入条件を満たさないようにしましょう。加入条件と働き方を見直し、勤務日数や勤務時間を調整すれば、社会保険の加入対象にはなりません。

扶養の範囲内で働きたい場合

配偶者や家族の扶養の範囲内で働きたい場合は、年収に注意しましょう。年収が130万円を超えると、扶養から外れてしまいます。扶養から外れてしまうと所得税が課せられ、国民健康保険料や国民年金を納めるか、社会保険に加入しなければなりません。扶養の範囲内で働きたい方は、労働時間をうまく調整しましょう。また、仕事を探す際に、扶養内で働きたいことを派遣会社に相談してみることをオススメします。

▲目次へ戻る

派遣社員の社会保険料

社会保険は安心して働くための制度ですが、加入者も保険料を負担しなくてはなりません。「保険料は給与からいくら引かれるのか?」と気になっている方のために、保険料について解説します。

時給1,300円、月曜日から金曜日までの9時から18時までの8時間勤務の派遣社員を例に手取り収入を計算してみまししょう。
月曜日から金曜日の5日間×4週間とすると、月の勤務日数は20日前後。月によって勤務日数は変動しますが、20日で計算すると月収は以下のようになります。

時給1,300円×8時間×20日=208,000円

ここから社会保険料と所得税などを差し引いたものが手取り収入になります。
保険料は給与額と介護保険料率によって異なり、扶養家族の有無などによっても変わってくるでしょう。ちなみに、扶養家族がいない場合の社会保険料と所得税は合計で15%程度とされており、15%を目安に算出すると、以下のようになります。

208,000円×0.15%=31,200円

算出した金額を月収から引くと、手取り収入になります。

208,000-31,200円=176,800円

あくまで簡単に算出した金額ですが、176,800万円が手取り収入となる計算です。

▼関連記事
介護派遣のメリット・デメリットとは?実例や働くまでの流れ

▲目次へ戻る

派遣と正社員どちらが合ってる?
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

退職時の社会保険の手続き

退職する際、これまで加入してきた社会保険を脱退しなくてはなりません。脱退に関する手続きも、入社時と同様派遣会社が行ってくれますが、加入手続きと同様に自分でやらなければいけないことがあるので、こちらで退職時の手続きについて解説します。

雇用保険被保険者証や年金手帳などを受け取る

退職時には、雇用保険被保険者証や年金手帳などを受け取ります。
雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入していたことを証明する書類です。入社時に発行されますが、多くの場合本人には渡されず、紛失しないように会社側が保管しています。年金手帳を入社時に提出している場合、会社に保管されていれば、返却してもらいましょう。また、退職後すぐに働く予定がない方は、離職票と健康保険の資格喪失証明書なども受け取ります。基本手当の失業給付を受ける場合は、離職票が必要です。会社によっては、退職する方から申請が必要な場合もあるため気を付けましょう。

きらケアの場合

・【雇用保険被保険者証原本】を受け取りたい場合は、依頼が必要です
・【雇用保険被保険者資格喪失確認通知書】は、退職後1ヶ月半程でお送りしています
・【年金手帳】は、コピーのみ提出いただき、原本はご本人にお返ししていますので、お手元にないかご確認ください

健康保険証を返却する

社会保険を脱退する時は、健康保険証を返却しなければなりません。扶養家族がいる場合は、加入者本人だけでなく、扶養家族全員分の健康保険証を返却する必要があります。健康保険証を使えるのは退職日当日まで。それ以降は失効するので、保障の対象ではなくなります。もしうっかり失効した保険証を使用してしまった場合は、差分の医療費を保険組合に返還しましょう。また、故意に失効した健康保険証を使い続けると、詐欺罪などで罰せられることもあり得るので、保険証は速やかに返却してください。

退職と入社を同じ月にした場合

今まで勤めていた会社を退職した月と、新しい会社に入社した月が同じだった場合、どちらの会社からも社会保険料が引かれるのかな?と思われるかもしれません。しかし、結論をいうと、社会保険料が二重払いになることはありません。月の途中で新しい会社の社会保険に加入した場合は、その月から保険料を支払いますが、退職した会社の社会保険は退職した月に失効し、前月分までしか保険料がかからないのです。また、月の途中で国民健康保険に切り替えたとしても、切り替えた月から国民健康保険料が請求されますが、社会保険との二重払いになることはありません。

▼関連記事
介護職の正社員とパートの違いは?メリットとデメリット

▲目次へ戻る

まとめ

社会保険に入れるかは登録している派遣会社次第です。しかし、きらケア介護派遣なら加入条件を満たせば、入社したその日から社会保険に加入できます(※1)。社会保険に入りたくない方は、勤務日数や勤務時間を調整すれば、加入対象になりません。加入手続きと退職時の手続きは会社側が行ってくれますが、自分でやらなくてはならないこともあります。特に保険証の返却をし忘れて使用し続けてしまうと、刑法により罰せられる可能性もあるので気をつけましょう。きらケア介護派遣の場合、ITSの社会保険に加入することができ、付加給付が支給されたり、保養施設や全国各地にある宿泊施設を利用できたりするなどメリットが豊富です!
(※1)月末(25日以降)にきらケアに入社した場合健康保険と厚生年金の加入は翌月1日加入となります。

▲目次へ戻る

きらケア介護派遣に登録する▶
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

きらケアのご紹介

介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴

・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声

私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧