看護助手の目標管理シートの書き方を解説!経験別の例文も紹介

その他 2022年11月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手帳に目標を書いている人の手元のイメージ

「看護助手の目標管理シートってどうやって書けば良いの?」と悩んでいる方も多いでしょう。「そもそも目標管理シートってどんな意味があるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。この記事では、目標管理シートを作成する意味や書き方のポイントを詳しく解説しています。目標管理シートに書く内容が思いつかないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

看護助手の目標管理シートとは

看護助手の目標管理シートとは、仕事に対する目標を立て、その目標を達成するためにどのような行動・考え方をするかということを管理するためのシートです。
看護助手の個人目標は十人十色。それぞれの課題を見つけ、改善策を立て、目標管理シートに記入します。
看護助手の主な仕事は、看護師のサポートと患者さんの身の回りのお世話なので、サポート業務と患者さんへの接し方に関する目標を立ててみるのも良いでしょう。

▼関連記事
看護助手とは?仕事内容や介護士との違いをご紹介!

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

看護助手の目標管理シートの例文

ここでは、看護助手の目標管理シートの例文を紹介します。「目標が思いつかない…」という方は、例文を参考にしながら自身の目標を立ててみてください。

新人の目標管理シート

  • 毎月2冊、看護助手に関する書籍を読む
  • 8月までに10回、研修会に参加する
  • シーツ交換を30分以内に完了できるようになる
  • ナースコールを7秒以内に取る
  • 患者さんの入浴介助をスムーズに行えるようになる

中堅の目標管理シート

  • 新人を3ヶ月で独り立ちできるように教育する
  • イレギュラーも臨機応変に対応できるようにする
  • 12月までに15回、研修会や勉強会に参加してキャリアアップを目指す
  • 医療知識を身につけ、看護助手の仕事に活かす
  • 医師や看護師との連携を強め、患者さんの疑問や不安を解消できるように行動する

看護助手が目標管理シートを書く意味

看護助手が目標管理シートを書く意味は、「自身が成長するため」「上司が評価するため」「看護の質を高めるため」です。以下で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

自身が成長するため

個人目標を立て、達成するために、意識して行動をすることで看護助手としての知識や能力の向上が見込めます。また、目標を達成するまでの経験や達成したことにより、仕事へのやりがいが感じられるでしょう。仕事にやりがいを感じることで、よりモチベーションを維持することができ、さらなる成長が見込めます。ほかにも、心のなかで目標を立てても、うやむやになったり、行動できなかったりする可能性がありますが、目標管理シートを書くことで、目標を明確にできるので、より行動に起こしやすくなるでしょう。

上司が評価するため

目標管理シートを書くことで、上司が客観的な評価をしやすくなります。目標と改善策、達成までの経緯、達成率を詳しく記載することで、上司の主観によらない公平な評価を下すことが可能です。また、上司が業務の進捗やスキルを把握することで、適切な指導を行えるようになります。特に新人時代は、上司が新人職員の能力の把握や教育の進捗状況を確認するためにも役立つでしょう。

看護の質を高めるため

目標管理シートを作成することで、看護の質を高めることができます。看護助手一人ひとりが目標を持って業務に取り組むことで、業務効率がアップしたり、勉強会に積極的に参加するようになったりして、病院全体の看護の質が向上するでしょう。

このように看護助手が目標管理シートを作成することで、さまざまなメリットがあります。「目標管理シートを書くのが面倒くさい…」と感じる方もいるかもしれませんが、自身の成長のためにも、しっかりと書くことが大切です。

▼関連記事
看護助手は資格なしで働ける?主な職場や求人の探し方のコツを紹介

▶無資格OKの求人一覧はこちら

看護助手の目標管理シートの書き方

目標管理シートを書くときは、「SMART」の考え方が重要です。「SMART」とは、「Specific(具体的な)」「Measurable(測定可能)」「Achievable(達成可能)」「Relevant(関連性のある)」「Time-bound(明確な期限)」という5つの考え方のポイントのこと。つまり、「具体的で第三者から達成率が分かり、目標の達成が自身の成長につながり、期日までに達成できる目標」を立てるようにしましょう。
以下で、「SMART」の考え方に沿った目標を立てるコツを解説します。「何を書けばいいのか分からない…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分の課題を書き出す

自分の課題を書き出し、改善すべき点を明確にしましょう。自身の不足している部分だけではなく、どのようなサポートをしたいか、どのように患者さんと関わりたいかも書き出します。深く考え過ぎず、現在悩んでいることや困っていることを書き出してみましょう。

具体的な目標を決める

書き出した課題のなかから具体的な目標を決めます。「看護助手の仕事ができるようになる」という曖昧な目標は避け、「△△の仕事ができるようになる」というように具体的な目標にしましょう。最初からおおきな目標を立てるのではなく、小さな目標を積み重ねていくことが大切です。

達成可能な目標か考える

目標を立てたとしても、達成が明らかに困難な高すぎる目標は意味がありません。自分が達成できる目標かどうか今一度確認しましょう。「難しいかもしれない…」と感じたときは、無理をせず、できそうな目標を再設定します。

いつまでに達成するか決める

目標が決まったら、いつまでに達成するか決めましょう。課題の難易度に応じた期間を設定することが大切です。長くても半年や1年程度にしておくと、進捗状況も把握しやすいでしょう。期日を設けないと、先延ばしにしてしまい、いつまでも目標が達成できなくなってしまう可能性があります。達成するまでの期間の設定に不安があるときは、上司や先輩に相談してみるのもおすすめです。

他人が分かりやすい目標にする

目標管理シートは、上司や先輩職員が進捗状況の確認や評価、指導のために確認するので、誰が見ても分かりやすい目標にします。「◯◯を頑張りたい」というように、第三者が判断しにくい目標は避けましょう。

▼関連記事
看護助手に向いている人とは?向いていない人の特徴や仕事のやりがいも解説!

看護助手の目標管理シートについてよくある質問

看護助手の目標管理シートについてよくある質問に回答します。目標管理シートの作成にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

看護助手の目標管理シートって何を書けば良いの?

看護助手の目標管理シートには、仕事に取り組むうえで掲げる目標と目標を達成するためにどのように考え、行動するのかを書きます。また、いつまでに目標を達成するのか定めることも重要です。大き過ぎる目標や曖昧な目標は、達成率や目標のゴールが分かりにくいので、具体的な内容にします。「看護助手の目標管理シートの書き方」で書き方のコツを詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

看護助手の目標管理シートの例文が知りたい!

看護助手の目標管理シートに書く目標を具体的な内容にするためにも、数字を盛り込むことが重要です。看護助手の目標管理シートの例文は、「看護助手の目標管理シートの例文」で紹介しています。例文を参考にする際は、丸パクリにならないように注意しましょう。

まとめ

看護助手の目標管理シートを作成することで、自身が成長できたり、公平な評価を受けられたりします。ほかにも、職員全員が目標管理シートを書き、成長することで、病院全体の看護の質を高められるでしょう。
目標管理シートを書くコツは、「SMART」の考えのもと、作成することです。「具体的かつ、達成可能な目標であり、進捗状況が分かりやすく、達成することで自身の成長につながる目標」を作成しましょう。

より評価される病院への転職を考えている看護助手の方は「きらケア介護求人」へご相談ください。
きらケアは、介護業界に特化した就職・転職エージェントです。プロのアドバイザーがあなたの条件に合った求人をご提案。職場の雰囲気や給料など直接聞きにくい質問にお答えします。「どんな求人があるのか気になる」という方もお気軽にご利用ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧