看護助手は資格がいらない?業務に役立つ資格やスキルとは?

その他 2022年11月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性と話す女性医療スタッフの画像

「看護助手の仕事は資格がいらないって本当?」「資格なしでも採用してもらえる?」とお悩みの方もいるでしょう。看護助手の仕事は、医師や看護師、介護職などのサポートを行うこと」であるため、専門的な資格が必要とされません。
この記事では、資格なしで看護助手として働く際のポイントや注意点について詳しくまとめました。また、看護助手の仕事におすすめの資格や、取得することによって得られるメリットも解説します。

目次

看護助手は資格がいらないって本当?

看護助手の仕事には、資格が必要とされません。福祉の仕事に挑戦したいという人も、看護助手という働き方なら、資格なし・未経験で業務に携われます。ただし、看護助手としてスキルアップを図りたい方や、ある程度の知識を得たうえで働きたいと考えている場合は、関連する資格を取得するのがおすすめです。

看護助手が働ける場所

看護助手は、医療・福祉に関する現場で働くことが可能です。具体的には、病棟や外来、クリニック、介護施設などが挙げられます。看護助手は看護師の仕事をサポートするため、人材不足の医療・福祉現場における需要が高いといえるでしょう。

看護助手の仕事内容

看護助手の仕事内容は、職場によって異なります。病棟勤務の場合は患者さんの清拭やリネンの交換、カルテの運搬など、介護施設の場合は利用者さんの歩行介助やおむつの交換といった業務に対応。看護助手は医療現場で働く場合であっても、介護業務に近い仕事を行います。規模が小さめの職場では、事務や受付といった仕事を担当することもあるようです。

▼関連記事
看護助手に資格は必要?仕事に役立つ資格や取得するメリットを解説

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

看護助手が資格なしで働くときの注意点

看護助手が資格なしで働くときは、医療行為に携われないので注意が必要です。医療行為をメインにしたいと考えている人にとっては、想像よりも介護業務に近いと感じてしまいミスマッチにつながる恐れもあります。
また、無資格・未経験だと専門用語がわからず、実際に働き出してから「具体的に何をするのか分からない」という状態になりかねません。看護助手として働く場合は、求人情報や職場の詳細を確認し、自分らしく勤務できるかどうかをしっかりと判断しましょう。

▼関連記事
看護助手に必要な知識や資格は?求められること・してはいけないことを解説

看護助手の仕事におすすめの資格

看護助手は資格なしで働けますが、関連資格を取得しておくと、業務に対する理解を深められます。この項では、看護助手の仕事におすすめの資格についてまとめました。

メディカルケアワーカー

メディカルケアワーカーは、看護補助に必要な知識を総合的に身につけられる資格です。メディカルケアワーカーの資格があれば、医師や看護師のサポートにスムーズな対応ができます。ある程度の医療用語も理解できるようになるので、周囲からの信頼を得られるでしょう。メディカルケアワーカーには1級と2級があり、2級に合格すると1級へステップアップが可能です。

介護職員初任者研修

介護施設で看護助手として働く場合は、介護職員初任者研修の取得がおすすめです。介護職員初任者研修を取得すれば、利用者さんに必要な身体介護へ取り組めるようになります。対応可能な業務範囲が広がれば、勤務する場所の候補を増やせるでしょう。なお、介護職員初任者研修は、介護現場で看護助手として働きながら取得することも可能です。

看護助手認定実務者試験

看護助手認定実務者試験では、看護助手として必要な知識や能力を図ります。誰でも受験ができるので、医療・福祉に関する分野が初めての方も挑戦しやすいでしょう。看護助手に求められる役割や基本技術を理解できるため、医療現場で看護助手として活躍を続けたいと考える方におすすめの資格です。

看護助手が資格を取得するメリット

看護助手が資格を取得すれば、就職や転職で有利にはたらいたり、収入アップにつながったりします。看護助手が資格を取得するメリットは、以下のとおりです。

就職や転職で有利にはたらく

看護助手に関する資格を取得すると、仕事に対する意欲や知識を評価され、就職や転職で有利にはたらく可能性があります。実務経験がなくても、看護助手の資格があれば、仕事の基礎を理解していると判断されるでしょう。同じ未経験者が応募した場合、無資格者と有資格者では、後者の方が採用に近づきやすくなります。

担当できる業務範囲が広がる

看護助手の資格取得によって専門知識を身につければ、担当できる業務範囲が広がります。たとえば、介護職員初任者研修の資格があると、利用者さんの身体に直接触れる介助を行うことが可能です。資格の有無で携われる仕事内容は変化するため、より専門性を上げたいと考える方は、看護助手に関連する資格を有しておくのがおすすめといえます。

収入をアップできる

看護助手の資格を取得すれば、収入アップを期待できます。その理由は、前項のように携われる業務範囲が広がることや、資格手当を得られるからです。職場によっては、資格を有していることを昇給・昇格の条件に設定しているところもあります。

キャリアアップにつながる

看護助手の資格があると、キャリアアップにつながる可能性も見い出せます。資格を活かして看護助手として勤務すれば、医療現場で看護師のケアを間近で見られたり、介護現場で介護度の高いご高齢者をサポートしたりと、幅広い経験を得ることが可能です。働きながら自身の専門性を上げられれば、上位資格も取得しやすく、キャリアアップを通じてより良い待遇を受けられるでしょう。

▼関連記事
看護助手とは?仕事内容や介護士との違いをご紹介!

看護助手の資格がいらないことに関する質問

ここでは、看護助手の資格がいらないことに関する質問をQ&A形式で回答していきます。

看護助手の資格の難易度を知りたいです

看護助手の資格は、比較的難易度が低い傾向にあります。メディカルケアワーカー・介護職員初任者研修・看護助手認定実務者試験などは合格率も高く、学習内容をしっかりと理解していれば資格取得を目指せるでしょう。看護助手の資格についての詳細は、本記事の「看護助手の仕事におすすめの資格」を参考にしてください。

資格なしで応募できる看護助手の求人はある?

あります。看護助手の仕事は、医療や福祉に対する熱意があれば誰でも携わることが可能です。正社員だけでなく、パートやアルバイトといった非正規雇用の求人も展開されているため、自分に合った働き方を実現できます。看護助手の仕事を効率的に探すなら、医療や介護に特化したエージェントに相談するのも手です。

まとめ

看護助手の仕事は資格が必要とされないため、無資格・未経験者も福祉分野に挑戦することが可能です。ただし、看護助手が資格なしで働く場合は、医療行為に携われません。関連する知識がないと、どのような行動に移すべきなのか分からなくなる可能性もあります。仕事に対する理解を深めたり、福祉分野でキャリアアップを目指したかったりする場合は、看護助手に関する資格取得がおすすめです。

看護助手の資格を取得すれば、就職や転職で有利にはたらきます。医療・福祉業界は人手不足にあるため、看護師や介護職のサポートを行える看護助手は需要が高い職種といえるでしょう。看護助手として働ける環境を探すなら、就職・転職エージェントに相談する方法もあります。

介護施設で看護助手として活躍するなら、介護業界に特化したエージェントの「きらケア」をご利用ください。

きらケアでは、あなたの希望条件をヒアリングし、最適な求人を提案いたします。自分で仕事探しをする手間が省けるので、無理なく求職活動を進められますよ。介護業界に詳しいアドバイザーがあなたの適性と照らし合わせながら仕事をご紹介するため、ミスマッチを防ぐことも可能です。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧