認知症ケア専門士という資格の難易度は?取得するメリットも一緒にご紹介!

資格・試験 仕事 2020/09/14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パズルをする高齢者の画像

日本は高齢化が進み、比例するようにして認知症の方の数も増加しています。介護現場でも認知症ケアが大きな課題となています。そんな認知症に関わるうえで役立つ資格が、認知症ケア専門士です。どんな資格で、どういう役割を果たしているのか。ここで、認知症ケア専門士という資格について詳しく解説します。これから資格取得を目指す方は、参考にご覧ください。

【目次】


認知症ケア専門士とは
認知症ケア専門士の難易度は?
認知症ケア専門士を取得する方法
まとめ

認知症ケア専門士とは


認知症ケア専門士とは、どのような資格なのでしょうか。また、どのような職場で活躍しているのか、資格を持つことで得られるメリットと共に詳しく解説します。

認知症介護のプロ向けに設けられた資格


認知症ケア専門士は一般社団法人日本認知症ケア学会が主催している資格制度です。国家資格ではなく民間の資格ですが、認知症介護のプロを育成するために設けられた、認知症介護の分野ではもっともメジャーな資格と言えるでしょう。一般社団法人日本認知症ケア学会の公式サイトでは、資格の解説として以下のような記載があります。

「認知症介護に必要な深い知識と倫理観、高度な技術を持つ介護の専門家を養成し、わが国の認知症ケア技術の向上と、保健や福祉に貢献する目的で創設された資格である」

認知症ケア専門士資格を取得することは、認知症ケアについての深い理解と技術を有していることの証明になります。認知症ケア専門士資格を取得している職種には介護福祉士が多く、他には医師や看護師など医療分野の職種の方も取得して医療に役立てているようです。

認知症ケア専門士が社会で果たす役割は?


認知症ケア専門士は認知症介護の現場において、より専門的な認知症ケアを指導する立場にあります。認知症のケア方法についてはまだ介護現場でも理解が浅く、適切な介護ケアを行っているケースが少ない状況です。認知症ケア専門士がいると、認知症の介護に困ったとき適切な介護方法をアドバイスできます。そのため、認知症介護の現場で重要なポストを任されることもあるでしょう。

認知症ケア専門士はどのような職場で活躍している?


認知症ケア専門士は認知症介護の現場はもちろん、認知症の治療を行っている医療機関などでも活躍しています。特にニーズが高いのはグループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)で、認知症の方の介護をしながら、リハビリや進行を遅らせるレクリエーション活動などに取り組んでいます。その他に、地域包括支援センターなどの窓口では相談員として、認知症に関する知識や技術を伝える役割も担う存在です。

認知症ケア専門士の資格を取得するメリットは?


就職や転職に有利


介護現場では、認知症に関する知識や技術を持つ認知症ケア専門士の需要が高まっています。そのため、就職や転職に有利に働くでしょう。認知症ケア専門士の需要が高い要因の1つとして、介護保険制度上「認知症ケア加算」が認められることが挙げられます。
認知症ケア専門士は認知症ケア加算の算定要件を満たすため、介護施設や介護事業所側にとっても大きなメリットです。

給与のアップなど待遇面のメリットがある


職場によっては、認知症ケア専門士に資格手当を支給するケースがあります。
また、資格を持つことで指導者としての職種に就ける可能性があるので、幅広い手当が支給されるでしょう。

▼関連記事
【認知症介護の資格一覧】介護士さんにおすすめの理由や取得のメリット

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

認知症ケア専門士の難易度は?


認知症ケア専門士は、認知症介護の分野で活躍する方向けの資格です。
合格率は例年50%前後で推移しており、難易度としてはやや高いと言えるでしょう。
また、認知症ケア専門士の資格を取得したあとも5年ごとの更新を行うために、さまざまなセミナーや学会に参加して必要な単位を取得しなければなりません。
認知症の治療や介護方法は日進月歩で進化しているので、認知症ケア専門士は常に新しい情報を頭に入れておく必要があります。
その意味では、資格を維持することが多少大変ではありますが、介護現場で実践的に役立てることができる信頼性の高い資格と言えるでしょう。

なお、認知症ケア専門士の下には認知症ケア准専門士があり、上には認知症ケア上級専門士という資格があります。

出典:一般社団法人日本認知症ケア学会「認知症ケア専門士公式サイト 認定試験合格状況」(2020/09/14)

▲目次へ戻る

認知症ケア専門士を取得する方法


認知症ケア専門士の取得までの流れや、受験資格について解説します。

認知症ケア専門士の受験資格


認知症ケア専門士を受験するためには、認知症ケアの関連機関や団体で勤務して3年以上の実務経験が必要です。
また、受験する年の3月31日から逆算して10年以内に、3年以上の実務経験があることが条件となります。
つまり2025年に受験する場合は、2015年4月1日から2025年3月31日までの間に、認知症ケアの関連機関や団体で3年間の認知症ケア業務を行っていなければなりません。
認知症ケアに関わっているのであれば、職種や勤務形態に関係なく実務経験としてカウントされます。

認知症ケア専門士の資格取得までの流れ


・受験資格を満たす
過去10年間に3年間の認知症ケア実務経験が必要です。

・実務経験証明書と願書を提出
実務経験証明書は認知症ケア専門士公式HPでダウンロードできます。願書(受験の手引き)は電話、FAX、インターネット注文にて1,000円で購入可能、1人1部必要です。

・1次試験(7月頃)
札幌、仙台、東京、名古屋、京都、福岡のうち、希望の場所を選択して受験します。

・1次試験合格発表(8月中旬頃)
試験結果は郵送にて送付されます。

・2次試験受験申請(8月中旬~9月頃)
1次試験合格者は、2次試験論述問題の論述と第2次試験受験申請書類を合わせて提出してください。

・2次試験面接(11月~12月頃)
受験票が10月上旬に届くので、受験票に記載の会場でグループ面接を受けます。

・合格発表(1月下旬頃)
試験の結果が郵送にて送付。インターネット上でも合否の確認ができます。

・登録申請
所定の書類を作成し提出

・資格取得
専門士カードが交付されます。

認知症ケア専門士の試験概要


第1次試験



・試験日時
7月中旬

・試験分野
認知症ケアの基礎、認知症ケアの実際I:総論、認知症ケアの実際II:各論、認知症ケアにおける社会資源

・試験形式
マークシート式・五者択一

・受験料
受験の手引き(願書)1,000円
1次試験:12,000円(1分野3,000円×4分野)

・出題範囲
認知症ケア標準テキストの内容

・出題数
各分野50問/4分野合計200問

・合格要件
4分野、それぞれ70%以上の正答率

第2次試験


・試験日時
論述(提出期間):8月下旬~9月下旬
面接:12月上旬

・試験内容
論述:認定委員会より出題される事例問題の論述
面接:当日発表されるテーマについて、スピーチとディスカッション

・試験形式
論述:指定された期間内に提出
面接:1分間スピーチと20分程度のディスカッション

・受験料
8,000円

・出題範囲
認知症ケア標準テキストに沿った内容

・合格要件
論述と面接の総合評価により以下5つの要件を満たすこと
1.適切なアセスメントの視点を有している者
2.認知症を理解している者
3.適切な介護計画を立てられる者
4.制度および社会資源を理解している者
5.認知症の人の倫理的課題を理解している者

出典:一般社団法人日本認知症ケア学会「認知症ケア専門士公式サイト」(2020/09/14)

▼関連記事
認知症への理解を深め、明日への介護につなげたい方にオススメの記事特集☆

▲目次へ戻る

まとめ


認知症ケア専門士は認知症介護のプロを育成するために設けられた資格で、一般社団法人日本認知症ケア学会が主催しています。国家資格ではありませんが、介護分野においてはメジャーな資格です。認知症ケア専門士は介護の現場で、より専門的な認知症ケアや認知症の方の介護方法を指導することができます。合格率は例年50%前後で推移しており、難易度としてはやや高めでしょう。しかし、取得することができればより専門的なケアができる人材として、介護現場で歓迎されるようになります。

▲目次へ戻る

きらケアのご紹介


介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声


私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧