介護施設でのお局さんとのつきあい方

エンタメ 2016/06/21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
37_TOP_上司

お局さん。それは避けては通れない存在





介護現場で働いていると、「なんでこの人こんなに偉そうなんだろう?」「文句ばっかり言って自分では働かないんだな」と思う人を誰しも一人は思い浮かべるのではないでしょうか?そしてそんな人に限って、ベテランの職員だったりするものですよね。

今回はそんな職場の困ったベテラン職員さんと、どのように付き合えば良いかを紹介します。お局さんと書きましたが、女性に限らず男性にも当てはまりますよ。

まず、こうした働かない口だけのベテラン職員はどの施設や事業所にも存在する、と割り切っておくことが必要です。よくこのタイプが嫌で仕事を辞めた、なんて人がいますが、一つのところを辞めても、また別のところで同じタイプのベテラン職員に悩まされるだけです。ここは腹をくくってしまって、そうしたベテラン職員の対処法を身につけることが、自分にとって最善の解決策であることを理解しておきましょう。



相手を立てても誰も嫌な思いはしない(はず)





このようなベテラン職員の共通点として、「プライドが高いこと」と「そのプライドが満たされていないこと」が挙げられます。はっきり言ってしまうと、そうしたベテラン職員は誰も相手にしてくれなくて寂しいのです。自分がこれまで培ってきた経験や知識が、古くなって現在では通用しないと、認めたくないのです。

そうとわかってしまえば、対処するのは案外簡単なもの。このタイプは、口が非常に達者なことが多いですから、さまざまな提案をしてくれることでしょう。実現不可能なものも多々あるでしょうが、中にはキラリと光るものもあるはず。そうした提案を取り上げて、実現にまで移してしまいましょう。

大事なのは実現までの過程に、そのベテラン職員を巻き込み、責任の一端を担ってもらうこと。言葉と行動を一致させることで、今後の言動も変わってくるかもしれませんよ。

提案がすべて現実的でなかったら?その場合は、提案してくれたことを感謝したり、同意する気持ちを表すだけでもよいでしょう。相手の存在を認めることが大切なのであって、方法は問題ではないのです。これは入居者さんへの対応と似たところがありますね。



ぶれない軸を持つ




ベテラン職員の多くは、声を大にして発言するため、その人の言い分が正しいように聞こえることもしばしば。その意見が通ることも多いでしょうし、相手の意見に同調する人も多いかもしれません。

ですが、その意見は本当に正しいものでしょうか。違うと思ったら、相手に合わせるだけでなく、自分の意見を主張することもときに必要となるでしょう。自分の意見を言えずに我慢していると、どんどんストレスも溜まってしまいます。


自分自身の中にしっかりとしたぶれない軸を持っていれば、相手に合わせて自分を変える必要がなくなります。自分が変わるのではなく、相手に変わってもらうこと。思い切って自分の意見を伝えてみることで、相手の心が動くこともあるのです。



介護をするためには強い意志と、自分自身の軸が大切。それを踏まえた上で、より働きやすい職場を求めるのが成功の秘訣ではないでしょうか。きらケアでは多数の求人情報を用意しています。あなたにあった職場がきっと見つかりますよ。

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧