看護助手の面接で聞かれることとは?質問に対する的確な回答方法

転職ノウハウ 2021年11月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性介護士が車いすの老人に手を添えている画像

看護助手を目指して求職活動を行っている人のなかには、自身の面接対策に不安を感じている方もいることでしょう。この記事では、看護助手の面接を受けるときのポイントやよく聞かれること、服装の注意点などをまとめました。また、面接に落ちた場合の対処法も解説しているので、看護助手としての就職を実現したい方はぜひ参考にしてください。

目次

看護助手の面接を受けるポイント

看護助手の面接を受けるときは、介護業務に関する熱意や自身の持つ強みを伝えるのがポイントです。看護助手として採用されるためにも、下記のポイントをチェックしておきましょう。

介護の仕事に対する熱意を伝える

面接を受ける際は、看護助手に求められる仕事内容や役割をしっかりと理解していることが大切です。仕事についての理解が見られなかったり、熱意を感じられなかったりすると、イメージギャップによる早期離職を懸念される場合があります。経験者・未経験者問わず、面接では看護助手として働きたいという意欲的な姿勢を伝えましょう。

経験やスキルを活かせることをアピールする

介護現場で働いていた経験や、接客業で培ってきたスキルがあれば、看護助手としての適性をアピールできます。これまでの経歴や成功体験から、医療現場で活躍できる具体的なエピソードを伝えると効果的です。自身の強みを志望動機に盛り込めば、応募先の事業に貢献できる姿勢を示せます。

質問には明るくハキハキとした声で回答する

看護助手の面接では、質問に対して明るくハキハキとした声で回答することが重要です。看護助手は看護師の指示に基づいて業務に携わるため、受け答えがしっかりしていると好印象を与えられます。看護師が面接官を担当している場合もあるので、面接で聞かれたことには的確に答えるようにしましょう。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

看護助手の面接で聞かれること

看護助手の面接では、志望動機や体力、耐性に関する質問が聞かれます。ここでは、面接で聞かれることと回答のポイントをご紹介するので、ぜひご一読ください。

なぜこの病院を選んだのかという志望動機

看護助手の面接では、数ある求人のなかから「なぜこの病院を選んだのか」という志望動機について質問されます。面接官に「この人と一緒に働きたい」と感じてもらえるよう、具体的な回答を用意することが大切です。志望先病院のWebサイトや求人情報を通じて情報収集を行い、特徴・理念といった要素から惹かれる部分を探しましょう。

看護助手として働きたい理由

看護助手として働きたい理由を問われる場合もあります。「人や社会の役に立ちたい」「医療現場で長期活躍したい」というように、看護助手になりたい理由は人それぞれです。看護助手は無資格・未経験でも応募できる求人が多いため、なぜ看護助手になりたいのかを明確に回答できるようにしましょう。

土日祝でも働けるか

病院は24時間365日稼働しているため、面接では土日祝でも問題なく働けるかどうかを聞かれます。職場によっては、シフトの柔軟性のある人が採用されやすいことも。お盆や年末年始といったシーズンも多忙が予想されるため、ある程度のシフト対応が求められます。

夜勤に携わる体力はあるか

看護助手は院内で動き回ることが多いため、面接では体力面に関する質問がされます。夜勤に携われるほどの体力があるかどうかは、病院側にとって重要なポイントです。体力に自信のある人は、積極的にアピールすると効果的といえます。

血液や排泄物への耐性はあるか

看護助手の面接では、血液や排泄物に対する耐性の有無を問われます。血液が付着した医療器具を洗浄したり、排泄介助やおむつ交換を行ったりするのも、看護助手の業務です。血液や排泄物の処理があることも踏まえ、看護助手として働く覚悟があるかをチェックしています。

将来どのような仕事に取り組みたいか

看護助手の面接では、将来の展望について聞かれます。「将来的には看護師になりたいと考えている」「介護のプロフェッショナルを目指したい」というように、携わる業務と将来のビジョンがつながっていると前向きな姿勢を伝えられるでしょう。将来取り組みたいことは具体的に示せると、採用担当者からの評価が高くなる傾向にあります。

看護助手に求められるもの

看護助手には、コミュニケーション能力のある人やチームワークを得意とする人が求められる傾向にあります。看護助手に必要な資質を知り、面接のアピールにつなげましょう。

コミュニケーション能力

患者さんと接したり看護師のサポートをしたりと、看護助手は人と関わる機会が多いため、コミュニケーション能力が必要です。患者さんは病院という環境や健康面に対し、不安を感じている場合もあります。初対面の人を相手にしても緊張せず、相手の気持ちに沿った対応できる方は、看護助手の仕事に向いているでしょう。

チームワークに取り組める姿勢

看護助手の仕事は、看護師の指示へ的確に従い、ほかの職員との連携が取れるかどうかが求められます。患者さんへより良い医療・介護サービスを提供するためにも、病院ではチームワークが欠かせません。自身の経歴でチームワークを活かして成果を出したものがあれば、面接で積極的にアピールしましょう。

医療現場での機転

医療現場では、瞬発力や判断力が必要です。指示された内容だけをこなすのではなく、患者さんの状態に合わせて迅速な対応を行える人は、看護助手に向いています。多忙な医療現場でも、患者さんの異変や体調不良を見逃さず、てきぱきと行動することが大切です。

看護助手の面接にふさわしい服装

看護助手の面接では、基本的にスーツで臨むのが理想です。医療現場では、「院内のルールに従えるか」や「TPOを考えられるか」を重視されます。スーツ以外に、志望先の病院側から服装を指定されている場合は、その内容に従いましょう。

面接は第一印象が採用を左右するため、清潔感のある身だしなみが求められます。面接対策や服装の不安がある人は、きらケアへご相談ください。

きらケアでは、キャリアアドバイザーが事前に質問への回答や服装に関するアドバイスをしています。面接対策はもちろん、応募書類の添削や企業とのやり取りの代行も実施。すべてのサービスは無料なので、就職や転職が初めての人も安心です。

きらケアのサービスを最大限に活用し、看護助手への就職を実現しましょう。

看護助手の面接に落ちたときの対処法

看護助手の面接に落ちた場合は、その理由を考えたり、反省を踏まえたうえで行動したりすることが大切です。ここでは、面接に落ちたときの対処法をご紹介します。

面接に落ちた理由を考える

面接に落ちてしまったら、その理由は何かを振り返ることが重要です。看護助手の面接を通過できない場合は、下記のような理由が考えられます。

  • 応募者の人柄と志望先の病院の相性が合わない
  • 質問への回答にズレが生じている
  • 経験や能力が足りていない

面接に落ちた理由を掴めないと、求職活動をしても同じ結果が続くかもしれません。質問への回答が十分ではないと判断したら対策をしたり、スキルが足りていないと思ったら求人の条件を変えたりしましょう。

反省を踏まえて次の行動に移す

どれだけ対策をしても面接に落ちることはあります。看護助手の面接に落ちたからといって、あなたの考え方が否定された訳ではありません。面接の反省を踏まえ、自分が活躍できる求人を前向きに探しましょう。

まとめ

看護助手の面接を受けるときは、医療現場における介護業務への理解を示しましょう。これまでに介護現場で働いた経験や接客業で培ってきたコミュニケーション能力があれば、患者さんに適切な対応ができることをアピール可能です。

看護助手の面接では、志望動機や体力の有無、仕事への耐性などを質問されます。面接官に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるよう、回答は仕事に対する熱意を盛り込むことが重要です。きらケアでは質問への回答方法や服装のアドバイスを行っているため、面接対策が不安な方はお気軽にご相談ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 転職ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職ノウハウ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧